日本人は睡眠時間が足りていません。OECD(経済協力開発機構)が発表した調査(1)によると、OECD加盟国33カ国のうち、日本人の睡眠時間が最も短いことが確認されました。
 
これまで何度か取り上げましたが、睡眠不足は貧乏体質のもとに。お金持ち願望がある方には、「いかなる理由があろうと、睡眠時間だけは確保しなさい!」と言いたいところです。
 
睡眠不足は貧乏体質のもとに!?

睡眠不足は貧乏体質のもとに!?

 

睡眠不足が貧乏につながる2つの理由

睡眠不足が貧乏体質につながる理由は2つあります。第一に、睡眠不足は頭を鈍らせます。わかりやすくたとえるなら、「睡眠不足は酔っぱらいと似ている!」なんて言い回しが妥当でしょう。このことを証明する論文(2)もあります。
 
スタンフォード大学の心理学者、ウォルター・ミシェルの研究(3)によると、「長期的な視点で考える人」と「将来のために今を我慢できる、自制心をもった人」ほど、お金持ちになりやすいことが確認されました。つまり、自制心は金持ち体質の源なのです。
 
「酔っぱらうと自制心が薄れる」ことは、言わなくてもわかりますよね。強力な自制心を手に入れるには、しっかりと寝る必要があるのです。
 
第二に、睡眠不足は先延ばしを増やします。アムステルダム大学の研究(4)によると、「先延ばしの原因は、個人の資質ではなく睡眠不足である可能性が高い」ことが確認されました。
 
「貯金をした方がよいのはわかっているけど、まだ今はよいかな……」なんて、先延ばしにしていませんか? もしそうなら、まず睡眠時間を確保しましょう。悪い癖が、治るかもしれませんよ。
 

十分な睡眠をとって、貯め体質を目指そう!

僕は前々から、「健康維持こそ最強の投資だ!」と言っています。とはいえ、「摂取カロリーを減らせば痩せる!」とわかっていてもつい食べてしまうダイエットと同じで、実践できないのもまた現実なのですが……。

睡眠はお金に直結する大事なエネルギー源です。貯金できずに困っている方は、まずは「寝る時間を1時間早める」ことから試してみては?


【関連記事をチェック!】 
【参考文献】
  1. 調査:OECD(経済協力開発機構), 2019, "Gender data portal 2019 Time use across the world"
  2. 研究:A Williamson and A. Feyer, 2000, "Moderate sleep deprivation produces impairments in cognitive and motor performance equivalent to legally prescribed levels of alcohol intoxication", Occupational & Environmental Medicine, 57(10), pp. 649-655
  3. 論文:Walter Mischel, Ebbe B. Ebbesen, and Antonette Raskoff Zeiss, 1972, "Cognitive and Attentional Mechanisms in Delay of Gratification", Journal of Personality and Social Psychology, 21(2), pp. 204-218
  4. 記事:Wendelien Van Eerde and Merlijn Vens, 2018, "A Daily Diary Study on Sleep Quality and Procrastination at Work: The Moderating Role of Trait Self-Control", Frontiers in Psychology
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。