knot1

日本の風呂敷からインスピレーションを受けて企画、開発されたハンドメイドコスメブランド・LUSH(ラッシュ)が企画、開発した「Knot Wrap(ノットラップ)」

英国に本社を置く、ハンドメイドコスメブランド・LUSH(ラッシュ)が企画、開発した「Knot Wrap(ノットラップ)」は、日本の風呂敷からヒントを得て作られた布です。風呂敷との違いは、あっと驚くような色使いと個性的なデザイン。

また、地球・人へのやさしさにこだわっているブランドで、オーガニックコットンなど環境への負荷が低い素材が使われているところも、エコの観点で注目したいポイントです。エコバッグや旅行、ピクニックのお供に! ぜひ活用してみてください。
 
 

環境にも社会にもやさしい

knot2

広げると、こんな柄。明るい色合いに一目ぼれし、購入を決めました

ノットラップの素材は、オーガニックコットン100%。エコバッグとして使えばレジ袋のプラスチックを使わないだけでなく、エコバッグ自体もプラスチックフリーと究極の「脱プラ」になります。

また、今回ご紹介しているデザイン「エナジー」は、ダウン症の人たちが集うプライベートアトリエ「アトリエ・エレマン・プレザン」の方たちのデザインによるもの。

買うことで彼らの活動のサポートにもなります。環境・社会への貢献度が高い製品と言えますね。
 
 

おしゃれなエコバッグとして大活躍

ecobag-furoshiki

スーパーのレジ袋程度の大きさのエコバッグになります。

ノットラップは正方形の布。90cm×90cmは大きめの風呂敷サイズなので、いろんな使い方ができます。
 
musubi1

隣り合う角を固結びで2回、結ぶだけなのであっという間にできます。

いちばんのおすすめは、さっと端を結んでエコバッグにする方法。隣り合う角同士を固結びで2回結び、結び目2つを持てば完成です。
 
ecobag

中に荷物を入れ、2つの結び目を持つだけで、袋状になり、エコバッグとして使えます

他にもいろんな包み方があり、ラッシュの公式サイトでも「Knot Wrap(風呂敷) の使い方」が紹介されていますし、私はAll About「暮らしの歳時記」の記事も参考にしています。

関連記事:風呂敷エコバッグ!マイバッグ・スイカ包みの結び方・作り方

 

旅行やピクニックにも便利!

travel

服をまとめて包んでおくのも便利です。

旅行やお出かけでも1枚あると便利なノットラップ。写真のように、旅行のときは服をまとめて包んでおけますし、旅先についたら、温泉などに行くときのバッグがわりやお土産を入れるエコバッグとしても活用できます。
umi

海に行く際に、敷物に活用するのもおすすめ

また、布を広げてピクニックや海に行ったときに敷物代わりにする使い方もおすすめです。布なので汚れても気軽に洗濯できますし、乾きも良し。特に、ビーチでは砂を落としやすくて重宝しました。

 

買うことで企業活動をサポート

kanshozai

ラッシュの宅配ボックス。植物由来の緩衝材の中に、石けんがそのまま入れられていました

最後に、このノットラップを企画しているラッシュについてお伝えします。ラッシュは、自然、人へのやさしさに徹底的にこだわっている企業。自然派の化粧品をいろいろ作っているのですが、どれも環境・人にやさしいものばかり。こういった姿勢の企業のものを買うことで、企業・生産者のサポートはもちろん、エコな製品がより世の中に増えていくことにつながります。
 
three

70cm×70cmの「ワールドツリー」と「スクールフィッシュ」も持っています。どちらも元気が湧いてくる柄

ノットラップはバンダナくらいの大きさから大判の風呂敷サイズまでサイズ展開が豊富で、色柄も多彩に用意されています。

私が今のところ持っているのは3枚ですが、これらを活用しつつ、気に入った柄を少しずつ増やしていくのも楽しそうだなと思っています。
 
DATA
LUSH(ラッシュ)┃Knot Wrap/風呂敷

サイズ:各種(45・47・50・70・90・100cm)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。