毎月9万円の返済で貯蓄がまったくできません

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回のご相談者は、老後資金に悩む48歳の女性会社員の方。離婚後、2人の子どもの教育資金や生活費で借り入れが500万円に膨らみ、現在もその返済でまったく貯蓄ができない状況に。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★

 
教育ローンの返済が多く貯金ができない

教育ローンの返済が多く貯金ができない


■相談者
poohさん(仮名)
女性/会社員/48歳
九州/賃貸住宅
 
■家族構成
子ども2人(会社員)※ともに独立
 
■相談内容
いつも相談をしてみたいと思いながらできずにいましたが、年齢が年齢なので先のことを考え、どうしても今改めなければ老後の生活は無理だと思い、お叱りを受けるのを覚悟で思い切ってご相談させていただきます。
 
子どもが2人います。下の子が20歳になったのと同時に離婚しました。その時私は派遣社員で月に10万円程の手取りでした。離婚と同時に下の子が就職で独立、上の子は私と同居。しばらくして、上の子は大学を中退し、現在は独立、正社員として働いています。
 
相談したいと思ったのは、借り入れが現在約500万円あるためです。内訳として大学の入学金他費用約120万円、車約100万円、カード借り入れ250万円、離婚の際の引越し費用他新しく借りる部屋にかかる費用や家電等。
 
元々結婚していた時から、元夫からもらっていたのは生活費と高校までの学費だけでした。それ以外の費用に関しては全て私が負担していたこともあり、貯金が全くできず離婚時に借金を負うことになりました。元夫にも貯金がなかったため、離婚に伴う財産分与も一切ありませんでした。
 
家を出てからは支払いだけで生活ができないと思い、派遣会社に相談したところ、派遣先に社員で就職できましたが、予想していた金額より給与が少なく毎月赤字になり、クレジットカードで借りるなど、いわゆる自転車操業となってしまい、現在に至ります。
 
車は通勤に必要です。離婚前に自分で新車を購入していて、14年乗ったのですが、2年ほど前、エンジンが駄目になり廃車となってしまったので買い替えました。中古で探しましたが長く乗ることを考えあまり変わらない金額ならと新車で購入しました。
 
実家の近くで仕事を探すのは困難です。収入がどうしても支出を下回るのでバイトも始めましたが月に2~3万円しか収入もなく、コロナのせいでバイト先もお休みになり、その収入もなくなりました。
 
今の会社では正社員ですが、残業もなく昇給もありません。また55歳で給与が2割下がるということです。退職金もほぼなく、60歳定年でその後は嘱託で65歳まで働けますがもっと給与は下がります。転職も考えましたが、50歳目前の無資格で今より条件の良い仕事は望めない。結婚時代に元夫が債務整理をしたことで、自己破産をしないといけなくなった経緯があります。そのため、自分の都合とはいえ負債をここまで膨らませてしまいましたが、債務整理は行わず自力で返済し老後のために少しでも貯金をしたいと思っています。かなり、厳しい状況なのは十分承知しておりますがどうかよろしくお願いいたします。
 
■家計収支データ
相談者「pooh」さんの家計収支データ

相談者「pooh」さんの家計収支データ


 
■家計収支データ補足
(1)収入とボーナスの使い途
収入のバイト代はコロナの影響で止まっている。ボーナスの使い途は、自動車ローンのボーナス払い分が20万円(年間)で残りは、税金、被服費、生活費の補填分、交際費、実家への帰省(法事)。
 
(2)食費が低い理由
実家に田んぼがあり農家に稲作してもらいお米を分けてもらっている。基本的にその他の食材はまとめ買い。電卓持参でオーバーしないように買物している。週3000円×4=1カ月と決めている。残り3000円でお酒とお菓子を買う。
 
(3)家賃が低い理由
知人夫婦の家を借りているため。ただし、知人が転勤している間だけ。数年後には戻ってくる予定。それに合わせて、500万円程度の中古マンションを購入できれば、と考えている。
 
(4)第1子の奨学金について
借入額は130万円。返済額は月8000円。
 
(5)借入金のうち「入学金等費用120万円」について
当時、相談者は所得が低かったため、相談者の弟名義で借りた。現在、月2万円を弟に返済している。返済期間5年弱。
 
(6)借入金のうち「自動車ローン100万円」について
返済額は毎月9000円。ボーナス月10万円加算。2025年完済。
 
(7)借入金のうち「カードからの借り入れ250万円」について
カードローン 金利はいずれも15%ほど
・A社 毎月1万円返済 残高40万円
・B社   毎月2万円返済 残高50万円
・C社(クレジット会社)毎月3万円返済 残高90万円
・D社 毎月1万円返済 残高70万円
 
