「デート中の会話が一問一答になってしまう男性」の中にも、「いい男の原石」はいる?

「デート中の会話が一問一答になってしまう男性」の中にも、「いい男の原石」はいる?

「デート中の会話が一問一答になってしまう男性」の中にも、「いい男の原石」はいる?

婚活中、相手の男性にイライラした、ドン引きしたという女性は多いのでは。とはいえ、そんな一見「ダメ男」に見える人の中にも、磨けば光る「いい男の原石」がいるかもしれません。

そこで今回は、以下のお悩みをもとに、「デート中の会話が一問一答になってしまう男性」の中に「いい男の原石」はいるのかどうか、どうやったら見抜けるのかについて考えてみます。

■かなえさんからのお悩み
今まで会った中で一番困ったのが、「どんな話題を振っても、一言でしか返してくれない男性」です。「地元はどこですか?」「金沢です」「いつから東京に?」「大学生のときです」「東京に来てからずっと、練馬に住んでるんですか?」「はい」……こんな調子で、話がまったく広がらないんです! 私だけが頑張り続けて、本当に疲れました……。

そういう人に限って「また会いたいです」なんて言ってくること、本当に謎です。
 

今回のアドバイス担当:大道枝里さん(パートナーエージェント所属)

今回の回答者:大道枝里さん(パートナーエージェント所属)

今回のアドバイス担当:大道枝里さん(パートナーエージェント所属)

今回のアドバイスは、大道枝里さん(パートナーエージェント所属)が担当します。

累計120組以上の成婚を導くPA公式アンバサダー
東京都品川区


多数の成婚実績を持つ、パートナーエージェントの元コンシェルジュ。自身の離婚経験や子育て経験も踏まえたアドバイスが好評。現在は公式アンバサダーとして、各種メディア等で婚活の意義やテクニックを発信している。
 
■パートナーエージェントとは
成婚率No.1の結婚相談所。1人ひとりの個性や人生設計に沿って婚活をサポート。業界初の「婚活PDCA」システムや、企業の枠を超えた会員相互紹介プラットホーム「C-ship」など、革新的なサービスを推進。

>>詳しいプロフィール・連絡先はこちら
 

謎の男は、傾聴してくれるあなただからまた会いたくなる!

なぜ、かなえさんは話が広がらないと思っているのに、相手はまた会いたくなるのか。それは、「傾聴してもらって心が楽になる」からなんです。

おそらく、かなえさんは会話の中で否定する瞬間もないですし、拒まずその場は肯定しているのではないでしょうか。その結果、相手は「楽しさ」よりは「安心」を感じている可能性が高いです。

立場を逆転させていかないと、いつまでも一問一答になってしまうので、話題を振るのではなく、自分が自分の話をとことんしてみてください。

相手主体で質問をすることから、自分主体で話をして相手に聞いてもらう。それでも質問をしてこなかったり、反応が悪い、居心地が良くない場合は、合わないと判断することも必要です。
 

頑張ることの意味を、はき違えないこと! 

婚活や恋愛をしていると、無意識に「相手に質問をしなくちゃ」「相手に合わせた方がいいのかな?」と考えてしまうものですよね。

私も婚活のサポートをしていた時に、沢山悩んでいる方を見てきました。婚活の頑張るは色々ありますが、間違えていけないのは、「本来の自分を公開すること」勇気を持つことだと思うんです。

生涯生活をともに過ごす相手ですので、無理をするものではなく、居心地良い人を探してほしいもの。頑張るのは、自分の人柄をそしてこれまでの経験を話すこと。

経験に対し人は興味を持ち感動するのです。

■私も「こういう男性はどうですか?」と聞いてみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください!(相談は現時点では無料です)

■回答者のプロフィール・連絡先が知りたい!
こちらをご覧ください!

■回答者の別記事が読みたい! ※イラスト by せるこさん
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。