31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:結婚前に同棲はしたほうがいいのでしょうか?

お悩み:結婚前に同棲はしたほうがいいのでしょうか?

お悩み:結婚前に同棲はしたほうがいいのでしょうか?

■サラさん(32歳、人事)のお悩み
彼氏から同棲を提案されました。私の住んでいるマンションが契約更新の時期だという話をしたら、それなら一緒に住もうと言ってくれたのです。
 
私はそういうつもりで話したわけではなかったので、ちょっと考えてみるねと答えて、保留にしてあります。
 
一緒に住むこと自体は楽しそうだし、結婚へ向けていいお試し期間になるかもと思う反面、同棲はしないほうがいい(だったら結婚したほうがいい)という話も聞きます。
 
藤本先生は同棲について、どのようにお考えですか?
 

アドバイス1:同棲せずに結婚するのは大博打をするようなもの

アドバイス1:同棲せずに結婚するのは大博打をするようなもの

アドバイス1:同棲せずに結婚するのは大博打をするようなもの

これはあくまでも僕の考えですが、結婚前の同棲は必須だと思っています。なぜなら、相手のことを深く知りたいなら、一緒に住むのが一番手っ取り早いからです。
 
「同棲を3カ月したら、相手の3年を知るのと同じ」と言っている知人がいたのですが、これはあながち間違ってないと思います。
 
それに、同棲をせずに結婚するのは大博打と同じなんですよ。なぜなら、一緒に暮らさないとわからない相手の一面がたくさんあるからです。
 
実際、同棲せずに結婚をした夫婦の中には、そういう一面を目の当たりにして、「結婚前に知っていたら絶対結婚しなかった」と後悔しているパターンも珍しくありません。
 
そういった後悔をしないためにも、結婚へ向けてのお試し期間として、同棲は必要だと思います。
 

アドバイス2:同棲してダメになる2人なら、結婚しても結果は一緒

では、なぜ「結婚前に同棲しないほうがいい」という人がいるのか?
 
「結婚してないのに男女が同棲するなんてありえない」という道徳的価値観の人はさておき、よく言われるのが「同棲すると結婚できない」「同棲すると婚期が伸びる」というものです。
 
なぜそう言われるのかというと、理由は2つなんです。
 
  1. 一緒に住んで相手の悪いところが見えて、結婚したいと思えなくなってしまうから
  2. 相手が優柔不断だと、結婚に踏み切る機会を失ってしまうから
 
1つ目は、一緒に住んだことによって、前述したような相手の一面を目の当たりにしてしまったというケースです。そのせいで、幻滅したり、嫌悪感を抱いたりしたというケースですね。
 
これについては、「では同棲せずに結婚したら、幻滅したり、嫌悪感を抱いたりしないで済むのか」という話です。そんなはずはなく、気持ちが冷めて、いい夫婦関係は築けなくなるでしょう。
 
2つ目が、男性が極度の優柔不断だったというケースです。この場合も、同棲してなかったら結婚できたというわけじゃないんですよね。同棲していようがいまいが、彼が優柔不断であることは変わらないので。
 
10年近く一緒に住んでいるのに、結婚しないカップルっているじゃないですか。仲良くも悪くもないし、お互いが悪い意味での空気みたいな存在になっている感じです。
 
なぜこういったカップルが、結婚もしないし別れもしないのかというと、多くの場合こうなんです。
 
男性は、「いなくなったらなんとなく寂しいから別れたくないけど、結婚はしたくない」と思っている。一方女性は、「これだけ長く一緒にいるからいつか結婚してくれるはず」と期待している。
 
残酷な現実として、こういったカップルが結婚することはほとんどありません。
 
こうして「結婚前に同棲しないほうがいい」といわれる理由を見ていくと、同棲をするしないに限らず、相手のことをよく知らないまま結婚したら泣きを見るのは結局自分ということがおわかりいただけたかと思います。
 
たとえば僕たちが家を買うとき、隅々まで内覧するはずですよね。家を買うときは「一生暮らせるかどうか」を考えるのに、結婚相手に対しても同じ観点で考える人ってめちゃめちゃ少ないんですよ。
 
実際、結婚前に大事なことを話し合わず、お互いのことをよくわかってないまま同居した夫婦のほとんどが、うまくいっていません。
 
もちろん中にはうまくいっているという夫婦も存在するでしょうが、それは極稀であり、たまたま運が良かっただけです。その数は1割にも満たないと思っておいたほうがいいでしょう。
 

アドバイス3:やった後悔よりやらなかった後悔のほうが尾を引くもの

ここまでいろいろとお話ししてきましたが、結婚という観点を除いて考えたとき、サラさんは「一緒に住むこと自体は楽しそう」と思われたわけじゃないですか。
 
だとしたら、ご自分の直感を信じて同棲してみるのは大いにありだと思いますよ。
 
こういうことを書くと、「そんな適当に同棲することを決めるなんて」と思う人が出てくるのですが、「楽しそう」と思ったことをしないまま放棄すると、確実に後悔します。
 
やった後悔よりやらなかった後悔のほうが尾を引くって本当なんです。

 
結婚前に同棲したほうがいい理由についてはこれまでお話ししたとおりですが、周囲の意見や常識とされているものにとらわれず、「楽しそう」と思えることはちゃんと選択したほうがいいですよ。
 
それが彼氏さんのことを「一生一緒にいれる相手かどうか」を見極めることにもつながるので、一石二鳥ではないでしょうか。

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.男性は浮気する生き物だと、諦めるしかないのでしょうか?
Q.喧嘩になると、黙るか逃げる彼。話し合いがしたいです
Q.新婚ですが、離婚しようか迷っています

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。