(8)加入保険について
・本人/米ドル建て終身保険(65歳払い込み終了、死亡保障300万米ドル)=毎月の保険料8000円
・本人/医療保険(終身保障、65歳払い込み終了、入院5000円、他に手術、がん通院、先進医療、女性疾病の特約付き)=毎月の保険料8000円
(※)相談者は数年前手術を受けたことがある
 
(9)公的年金について
現在、厚生年金に加入。年金ネットで調べたところ月8万円だったとのこと。
 
(10)ご実家について
父親は数年前に他界。母親は現在、弟が面倒を見ている。ただし、介護が必要になった場合、身の回りのことは相談者が行う予定。
 
(11)生活の楽しみについて
アイドルグルーブのライブ(実際に行くのは年1回)、お酒。
 
(12)お子さんたちへの支援について
相談者コメント「もう子どもたちも自立しているので現在は経済的支援はしていません。離婚したことで、これまで経済的に苦労をかけた状態になったので、そのことで親として不甲斐なくて申し訳ないといったことがあります。これ以上は迷惑をかけないように自分の老後をきちんと考えたいと思っています」
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 もっとも避けるべきは「新たな借り入れ」
アドバイス2 ローンを一本化し、毎月の負担を軽減
アドバイス3 任意整理を選択肢に含む覚悟は必要
 

アドバイス1 もっとも避けるべきは「新たな借り入れ」

ご相談、拝見しました。離婚され、もっとも教育費がかかる大学費用を借り入れたため、自転車操業になってしまったとのこと。いろいろ大変な思いをされたことは想像できます。それでも、お子さんたちは独立し、無事社会人として働かれているわけですから、その苦労も無駄ではなかったですし、親としての役目は果たされたと思います。
 
しかし、その結果、ご相談者のpoohさんには借金が残りました。今後を考える上で、これをどう完済するかが大きなカギとなりますが、4社のカード会社からの借り入り残高は計250万円。早いものはあと2年程度で完済となりますが、長いものでは6年以上かかります。
 
あと弟さん名義で金融機関から借り入れをされて、それを弟さんに返済されている。これも完済まであと5年とのこと。
 
したがって、少なくとも今の状況が2年間は継続され、返済の負担が軽くなるまでは5年程度は必要ということになります。しかし、すでに現在、貯蓄が底をついている今、それまで順調に返済ができる保証はないと言わざるを得ません。
 
さらに言えば、現在お住まいの賃貸住宅は、持ち主のご夫婦が転勤先から数年後に戻って来られるとのこと。新たに部屋を借りれば、駐車場も借りなくてはなりませんので、頑張って抑えても、2万~3万円は現在より生活コストがアップするでしょう。今、もっとも避けるべきは新たな借り入れです。少なくとも、そういう事態になる前に、できることはすべてしていく必要があります。
 

アドバイス2 ローンを一本化し、毎月の負担を軽減

一般に貯蓄ができない場合、対処法は2つ。収入を増やすか、支出を減らすこと。まず収入アップですが、現在の勤務先では望めませんし、転職もすべきではないでしょう。そうなると副業しかありません。現在コロナウイルスの影響でそれもできない状況とのことですが、それまで月2万~3万円だった副収入を月4万円に。できれば5万円を目標としたいところですが、年齢的に無理はできません。それがもとで健康を害しては元も子もないからです。無理は禁物。できる範囲でどれだけ上積みできるか、だと思います。
 
次に支出の削減ですが、保険以外は削る余地がほぼありません。その保険ですが、医療保険は過去の手術歴等を考えると、加入し直すことは難しいかもしれません。現状のままでも仕方がないと考えます。
 
対して、米ドル建ての終身保険はそもそもが不要。おそらく貯蓄性を考え、老後資金として加入されたのだと思います。しかし、老後も決して遠い先ではないですが、現時点で貯蓄がゼロなのですから、優先すべきはいつでも使える手持ち資金、貯蓄となります。そもそも、まとまった死亡保障も必要ありません。

したがって、払済保険にして、月8000円の保険料を浮かします。払済保険は解約ではないので、これまで支払った保険料は無駄にはなりません。おそらく加入期間は3年ほどだと思われますので、今は解約返戻金がないに等しいでしょうが、5年後、10年後にはある程度の額にはなっているはずです。
 
もうひとつ、持株会も積立は停止すべき。理由は、終身保険と同じです。さらに、持株会と言えども、運用ですから元本割れのリスクは当然あります。貯蓄できている家計であればいいですが、そうでなければまずは元本保証で貯めるべきです。
 
次に考えるべきは、借り入れ返済の軽減。月9万円の返済は収入から考えて、あまりに負担が大きい。解決策として、ひとつは、いわゆる「おまとめローン」の利用です。現在、金利15%とのことですが、それより低く(高くては意味がありません)、さらに返済をひとつの金融機関にまとめることで、毎月の返済額を下げます。結果、返済期間が多少長くなることもありますが、月1万~2万円、返済額が下がるのであれば、今の家計には有効です。もちろん審査はありますが、トライする価値は十分あるでしょう。
 
