31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は深爪さん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、深爪さんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、深爪さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「深爪さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■深爪さんプロフィール
今回の回答者:深爪さん

今回の回答者:深爪さん

エロから社会ネタまで独自の視点から発信!フォロワー数18万人超の大人気主婦アカウント
コラムニスト/主婦。2012年11月にツイッターにアカウントを開設。独特な視点から繰り出すツイートが共感を呼び、またたく間にフォロワーが増え、その数18万人超(2020年2月現在)。主婦業のかたわら、執筆活動をしている。『深爪式 声に出して読めない53の話』『深爪流 役に立ちそうで立たない少し役に立つ話』『立て板に泥水』他著書多数。芸能、ドラマ、人生、恋愛、エロと、執筆ジャンルは多様。

twitter:@fukazume_taro
オンラインサロン:https://lounge.dmm.com/detail/1448/
note:https://note.mu/fukazume_taro
 

お悩み:恋活・婚活でうまくいっている友達への嫉妬が止まりません

お悩み:恋活・婚活でうまくいっている友達への嫉妬が止まりません

お悩み:恋活・婚活でうまくいっている友達への嫉妬が止まりません

■ゆりぃさん(33歳、一般事務)のお悩み
彼氏ができた友達や、結婚した友達に、激しく嫉妬してしまいます。性格が悪すぎて、自分で自分が嫌になるほどです。
 
どんなに仲が良かった友達でも、自分より先に幸せになってほしくない、と思ってしまうんです。最低な話ですが、あえてうまくいかないように恋愛アドバイスしたこともあります。
 
プロポーズされたという報告LINEが来たときは、悔しくて、一人で馬鹿みたいに大泣きしてしまいました。
 
こんな性格だから、婚活もうまくいかないんだと思います。でもどうしても、「早く別れてしまえばいいのに」と思うことをやめられません。
 
嫉妬心とどう付き合っていけばいいのか、どうすればこのドス黒い状態から抜け出せるのか、アドバイスいただければと思います。
 

アドバイス1:「己の嫉妬心を認める」フェーズはクリアできていてすごい!

アドバイス1:「己の嫉妬心を認める」フェーズはクリアできていてすごい!

アドバイス1:「己の嫉妬心を認める」フェーズはクリアできていてすごい!

「他人がいい思いをしていること」に対する不快感を「嫉妬」と認めず、あたかも正当な理屈であるかのように他者を腐す人間が多いなか、ご相談文は冒頭からオブラートゼロのまっすぐな嫉妬心がフルスロットルで放出されており、非常に気持ちがいいです。
 
嫉妬心を撃退するのにまず必要なのは「己の嫉妬心を認めること」だと思っています。ムカつく相手の悪い部分を列挙して「だからムカついてもいいんだ」と自己正当化してしまうと、その不快感から逃れることはできません。
 
「必要以上に憎悪を感じるモノの裏には嫉妬が隠れている」が私の持論なのですが、イライラの原因を掘り下げて、もしそこにどす黒い嫉妬心を見つけたなら「ああ、私は羨ましかったんだ」と素直に認めてしまうとだいぶ楽になります。
 
でも、ゆりぃさんの場合は、この「嫉妬心を認める」フェーズはクリアしているのに、まだスッキリできていないようですね。
 

アドバイス2:嫉妬は「勝てそう(と思える)相手」にしか感じないもの 

振り返ると、私も嫉妬まみれの人生を送っております。母は「コーラは骨が溶ける」「着色料でガンになる」と頑なに信じていた人間なので、子供の頃のおやつは干し芋や蒸しトウモロコシといったものばかり。「戦時中じゃねえんだから」という言葉を何度飲み込んだかわかりません。
 
だから、ポテトチップやカラフルなチョコ菓子を好きほど食べて、炭酸飲料を浴びるように飲める同級生たちが羨ましくてしかたなかった。しかし、「羨ましい」と言葉に出したら自分が惨めになりそうで、「そんなもん食べてたら病気になるよ。え?知らないの?」とマウンティングすることで必死に自己を保っていました。
 
