不倫・浮気の慰謝料を請求するなら「相場」や「条件」をまずチェック

不倫・浮気の慰謝料を請求するなら「相場」や「条件」をまずチェック

不倫・浮気の慰謝料を請求するなら「相場」や「条件」をまずチェック

慰謝料とは、不倫(不貞)や暴力など、精神的な苦痛を与えた者に対する損害賠償として支払うお金のこと。では、不倫・浮気の慰謝料の相場はいくらくらいなのでしょうか。

慰謝料の金額の決め方や相場、請求できるケースとできないケース、なるべく高額をもらうためのヒントなどをまとめてご紹介します。

※以下、オールアバウト内の記事を一部抜粋・編集してご紹介します。記事の詳細は「詳しくはこちらの記事をチェック!」をクリックしてご覧ください。
 

不倫・浮気の慰謝料の相場はいくら?

不倫・浮気の慰謝料の相場はいくら?

不倫・浮気の慰謝料の相場はいくら?

慰謝料を決める際、相手の収入や子供の有無といった目安はあるものの、法で決められた算定方法や算定基準など具体的な金額のマニュアルはありません。ですから、慰謝料の金額には人によって数十万~数千万円とかなり幅があります。

原因が「不貞」の場合、一般的な慰謝料の相場は100~500万円。不貞の回数や期間、いたった経緯などを考慮のうえ決定されます。

詳しくはこちらの記事をチェック!:慰謝料の相場はいくら?
 

どこからが不倫(不貞)と認められる?

どこからが不倫(不貞)と認められる?

どこからが不倫(不貞)と認められる?

不倫が「不法行為か否か」の境界線、つまり「慰謝料を払うかどうか」の境界線はどこにあるのでしょうか。

裁判上、不倫(不貞)については、一応の定義がなされています。その定義とは「配偶者(夫か妻)のある者が、配偶者(夫か妻)以外の異性と自由な意思に基づいて、性的関係を持つこと(最高裁昭和48年11月15日判決)」。

つまり、裁判では「不貞行為とは性交渉に及ぶことと同じ」と考えられているのです。

ただし例外的に、プラトニックな関係でも慰謝料を命じた裁判例もあります。

詳しくはこちらの記事をチェック!:弁護士が解説!不倫は犯罪なのか?
 

不倫・浮気の慰謝料がもらえないケース

不倫・浮気の慰謝料がもらえないケース

不倫・浮気の慰謝料がもらえないケース

慰謝料とは、精神的な苦痛を与えた者に対する損害賠償です。ただし覚えておきたいのは、慰謝料は離婚をするすべての夫婦に発生するわけではないということです。

たとえば、次のケースは離婚をしても慰謝料がもらえません。
  • 性格の不一致
  • 有責責任の行為が双方にある
  • 家族との関係がよくないことから離婚にいたった場合
  • 事実上、夫婦関係が破綻してからの不貞行為
たとえば、夫婦ともに浮気をしていた場合や「なんとなくソリが合わなくて……」という理由で離婚をした場合には、慰謝料は発生しません。

詳しくはこちらの記事をチェック!:慰謝料や養育費がもらえない離婚のケースとは?
 

不倫・浮気の慰謝料を高くもらうためのヒント

不倫・浮気の慰謝料を高くもらうためのヒント

不倫・浮気の慰謝料を高くもらうためのヒント


そんな思いが強ければ強いほど「慰謝料はがっぽり取ってやる! そうじゃないと気が済まないっ」と、はらわたが煮えくり返っているかも知れません。そして大概の人が、そのまんまの感情を相手にぶつけて、玉砕してしまいます。

離婚ガイドの岡野あつこさんがおすすめするのは、直球ではなく変化球を投げてみること。どういうことかといえば、相手を思い切り褒めて持ち上げて気分をよくさせた上で、金額交渉に入るのです。

詳しくはこちらをチェック!:離婚慰謝料と養育費をしっかりもらうコツ
 

離婚しなくても慰謝料はもらえる?

離婚しなくても慰謝料はもらえる?

離婚しなくても慰謝料はもらえる?

離婚しなくても、夫から慰謝料はもらえるか?――答えは「Yes」です。

結婚生活を続けるのであれば、同じ家庭内で夫から妻へ慰謝料を支払っても、物理的にはあまり意味がないでしょう。ただし、ペナルティとして、妻の気持ちを落ち着かせる効果が期待できるかもしれません。

詳しくはこちらの記事をチェック!:離婚しなくても「慰謝料」はもらえるの?

■関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。