それと、弟さん名義で借りられた教育費用ですが、これ以上甘えられないという思いもあるでしょうが、返済を待ってもらうよう頼むのも、ひとつの方法です。できれば5年後に再開という形が望ましいでしょう。現状をしっかりと説明し、誠意を持って頼んでみてください。
 

アドバイス3 任意整理を選択肢に含む覚悟は必要

仮に、収入アップが月1万5000円程度になり、保険の見直しや持株会の積立の停止、ローンの一本化、弟さんへの返済の延期等、いずれも達成できれば、計算上は月4万~5万円を貯蓄に回すことも可能となります。計算上、5年後には250万円貯まります。ただし、その頃には弟さんへの返済が再開となり、現在借りている住宅も引っ越しとなっているかもしれません。それでも、今度は自動車ローンが終わりますから、月2万~3万円の貯蓄は可能でしょう。

今後は、ある程度貯まってきたら、少なくとも100万円は手元に残し、あとはローンの繰上返済に充ててもいいでしょう。
 
一本化したカードローンが完済となれば、副業をする体力は今より落ちたとしても、月4万~5万円、ボーナスからも10万~20万円の貯蓄は十分できそうです。しかし、55歳から給与が2割カットとのことですから、貯蓄は月1万~2万円に落ちそうです。
 
したがって、現在のお住まいを出るタイミングで「可能なら500万円程度の中古マンションを購入したい」と言われていますが、現時点では、購入はまだ見通せません。新たにローンを組むのはきびしいと思われますし、仮に組めたとしても、持ち家のマンションであれば、ローンの支払いの他、固定資産税と管理費・修繕積立金がコストとして発生します。駐車場も借りなくてはいけません。そこは、慎重に検討すべきです。もし購入するなら現金を基本に考え、ともあれ今後は貯蓄を増やすことを第一に考えてください。定年時の貯蓄額と物件価格によっては、購入できる可能性も出てくるかもしれません。
 
しかし、ここまでの試算は、すべてが順調に行った場合です。あくまで仮定に過ぎません。もちろん、それに向けて頑張ってほしいですし、借り入れをすべて完済し、なおかつまとまった貯蓄が作れる可能性も十分にあります。同時に、想定どおりには行かず、資金的にきびしい状況に陥ることも考えられるのです。その場合、先にも述べましたが、新たに借り入れをして「その場をしのぐ」ことは相当なリスクです。悪循環から抜け出せなくなる可能性があるからです。
 
そうなると、poohさんご自身は「任意整理はしたくない」と言われていますが、それも選択肢に入ります。こういうアドバイスをすることは心苦しいですが、その覚悟は持つべきでしょう。ともあれ、リスクは極力避け、一歩一歩着実に貯蓄体質に向かうことです。今後何かありましたら、またご相談してください。
 

相談者「pooh」さんから寄せられた感想

率直にかなり厳しい状況だと自分でも分かっていましたが、立て直しが難しいのだと改めて感じました。アドバイスいただいたおまとめローンも相談前に既に行いましたが駄目でした。弟への返済も母に相談してしばらく待ってもらうことにしました。あと終身保険が不要とのことでしたが、貯蓄目的ではなく、家系的な病歴のこともあり、私が突然死亡した際に負債を残したままだと子どもたちに迷惑がかかるのを防ぐために加入しています。現在、バイトも再開されて入れてはいます。シフト制でなかなか思うように入れないときもありますが、月の収入を増やすために月5万円に近づくように希望は出しています。先生のアドバイスをもとに体調を考えながら収入を増やし、少しでも早く負債を減らしながら貯蓄をしていこうと思いました。何かありましたらご連絡くださいというコメントもありましたので、2~3年後に現状が少しでも良くなっていることをご報告できればと思います。貴重なご意見・アドバイスを有難うございました。

●マネープランクリニックのラジオ番組を始めました!
『2020年の家計防衛』せひご視聴ください。毎週火曜に更新!


●All AboutマネーがYou Tubeで『2分でお金が貯まる人になる動画』を公開開始しました。
チャンネル登録をお願いします!



教えてくれたのは……
深野 康彦さん
   
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/清水京武


【関連記事をチェック】
48歳シングルマザー、貯金160万円。就職する息子に、生活費などの援助をしてもらいたい
47歳子どもは中学生2人、貯金140万円。将来生活が破綻するように思っています
48歳、ローン5本を抱えて貯金もないのが恥ずかしくて相談できませんでした
52歳会社員、離婚して貯金ゼロに。3人の子どもの大学費用と、老後をどう乗り切ればいい?
40歳子ども3人、3年で貯金100万円を貯めましたが、保険は何に入ればいいでしょうか?
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。