また思春期になると、あんなバクダン岩みたいな顔した女にも彼氏がいるのになぜ私には男がいないのかと悶々としたこともありました。今思えば、他人に対して「バクダン岩みたいな顔」と評するような性格の極悪さが災いしたのでしょうが、当時は「私のほうが可愛いのに」とただただイライラすることしかできませんでした。
 
このように、長年妬み嫉みと共に生きてきた私でしたが、あるとき、「嫉妬は苦しみしかもたらさない」ということに気が付きました。何をいまさらな発見でしたが、このままでは一生幸せになれないと思い、とりあえず「なぜ嫉妬心が起きるのか」を分析することにしました。嫉妬心の正体を掴めば、解消する手段が見つかるかもしれないと考えたのです。
 
そもそも、何故、嫉妬心は生まれるのでしょう。たとえば、その可愛さからチヤホヤされる同僚に嫉妬しても、その可愛さからチヤホヤされる新垣結衣の前には嫉妬の生まれる隙なぞありません。そもそもガッキーと己を「人類である」という理由だけで同じ土俵に上げていいものかとすら考えてしまいます。
 
すなわち、嫉妬とは「もう少しで勝てる(と思える)相手」にしか感じないものなのではないか。それに気づいた途端、「どんぐりの背比べ」「目くそ鼻くそ」などという言葉が浮かび、すべてがバカらしくなりました。
 

 アドバイス3:他人との比較をやめるには「絶対的な価値観」を持つこと

嫉妬とは、自分と近い人間を見つけ、優劣を競うことから始まると実感した私は、まず、他人との比較をやめることにしました。しかし、これが非常に難しい。銭湯でさりげなく珍棒の皮を剥く男性が絶えないように、他人の目を気にし、優位に立とうとするのは、もうある種の人間の本能なのです。
 
やはり嫉妬から解放されるのは不可能なのかと諦め始めた頃、友人と交わされた会話に解決の糸口を見つけました。
 
彼女は長らく、自分の選択しなかった「もう1つの人生」を歩む人に嫉妬していたのですが、出産をきっかけにその苦しみから解放されたといいます。24時間365日、肉体的にも精神的にも拘束される育児は苦行でしかないが、子供が泣くたびに「自分は常に求められている」と実感し、とても幸せな気持ちになった。そんな毎日を繰り返すうちに、いつしか強固な自信が生まれていた。
 
そしてこの「絶対的な自信」のおかげで、他人や「自分の歩むはずだったもう1つの人生」について考えることがなくなり、苦しみから解放されたと話していました。
 
つまり、自分の中に絶対的な価値観を持てば、他と比較することがなくなり、苦しみから解放されるということです。自分の中に「絶対的なもの」(「宗教」と言ってもいいかもしれません)がある人は、迷わないからです。嫉妬心から解放されるためには「宗教」を持てばいいのです。
 
それは、子供でもアイドルでも趣味でもなんでもいい。自分が信じ、「何より大切なもの」と思える何かを持つことで、比較は無意味になり、妬み嫉みから解放されるのではないでしょうか。ゆりぃさんもなにか「心の底から信じられるもの」「何よりも大切なもの」を探すといいかもしれません。そこに没頭できれば、知らぬ間に嫉妬心から解放されるのではないかと私は思っています。
 
ちなみに、私にはいまだこれといった「宗教」が見つからないのですが、最近は嫉妬心に支配されても「嫉妬くらいするよね。にんげんだもの」と流せるようになりました。
 
若い頃は、誰かにジェラシーを感じるたびに「ああ、私はなんてイヤな人間なんだ」と落ち込んだりしたものですが、もはや自己嫌悪する体力もなくなったのだと思われます。痛みで上がらなくなった肩に湿布を貼りながら「ババアになるのも悪くないなあ」としみじみ思える今日このごろです。
 
■「31歳からの恋愛相談室」関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.自立した強い女性は、強さを隠さないと結婚できませんか?
Q.新型コロナのせいで婚活できず、もどかしいです
Q.気になる彼が突然フェードアウト、気が狂いそうです

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。