31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:婚活で出会った男性にDV癖があるかどうか、見抜く方法を教えてください

お悩み:婚活で出会った男性にDV癖があるかどうか、見抜く方法を教えてください

お悩み:婚活で出会った男性にDV癖があるかどうか、見抜く方法を教えてください

■もりのさん(31歳、医療事務)のお悩み
最近マッチングアプリでお会いした男性について、ご相談させてください。
 
彼とお会いしたのはまだ1回だけで、現在は2回目のデートの約束をしているところです。
 
初日は居酒屋に飲みに行きました。そこでの印象は、とても明るくて楽観的で笑顔が素敵な方という感じでした。お酒については、飲むと少しテンションが上がるけれど、そこまで大きな変化はないタイプのようでした。
 
正直、初日から性的な目で見てしまうくらい魅力的で、彼も私をそういう対象として見てくれたようでした。というのも、帰りにホテルに誘われたからです。私は友人を待たせていたのでお断りしましたが、彼もそれ以上は踏み込んでこず、また会おうねと言ってくれました。
 
さて、ここからが本題なのですが、私は彼とまた会いたいし、体も重ねたいと思っています。でも、一つ気になることが。それは、彼が「昔はワルだった」と言っていたことです。
 
私は異性から暴力を受けたり、通り魔にあったりしたことがあるので、正直身構えてしまいました。しかし、今の彼はワル風ではなかったし、過去のことを自分からわざわざ話してくれたことを考えると、しっかり反省しているのかなとも思います。
 
男性の暴力的な本性の有無を見分ける方法があれば、ぜひ教えていただきたいです。
 

アドバイス1:出会ったばかりの人間を簡単に信用しないこと

 アドバイス1:出会ったばかりの人間を簡単に信用しないこと

 アドバイス1:出会ったばかりの人間を簡単に信用しないこと

一般的に、暴力的な男性といえば、次のような特徴があると言われています。
  • 性的魅力に長けている
  • 親族からのDV歴がある
  • 外面がいい
  • 周りの人間はその人の本性を知らない
  • 上から目線で正論を言いたがる
  • 感情の起伏が激しい
  • 感情が高ぶると物に当たったり、いきなり声を荒げたりする
  • 自分勝手
  • 支配的でいろいろと人をコントロールしようとする 
 「性的魅力に長けている」「外面がいい」という部分に彼は該当するわけですが、これだけでは判別できないですよね。とくに、最初はみんな猫をかぶって他人と接しているので、いい人間に見える人のほうが圧倒的に多いです。
 
ただ、大前提として理解していただきたいことがありまして、それが何かというと、出会ったばかりの人間を簡単に信用しないこと。
 
疑ってかかれと言っているのではなく、単純に、信用ってそんな簡単にできるものではない、ということなんですよ。
 

アドバイス2:「信頼」を積み重ねた先に、「信用」がある

まず「信用」と「信頼」の違いについてお話させていただきますね。

「信用」とは、相手を信用するまでに至った、「成果物と実績の積み重ね」があって成立するものです。

その相手が自分に対して、約束を守り続け、裏切るようなことをせずに接してきた時間があったからこそ生まれる「この人は大丈夫だろう」という「無条件の安心感」、それが相手への「信用」です。つまり、出会ってすぐの相手を信用することはできないんです。

なので、「今の彼はワル風ではなかったし、過去のことを自分からわざわざ話してくれたことを考えると、しっかり反省しているのかな」と判断するのは、厳しいようですが時期尚早だといえるでしょう。見極めるにはまだまだ時間が必要です。

ちなみに、悪いことをして本当に反省している人なんだったら、恥ずかしくてなかなか人に言えないので、わざわざ自分から話すことはあまりないです。男性によくあると言われている、「昔はワルだった自慢」をしたいか、本当にワルだったけど反省していないかのどちらかではないでしょうか。

そして「信頼」とは、その相手と円満な人間関係を形成できるよう、未来に賭けることになります。つまり、信頼関係を積み重ねた先に、信用があるということですね。
 
カウンセリングでよく、「彼のことを信用していいのでしょうか?」と聞かれることがありますが、その度に「それは僕が決めることではありません」とお答えしています。
 
なぜなら、その男性は僕が信用するまでにいたった、成果物と実績の積み重ねがありませんし、客観的に見て大丈夫だろうと思っても、クライアントさん本人がそう思っていないうちは信用できていないんですよね。
 
