これは使える! 100均の掃除グッズをご紹介

お家にいる時間が長いと、家の汚れも気になりますよね。

実は寒い年末の大掃除よりも、気温の高くなるこれからの季節の方が、水を使った掃除もやりやすく掃除をするのに適した季節でもあります。
 
そこで今回は、自宅の掃除に役立つ『100均お掃除グッズ』の中から、私がイチオシするアイテムを3つご紹介します。

 

おすすめ1. 隙間ラクラクハンディワイパー

ボールペンの長さと比較してみました。

ボールペンの長さと比較。ダイソーで購入/110円(税込)

全長55cmと、かなり長さのあるワイパーです。購入時にはホコリ取りシートが2枚付属されていますが、その後はワイパーの先端に、市販のホコリ取りシートを挟み込んで使用できます。
掃除しにくい冷蔵庫の下にもおすすめ。

掃除しにくい冷蔵庫の下にもおすすめ

ソファーの下や冷蔵庫の下など、動かしにくい物の下のお掃除にピッタリです。今まで取れなかったホコリがごっそり取れます。

この商品に出会うまで、私は物差しの先にシートを巻き付けてみたり、いろいろと試しましたが、奥の方でシートが取れてしまったり、奥まで届かなかったりしていました。

このハンディワイパーは、薄くて長く、さらに程よくやわらかくしなるところが非常に使いやすくて大活躍です。

 

おすすめ2. お風呂の排水口ブラシ(吸盤ケース付)

ダイソーで購入「お風呂の排水口ブラシ」110円(税込み)

ダイソーで購入「お風呂の排水口ブラシ」110円(税込) 

排水口の掃除のわずらわしさは、主婦の皆さんでしたらお分かりかと思います。私も掃除は好きですが、やはり排水口のお手入れだけはあまり好きにはなれません。とはいえ、お掃除しないとすぐに汚れがたまってしまう場所なので、こまめに掃除する必要があります。

ところで皆さん、排水口は何を使ってお掃除していますか?

使い古しの歯ブラシを使う人も、少なくないはずですが、問題はブラシに絡まりついた髪の毛などの細かいゴミをどうやって取るか……ということではないでしょうか。ビニール手袋を使って手で取るのもいいですが、手袋の先だと細かい物が取りにくいこともありますし、使い捨ての手袋ももったいない……。
ブラシにピンセットが内蔵されている。

ブラシの柄にピンセットが内蔵されている

そんなお悩みにピッタリなのが、この『お風呂の排水口ブラシ』。なんと、この排水口ブラシの柄の部分にピンセットが内蔵されているのです。
わずらわしい排水口の掃除にピッタリ。

わずらわしい排水口の掃除にピッタリ

このピンセットがあれば、絡まった髪の毛や、触りたくないゴミを取り除くことができます。
吸盤付きのケースで収納できる。

吸盤付きのケースで収納できる

また、使い終わった後に、収納できる吸盤ケースが付属されているのも良いです。我が家では、お風呂場の隅に取り付けてこまめにお掃除しています。

 

おすすめ3. スキマ用ブラシ

ダイソーで購入「スキマ掃除ブラシ」110円(税込)

ダイソーで購入「スキマ掃除ブラシ」110円(税込)

このスキマ用ブラシの特徴は、かなり細い固めの毛が付いているということ。ブラシの幅は約3mmと細い場所の掃除にピッタリのブラシです。

毛がかなり固いので、しっかりと汚れをかき出すことができます。また、ブラシの先端が真っ直ぐではなく、少し曲がっているので、歯ブラシなどでは掃除しにくかった角や底の部分の掃除にも適しています。
窓のサッシの細い溝にピッタリ!

窓のサッシの細い溝にピッタリ!

我が家は二重窓のため、サッシが普通の2倍の量がありお手入れが大変ですが、このブラシがあれば細い隙間にフィットしてキレイにすることができます。
浴室ミラーの接続部分の溝にもおすすめ。

浴室ミラーの接続部分の溝にもおすすめ

また、浴室ミラーの接続部分の溝にも水アカがたまりやすいのですが、ブラシの毛がかなり固めなので、固くなった汚れにも効果抜群! 水道の蛇口の付け根部分のお掃除にも使えます(お掃除の際には、キズが付かないようにご注意ください)。


今回は100均で購入できる、おすすめ掃除グッズをご紹介しました。掃除グッズは、汚れたり劣化したり消耗する物でもあるので、気軽に買い替えることもができるのも100均グッズの魅力。ご自宅のお掃除にぜひお役立てください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。