お金持ちは何より睡眠を大事にする

以前から、「貧乏を防ぎたいなら、まずは寝なさい!」とお伝えしてきました。睡眠不足は頭の回転を遅らせるうえ、「先延ばしが増えてしまう!」という指摘(1)もあります。
 
逆に言えば、睡眠不足を解消するだけでも頭が冴え渡り、「今すべきことを、ちゃんと今やるようになる」という、成功に不可欠な能力が手に入ります。過去にも「睡眠はお金よりも大事だぞ!」という話をしましたが、それくらい大事ということです。
 
とはいえ、今では欠かせなくなったPCやスマホの画面などを見ていると、「なかなか夜に寝付けない……」という方も多いはず。そこで今回は、ぐっすり眠るための方法をご紹介します。
 
お金持ちも利用している?おすすめアプリとは

無料でできる!睡眠をたっぷり確保するための方法とは

 

PC用無料ソフト:『f.lux』

PC画面から出るブルーライトは、「目の疲れ」や「寝付きの悪さ」につながります。特に、夜遅くまでPCを利用している方は、「なかなか夜に寝付けない……」と悩む方も多いでしょう。
 
そんな方にオススメなのが、『f.lux』という無料ソフト。これは、PC画面のブルーライトをカットするソフトです。僕も5年以上前から愛用しています。仕事柄、PCの画面を眺める時間が長いのですが、f.luxを導入してから目が疲れて悩むことが減りました。
 
また、f.luxはWindowsとMacの両方で利用可能です。両刀遣いの僕としては、夢のようなソフトです(笑)。とてもオススメなので、仕事仲間や妻にも推奨するほどです。
 
はじめは画面が赤過ぎて「気持ち悪い」と感じるでしょうが、すぐに慣れてくるので大丈夫です。赤い画面に慣れてくると、むしろ今度は「元の青い画面に戻れない!」と感じるはずです。
 

iPhone用:『Night Shift』モード

最近は、「PCよりもスマホを使う時間が長い!」という方も増えているようです。そんな方にオススメなのが、(iPhoneユーザーの場合ですが)iOS9.3以降に標準装備されている『Night Shift』モードです。
 
f.luxと同様、iPhoneのNight Shiftモードでは、画面から出てくるブルーライトをカットすることができます。僕も、自分のiPhoneで利用しています。
 
Night Shiftモードは、以下の手順で設定できます。
 
  • STEP1:ホーム画面から「設定」を起動する
  • STEP2:「画面表示と明るさ」を選択する
  • STEP3:「Night Shift」を選択する
  • STEP4:「時間指定」をONにして、色温度を「暖かく」変更する
 
PCと同様、はじめは画面が赤くて動揺するかもしれません。とはいえ、すぐに慣れるのでご心配なく。僕はもう、デフォルトの「赤くない画面」は使えません(笑)。
 

今夜からぐっすり眠ろう!

どちらも便利なので、ぜひ使ってみてください! ちなみに、僕はAndroidを利用していないのでご紹介できませんでしたが、Android用が気になる際は、グーグルで「Android」「ブルーライトカット」と検索してみるとよいでしょう。
 
さらにブルーライトカットを徹底したい方は、「オレンジ色のサングラス」を買ってみるのもよさげです。これを使うことで睡眠の質が高まるのでは? といった研究(2)もあるので、試してみる価値はあるでしょう。
 
僕らに睡眠は欠かせません。人生の「3分の1は睡眠」ですから、質を高めるために工夫してみて損はないでしょう。今日ご紹介したアプリを、ぜひ試してみては?
 
【関連記事をチェック!】

【参考文献】

  1. 記事:Wendelien Van Eerde and Merlijn Vens, 2018, "A Daily Diary Study on Sleep Quality and Procrastination at Work: The Moderating Role of Trait Self-Control", Frontiers in Psychology
  2. 論文:Burkhart Kimberly and Phelps James R., 2009, "AMBER LENSES TO BLOCK BLUE LIGHT AND IMPROVE SLEEP: A RANDOMIZED TRIAL", Chronobiology International, 26(8), pp. 1602-1612
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。