DJI Mavic Mini

航空法の規制外のトイドローン「DJI Mavic Mini」

テレビや映画で、空撮シーンが多用されるようになりました。以前は、空撮と言えばヘリコプターや飛行機によるものだったのですが、現在はドローンを利用することで以前より安いコストで空撮が可能になっています。

プロ用機材としてのドローンだけでなく、一般ユーザー向けのドローンもリーズナブルな価格で販売されるようになりました。

飛行ルールを守り、飛行技術を取得すれば、誰でも空撮を楽しむことができます。入門用として、200g以下の小型のドローン「DJI Mavic Mini」を紹介します。
   

200g以下のトイドローンがお勧めの理由

DJI Mavic Mini

本体サイズはスマホほど

ドローンを利用する上では各種法律の遵守が必要となります。航空法においては高度150m以下、目視飛行、DID地区飛行禁止などの規制があります。

この航空法の規制がされるのは、重量が200g以上のドローン。トイドローンと呼ばれている200g以下のドローンは航空法規制対象外となり、ドローンを飛行させる自由度は上がります。今回紹介する「DJI Mavic Mini」は、199gなので航空法規制外のトイドローンとなるのです。

なお、トイドローンでも航空法以外でドローン規制の対象になることには注意が必要です。たとえば、東京都の都立公園では200g以下のトイドローンを含め、一切のドローン飛行が条例によって禁止されています。
 

200g以下でも本格的な飛行が可能

DJI Mavic Miniで撮影例

DJI Mavic Miniで撮影例

DJI Mavic Miniの海外モデルは249gとなっており、日本モデルは日本の航空法に合わせて、バッテリー容量を小型にしています。そのため、機能としては本格的なドローンとして十分な機能を持ち合わせています。2.7Kカメラと3軸ジンバルを搭載、自動ホバリングと自動撮影モードで簡単撮影、専用アプリで簡単編集と機能が充実しています。
DJI Mavic Miniで撮影例

DJI Mavic Miniで撮影例

なお、日本モデルは、バッテリーが軽量化されていますが、カタログ値で最大18分の飛行ができます。本体下部にあるセンサーにより安定したホバリング、内蔵しているGPSで自動帰還機能(リターン・トゥー・ホーム)も利用可能です。
 

コンパクトで運びやすい

DJI Mavic Mini

持ち運びに便利

「DJI Mavic Mini」は、プロペラ部分を折りたたむことができます。折りたためば、ちょっとしたポーチに入るサイズになっています。また、送信機もコンパクトにすることができるため、普段使っているバッグで持ち運ぶことも可能です。飛行時はスマートフォンアプリを利用するので、通常使っているスマートフォンに専用アプリを入れておけば、いつでも飛行が可能です。

このように小型で手軽に楽しめる「DJI Mavic Mini」は、ドローンの入門にぴったりです。ドローン関連の法律や規制を順守した上で、楽しんでください。
 
DATA
DJI┃Mavic Mini

離陸重量:199 g(日本モデル)
サイズ(折りたたんだ状態):140×82×57 mm (L×W×H)
サイズ(展開時プロペラあり):245×290×55 mm (L×W×H)
最大飛行時間:18分(日本向け)(無風で12km/hの速度で飛行時に測定)
静止画サイズ:4000×3000(4:3の場合)、4000×2250(16:9の場合)
動画解像度(2.7K):2720×1530 25/30 p
動画解像度(FHD):1920×1080 25/30/50/60 p
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。