人を信用するには、相手が自分に対して向けてくれた誠実さと時間、そして自分の目利きが必要になるというわけです。
 

アドバイス3:人間性を見極めるには、がっつり踏み込んだ話をするべき

では、自分の目利きを信じて信頼関係を形成する上で、どういった部分に気をつけたほうがいいか。その点についてお話させていただきます。
 
どれだけ人を見る目があっても、人は深く踏み込んでみないと分からない部分が多い生き物です。
 
最初は「いい人だなあ」と思って付き合っていると、数カ月後には「あれ?この人、こんな部分があったんだ……」と幻滅することは、けっして珍しいケースではないんですね。
 
それは、ツーカーの仲と呼ばれる夫婦も同じで、「何十年もこの人と一緒にいて、知らない部分はないと思っていたけど、こういう部分があったのか」となるケースはよくあります。
 
つまり、言葉なくして相手のことをわかることはできないということでして、彼に暴力性があるかどうかを判別するには、踏み込んだ話をする必要があるんです。
 
とはいえ、「DVとかってする?」と聞けないので、言い方が重要になるのですが、こういった伝え方をしてください。
 
「私、過去に暴力を振るわれたり、通り魔に遭ったりしたことがあるから、もうそういう目には二度と遭いたくないんだよね。本当にめちゃめちゃ怖かったんだ。
 
だから、相手の男の人に少しでもそういう部分があるなら、絶対に付き合わないし、付き合っても別れることにしてるんだ」
 
この台詞を彼に向けて言うのではなく、「私はこうだからこうしています」という自己開示の意味で言うのです。
 
このように伝えて、相手に暴力性がないなら、否定することなく肯定して受け答えしてくれるはずです。
 
しかし、暴力性がある相手だった場合、伝えた瞬間に「顔がひきつる」「半笑いになる」「真顔になる」といった、どれかの表情になりますね。
 
実は、僕自身もプライベートでの人間関係を線引する上でよくやっていることなんですが、「どうしてもこういうことをする人は無理」という自己開示を初対面のときにしていました。
 
たとえば僕の場合は、一例を出すと「束縛する女性は絶対に無理」というもの。
 
こう伝えて、「ああ、わかる!私も無理だもん」「私はしたことないなあ」というような女性と、「でも好きだったらちょっとはしてしまわない?」「そういうの許してほしいって女は思うんだよ」というような女性の表情を比較すると、まったく違います。
 
言うまでもなく後者の女性たちは、「束縛癖」があるということで、付き合ったら高確率で縛る行為をしてきます。
 
それを知ってるから、どれだけ顔がタイプであっても、僕の場合は束縛癖がある女性と付き合うことはなかったんですね。
 
前述した台詞をもりのさんが彼に伝えて、「顔がひきつる」「半笑いになる」「真顔になる」のいずれかの表情になった場合、「ていうか、女に手を挙げたり物に当たったりする男の人ってマジで最低だと思う。死ねばいいと思ってる」とさらに言ってみてください。そうすると、彼にDV癖があるなら、さらに顔がひきつったり、顔を真っ赤にしたりするでしょう。その時点で、残念ながら「そいつはやめとけ、危ない」ということになります。
 
そこまでわかっているのに、「もしかしたら私の勘違いかもしれない」と突き進む女性は、ただ相手に期待しているだけで、すでに自ら不幸の道に首を突っ込んでいますね。
 
あと、身体を重ねてみたいと思われているとのことですが、彼にDV癖がなかったとしても、付き合う前に関係を持つのはやめておいたほうがいいでしょう。
 
ちゃんと「付き合う」という確約がないなら、しないほうがいいです。
 
なぜなら、交際前に身体の関係を持ってしまい、多くの女性が傷つき、悲しんでいるという現実があるから。「自分だけは大丈夫」と思わないほうがいいです。
 
どれだけ魅力的であったとしても、興味本位が命取りになる場合があることをお忘れなく。
 
■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.結婚を考えている彼氏に、借金疑惑が浮上しました
Q.彼氏の友達が苦手で、モヤモヤしています
Q.今はラブラブだからこそ、いつか冷めるのが怖いです

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。