ニチアスカグスベールとPICUS らくらくヘルパー スマートリフターを使えば、家具も移動も楽ちんです

ニチアスカグスベールとPICUS らくらくヘルパー スマートリフターを使えば、家具も移動も楽ちんです

引越しや模様替えの際に、家具の下にたまったホコリにギョッとした……そんな経験はありませんか? 見えないところなので放っておいてもよいのかもしれませんが、放置するとホコリが床にこびりついたりするので、そうなる前にお掃除したいものですね。

そこで、家具の移動をサポートする便利グッズを使えば、家具の下も気軽にお掃除できます。私が愛用しているのは、ニチアス「カグスベール」と大洋精工「PICUS らくらくヘルパー」。この2つを使って、年に何度か家具の下も掃除しています。

 

大掃除をラクにするために

年末の大掃除は、歳神様をお迎えするための神事が起源なのだそう。とはいえ、年末ギリギリにお掃除をするのはNG。縁起を担ぐのなら、遅くとも12月28日までに終わらせるのがいいそうです。

私は、以前は12月に入ってから大掃除をしていましたが、寒い時期に大掃除をするのはナンセンスなのでは? と思い、台風シーズンが終わってから、10月中旬頃をめどに大掃除に着手するようにしています。

優先順位が高いのは、外回りと水回り。気温が下がる前に水を使う掃除を終わらせたら、カーテンをクリーニングに出し、天井や壁のほこりを払い、床掃除に着手しています。
 

家具の下はホコリだらけ

カグスベールの重量用、直径70mm、厚みは7mm

カグスベールの重量用、直径70mm、厚みは7mm

現在の住まいはフローリングなので、普段の床掃除はルンバとクイックルワイパーを使っています。見えるところはきれいになりますが、家具の下にはホコリが……。

そこで、家具を動かすツールとして定評のあるニチアスの「カグスベール」を購入しました。カグスベールは、貼るタイプ、セットするタイプ、切って貼るタイプ、敷くタイプというように種類豊富に揃う中、わたしは敷くタイプの重量用をチョイス。

「家具が楽に移動できる」というキャッチコピー通り、床と家具の間にカグスベールを挟むと、滑らかに家具を移動させることができるのが便利! ……なのですが、家具を持ち上げて、カグスベールをすべり込ませるのが意外と難しくて、宝の持ち腐れになっていました。

 

カグスベールを活用するために

PICUS らくらくヘルパー スマートリフター

PICUS らくらくヘルパー スマートリフター

他にいいツールはないものかとネットを検索したところ、「カグスベール」の愛用者の多くが、テコの原理で家具を持ち上げるリフターを併用していることがわかりました。

家庭用のリフターにもさまざまな種類がありますが、リフター単品で購入できる「PICUS らくらくヘルパー スマートリフター」を使ってみることに。
 
リフターを併用すると、家具と床の間にカグスベールを簡単に滑り込ませることができる

リフターを併用すると、家具と床の間にカグスベールを簡単に滑り込ませることができる

しっかりとした作りながら、女性の手にもなじむ手頃なサイズ感で、使い勝手も◎。ベッド、ドレッサー、小型の書棚などは、リフターを使って簡単に持ち上げることができます。

カグスベールとリフターを併用するようになって、気軽に家具を移動できるようになりました。気が向いたときにも簡単に家具の下の掃除ができる便利グッズ。大掃除の前にはぜひ揃えておきたいイチオシアイテムです。
 
DATA
ニチアス┃カグスベール

種類:貼るタイプ(丸型・角型・長方形・トスベール)、セットするタイプ(丸キャップ・角キャップ・長方キャップ)、切って貼るタイプ(フリーサイズ・ビッグフリーサイズ)、敷くタイプ(コーナー用・重量用・プロ用)
 
DATA
大洋精工株式会社┃PICUS らくらくヘルパー スマートリフター

種類:ZP-360、HP-500、LP-400、LP-200
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。