以前に、『リスクゼロで確実に不労所得を作る4ステップ』という記事を書きました。
 
不労所得の良いところは、なんといっても手間をかけずに収入を得られるところです。ですが、残念ながら不労所得にまつわる間違った知識が横行しています。そこで今回は、投資初心者が不労所得を得るために知っておきたい3つの基本をおさらいします。
初心者が損せず、着実に不労所得を稼ぐには?

初心者が損せず、着実に不労所得を稼ぐには?

 

1. FX・仮想通貨・純金積立は避けるべき

最近はFXや仮想通貨が注目されていますが、どちらも不労所得にはつながりません。これらはいわゆる投機で、「強者が弱者から金を奪う」ことで成り立つビジネスです。
 
同じ理由から、純金積立も投機です。金の価格が上昇し続ける合理的な理由はありません。為替やビットコイン、純金は、どれも需要と供給で動くものなので、所得につながる合理的な裏付けはありません。
 

2. 着実にお金を増やせるのは「債券」や「株式」

一方、不労所得を増やす合理的な方法としては、「債券投資」や「株式投資」が挙げられます。債券投資は、いわゆる「金貸し」です。企業や国にお金を貸し出すことで、お金を増やすことができます。
 
日本で販売されている個人向け国債に投資をすると、最低でも年率0.05%でお金を増やせることが保証されています(1)。ほぼノーリスクでお金を増やせるので、銀行にお金を眠らせておくよりはよいでしょう。
 
一方、株式投資は、元本保証のない「金貸し」です。元本が保証されない代わりに、国債よりも高い利回りが期待できます。
 
株式投資の利回りについては、日本株や米国株を対象とした研究で「年率4~5%でお金が増えたぞ!」というデータ(1)があります。日本国債の利回りが0.05%/年なので、株式投資の期待利回りは、債券の80~100倍ほどといえるでしょう。
 

3. 不労所得の地雷は「不動産投資」

なお、不労所得にまつわる話の地雷として、「不動産投資」があります。REITなどの不動産投資信託をのぞいて、個別の不動産を購入するのはあまりオススメしません。なぜなら、初心者が1つの不動産にお金を投じるのは集中投資で危険だからです。
 
プロ並みの実力者であれば話は別ですが、初心者が集中投資をすると大損するリスクがあるので危険です。それに、集中投資をしている人と比べて、「分散投資をしている人ほど、運に左右されずに稼いでいるぞ!」というデータ(3)もあります。
 

まとめ:株式または債券に分散投資する

ここまでの話をまとめると、「FXや仮想通貨、純金積立では不労所得は得られない!」「不労所得を得るなら債券投資か株式投資がベター!」「初心者は集中投資に手をだすと危険、分散せよ!」という3点に集約されます。

この3点を満たすオススメの投資法が知りたい方は、『確実に不労所得を増やす「投資信託」の選び方』にて詳しく解説しています。本記事と併せて、ご活用ください。
 
 
【関連記事をチェック!】
【参考文献】
 
  1. WEBサイト:財務省, 個人向け国債窓口トップページ, 2019年10月15日時点
  2. 論文:山口勝業, 2016, "株式リスクプレミアムの時系列変動の推計 --日米市場での62年間の実証分析", 証券経済研究, 93, pp. 103-111
  3. 論文:川西諭, 田村輝之, 功刀祐之, 2012, "長期分散投資vs短期集中投資 日経マネー誌アンケートから見えるネット投資家行動の実態", 行動経済学, 5, pp. 152-156
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。