お悩み:新型コロナウイルス流行中、婚活はストップするしかないのでしょうか?

お悩み:新型コロナウイルス流行中、婚活はストップするしかないのでしょうか?

お悩み:新型コロナウイルス流行中、婚活はストップするしかないのでしょうか?

オトナ女子の婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「恋愛偏差値30からの恋愛相談室」。今回のお悩みは「新型コロナウイルス流行中、婚活女子ができることはありますか?」というものです。

■Maryさん(40歳、会社員)のお悩み
コロナウイルスの影響で、予定していた婚活パーティーやデートはすべて自粛しました。現状、婚活でできることはなにもないのかと、やきもきしています。コロナウイルス流行中、婚活女子はどうすべきか教えてください。
 

今回の回答者:桑山裕史(Bridalチューリップ所属)

今回の回答者:桑山裕史さん(Bridalチューリップ所属)

今回の回答者:桑山裕史(Bridalチューリップ所属)

今回の回答は、桑山裕史さん(Bridalチューリップ所属)が担当します。

課題解決型のニュータイプ結婚相談所オーナー
東京都豊島区


2001年明治大学卒業後、東証一部上場の大手通信販売会社ベルーナに入社。新規個人向け外商部門の立ち上げに参画し、新人から常に売上トップ。個人実績として2期連続年間売上1位、社長賞獲得。マネジメント実績として年間店舗売上1位、営業利益1位、達成率1位、最優秀賞獲得。初年度売上7千万円の部門を7年間で42億円まで牽引。最大マネジメント総数は300名以上を統率。最年少で支店長・営業部長・企画部長などを歴任した後、経営企画室にて企業統治・MAアライアンスを担当。

2009年12月ナウい創業。組織構築、教育、事業企画立案・構築、プロモーションを得意とする。現在、日本プリマリタルカウンセラー資格認定協会理事、公益社団法人日本産業退職者協会生活情報委員としても活躍している。

>>詳しいプロフィール・連絡先はこちら
 

婚活自粛は素晴らしい判断!

新型コロナウイルス感染拡大防止の為には、全ての国民が我慢して団結しないとなりません。

Maryさんが感染するリスクだけでなく、誰もが感染源になってしまうかもしれません。感染しやすい換気の悪い「密室」、人の「密集」、「密接」の「3密」を避ける必要がありますので、Maryさんの外出自粛は素晴らしい判断です。

医療現場では、マスク、人工呼吸器、ECMOの数以上に病床や医療従事者が足りなくなっており、崩壊寸前です。

重症化したら、肺炎の進行ははやく、合併症を伴います。病気の時に家族は励ます事しかできませんが、新型コロナは、その行為さえ許しません。命を落としても葬儀に参列さえできません。恐ろしい病気です。

感染被害にあわれた方の回復、ご家族の安全、経済の復興、1日も早い終息を願うばかりです。
 

辛い時だからこそ、パートナーと家族の存在は大きい

終息する目途が立たない中、ネガティブムードに支配されて、婚活意欲が低下していくことは自然な事です。

一方、東日本大震災と同様ですが、大変な事態だからこそ、パートナーや家族の存在を求めている方も多くなっています。

信頼して、励まし合える、支えあえる家族がいるのは、本当に心強いものです。出勤停止、在宅勤務、営業時間短縮、時差出勤の関係もあり、時間的なゆとりのうまれた方は、活発に婚活しているケースもあります。

ニュートンは、ペストが大流行して回避している時に「万有引力の法則」を発見しました。現在、働き方が大きな転換をむかえています。

こういった事態にならなければ、テレワーク、リモートワーク、オンラインサービスも前進しなかったはずです。婚活も同じようにピンチはチャンスです!
 

期間限定で婚活休息もOK!

もちろん、この機会にゆっくり休み、婚活を一切考えない時間を作り、自分磨きもするのもありです。

お見合いできない、交際デートできない状況なら、いっそ休んでしまうというのは自然な流れです。期間限定で思い切って婚活をお休みしてしまう方法があります。

お休みしている間に自分の条件が悪くなるのではと不安を感じる方もいますが、3カ月程度なら支障はありません。

頭と体がリセットされてきっと、新しい何かが見えてくるはずです。そして、自信と前向きな想いも芽生えるはずです。

長期に渡って結婚相手を探していると、条件ばかりに目がいってしまいがち。条件だけでお相手を選ぶのは、お互いにとって不幸な将来が待ち受けているだけです。条件だけではない“何か”が合う相手を見つけることこそが、婚活の本質です。

婚活を休むことで男性を見る目もリセットされます。これまで何百人もの婚活中の女性にお会いしましたが、条件にとらわれがちな女性は確かにいます。

そのような視点でしかお相手選びしない女性を生涯の伴侶に選びたくないというのが男性の圧倒的な意見です。

もし、逆の立場で想像すれば、容易に分かりますよね。相手の条件にとらわれず、「この人」と思える人と出会うために、婚活を休む事も必要です。

素敵な男性はいっぱいいますし、その人と幸せな恋愛ができるように自分を高めましょう。婚活休みして、婚活再開後、すぐに相手が見つかって結婚した女性は沢山おります。無理しない自然体のMaryさんになれた時、きっと幸せになれるはずです!
 

自粛中に婚活するならズバリ!「オンライン」を活用すべし!

感染リスクがありますし、外出自粛が継続されておりますので、対面でのお見合い実施が困難です。こういった状況の時は、文明の利器を存分に使いましょう。

実際に私の相談所でも、これまで海外など遠方ケースや特別な事情の時は、SkypeやZoomを利用したオンラインお見合いを実施していました。安全と健康のためオンラインお見合いは、非常に有効です。

たとえば当社の場合、Skypeお見合いは、アカウント等の安全性の観点から相談所へご来店いただく必要がありますが、準備はすべて相談所でするため、ITリテラシーに自信がなかったり、OA機器操作が苦手な方も安心してご利用できます。

Zoomお見合いは、アカウント登録不要で簡単にご自宅からお見合いをすることが可能です。ただし、初めてZOOMを利用される場合は自分で簡単な設定等が必要になります。

こういった取組みは、当社に限らず、ある程度の規模の結婚相談所であれば、導入しているはずです。自宅にいながらできる1対1のオンラインお見合いは、外出する手間もありませんので、とても便利ですが、あくまでも非常時の対応です。

直接お会いしてお見合いを行う方が明らかに親密度は高くなりますし、交際発展率も上がることをお忘れなく!

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください!(相談は現時点では無料です)

■回答者の別記事が読みたい!
マッチングアプリでのやりとりが一問一答になってしまい、苦痛です

■回答者のプロフィール・連絡先が知りたい!
こちらをご覧ください!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。