【編集部からのお知らせ】
恋愛偏差値30からの婚活相談室」をオープンしました!

婚活にまつわる実用的なアドバイスを"無料"でいたします。

・婚活用プロフィールを添削してほしい方はこちら

・婚活にまつわるお悩みを相談したい方はこちら

「女性は料理ができて当たり前だと思っている男性」の中にも、「いい男の原石」はいる?

「女性は料理ができて当たり前だと思っている男性」の中にも、「いい男の原石」はいる?

「女性は料理ができて当たり前だと思っている男性」の中にも、「いい男の原石」はいる?

婚活中、相手の男性にイライラした、ドン引きしたという女性は多いのでは。とはいえ、そんな一見「ダメ男」に見える人の中にも、磨けば光る「いい男の原石」がいるかもしれません。

そこで今回は、以下のお悩みをもとに、「女性は料理ができて当たり前だと思っている男性」の中に「いい男の原石」はいるのかどうか、どうやったら見抜けるのかについて考えてみます。

■みゆさんからのお悩み
結婚相談所経由で、初めてのお見合いに行ってきました。得意料理を聞かれたけれど、料理はあまり得意ではない私。「野菜炒めくらいなら作れますが、料理はあんまり……」と答えると「え!それはちょっと困っちゃいますね(笑)」と言われました。女性は料理ができないとダメってこと?

では逆に、あなたの得意料理は何なのかと聞いてみたら、今度は「料理はまったくしませんね。家事全般、向いていないみたいで」と、「自分に家事は不向き」宣言。

この人、相談所のプロフィールには「共働き希望」って書いてあったんです。それなのに、家事はすべて妻に押し付ける気マンマンってことですよね。イライラしたので、次回のデートは即決でお断りしました。
 

今回のアドバイス担当:大道枝里(パートナーエージェント所属)

今回の回答者:大道枝里さん(パートナーエージェント所属)

今回の回答者:大道枝里さん(パートナーエージェント所属)

今回の回答は、大道枝里さん(パートナーエージェント所属)が担当します。

累計120組以上の成婚を導くPA公式アンバサダー
東京都品川区


多数の成婚実績を持つ、パートナーエージェントの元コンシェルジュ。自身の離婚経験や子育て経験も踏まえたアドバイスが好評。現在は公式アンバサダーとして、各種メディア等で婚活の意義やテクニックを発信している。
 
■パートナーエージェントとは
成婚率No.1の結婚相談所。1人ひとりの個性や人生設計に沿って婚活をサポート。業界初の「婚活PDCA」システムや、企業の枠を超えた会員相互紹介プラットホーム「C-ship」など、革新的なサービスを推進。

>>詳しいプロフィール・連絡先はこちら
 

婚活の現場で料理の話は、減点採点に陥りやすい

初めてのお見合いで、今回のような反応が男性からあったらビックリしてしまいますよね。わかります。

この返しを男性からされるときは、なるべく自分からできることをメインに話すことがオススメです。

自信満々に話すというわけではなく、「結婚したら私にできる得意分野はこんなこと、もっとこれをできるようになりたい!」というように、返しをポジティブに転換させると、不思議と男性も、「僕にもこんなことができる!」と言ってくれることがあります。

会話の構成でも、相手の返し方が変わる。それでもネガティブな返しや違和感を感じたら、この人は違うなと、新たな出会いにいくことも大切です。

家事や料理は独身のときに例えできなくても、やる気持ちがありそうかを見た方がいいので、深堀して判断材料を沢山集めましょう。
 

できる男がカッコいいわけではない 

婚活のサポートをしていた際によく相談いただいていたこととして、料理をほぼしない男性ってどうなんだろう?という疑問と不安問題。

確かに料理が得意な人の方が共働きするとしたら、助かるしそういう人がいいと思ってしまうのが普通の感覚。

結婚=安定・安心と考えてしまうと、できる男性を自然と選んでしまいます。

人生これまで生きてきて、できないことや苦手なことがやってみたら、少しできるようになった経験ありませんか?

結婚も同じで相手と補いながら、得意なことはお互い違ってもいいし、一生懸命挑戦しようとする人なら、この先変化させることができる男性と見れるので、頑張る意欲があるか見極める。

屁理屈や言い訳ばかりを並べるなら難しいですが、お互いに変われる可能性を会話から掴み取るイメージで。お付き合いする頃には料理を勉強し始めたという男性も少なくありません。
 

自信がない男性こそ磨けば光ることがある

発言だけみると、この人家事も料理もやる気なんてあるわけない!と感じると思うのですが、やる気がなくて共働きなら、働いたらどうやってやるんですか?と価値観として聞いてしまうのはありです。

夫婦のご相談でも多いですが、男性はプロセスよりも結果思考で話をするので、結論から話し出すことが割と多め。そこに女性はイライラしてしまいがち。

男女の受け止め方話し方の違いでもあるので、「自分自身は結婚後も働きたいから男性の協力が必要だと思ってるんですよね」と結論から話してみてください。

そうすることで女性のこうあってほしい未来を知り、男性は家事もできないけど、普段は掃除洗濯はやってるから大丈夫かな。共働きを協力してやること=結果となります。

女性の希望を明確に伝えて反応をみると、返事が変わることがあるので、質問のバリエーションを増やし自分に合った人かを見ることも正しい原石の見つけ方となります。

■私も「こういう男性はどうですか?」と聞いてみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください!(相談は現時点では無料です)

■回答者のプロフィール・連絡先が知りたい!
こちらをご覧ください!

※プロフィールイラスト by せるこさん
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。