新型コロナの影響でテレワークを導入する企業が増えています。かくいう僕もその一人ですが、新しいワークスタイルを経験すると「もとに戻れない!」と感じます。なぜ、テレワークの人気が沸騰しているのでしょうか。今回は、僕なりの見解をまとめました。
 

テレワークが支持されるワケ

テレワークが人気なのは、ズバリ「自由」だからでしょう。特に大きい変化としては、「通勤電車などの強い拘束から解き放たれること」と「不必要に周りの目を気にすることがなくなり、のびのびと仕事ができる」といった点が挙げられるかと思います。
 
テレワーク

テレワークをすることで仕事への満足度が高まり、生産性も上がる?

 
心理学者のエドワード・デシは、「自分で自分の人生を決めることが幸せにつながる」と、指摘しました(1)。また、経済産業研究所の調査結果(2)によれば、「所得や学歴よりも、自己決定(自分でものごとを決められること)が幸せにつながる」と分かりました。
 
テレワークは、良くも悪くも自分のリズムを自分で整える必要があります。この自由度の高さが支持される理由なのでしょう。
 
また、経済学者のアロイス・ストッツァーらの発表した論文(3)によると、「長時間通勤に対する保障として、月収を40%アップしてもらわないと満足度としては釣り合わない」のだとか。テレワークは通勤時間をゼロに短縮してくれますから、仕事の満足度は劇的に高まるでしょうね。
 
加えて、周りの目に敏感な人は、「オフィスに居る」というだけでストレスを感じるはず。かくいう僕がそうで、オフィスに足を運ぶだけで、自宅にいるときよりも心拍が速まってしまい、不健康なこと極まりません。
 
会社のピリついた空気で仕事するのが好きな人は別として、大多数の人は自宅のリラックスできる空気の方が好きなはず。これもまた、テレワークが好まれる理由の1つでしょう。
 

テレワークブーム到来か?

新型コロナの影響で、テレワークを導入する企業が増えました。一度テレワークを始めた従業員たちは、「もとに戻りたくない!」と会社と交渉し始めるかもしれません。
 
これは会社側にとっても経済的です。従業員のモチベーションが上がるうえ、交通費などのコストもカットできるので、収益性を高めるチャンスでもあります(カットできた交通費の一部は、従業員の給料アップに分けてあげてほしいですね)。
 
テレワークで業績が変わらず、組織が弱体化しないのであれば、どんどん取り入れるべき。合理化は大切です。
  
●参考文献
  1. 書籍:Edward L. Deci, Richard M. Ryan, 2014, 『Intrinsic Motivation and Self-Determination in Human Behavior』, Springer
  2. ディスカッションペーパー:西村和雄, 八木匡, 2018, "幸福感と自己決定−日本における実証研究", RIETI Discussion Paper Series 18-J-026
  3. 論文:Alois Stutzer and Bruno S. Frey, 2008, “Stress That Doesn’t Pay: The Commuting Paradox”, The Candinavian Journal of Economics

【関連記事・動画をチェック!】  


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。