PCをはじめとするIT機器の活用は、うまくすれば生産性の向上や作業効率アップに有効ですが、裏目に出る(操作にまごつくなど)と逆効果。
そこで、「ビジネスに役立つ」ことを念頭にチェックリストを作成しました。
自分自身のIT仕事術レベルを把握し、弱みを強化するヒントにしてください!

=CONTENTS=
■IT仕事術レベルチェックリスト
入力支援スキルアップガイド
画像加工スキルアップガイド
ファイル操作スキルアップガイド
Webブラウジングスキルアップガイド
迷惑メール対策スキルアップガイド
スパイウェア対策スキルアップガイド

IT仕事術レベルチェックリスト

ではさっそくチェックリストです。全部で
10項目ありますので、あてはまる項目の数をカウントしてください。

<入力支援編>
  • コピー&ペーストはショートカットキーを使用している
  • クリップボード監視ソフトでコピー履歴を活用している
  • 親指シフトによる入力をマスターしている
<画像加工編>
  • 画像のサイズ変更、保存形式変更ができる
<ファイル操作編>
  • PDFファイルの分割・結合ができる
  • 2つのフォルダ間でファイルの同期をとることができる
<Webブラウジング編>
  • タブブラウジング機能を活用している
  • RSS機能を活用している
<メール編>
  • 迷惑メールへの対策法を知っている
<セキュリティ編>
  • スパイウェアとは何か、どう対策すべきかを知っている

チェックリストの結果診断

あなたは上記の項目のうち、いくつあてはまりましたか?

<診断結果>

■0~3個:業務を「行う」うえでは支障がなくても、作業効率は低い可能性が。残業が多い、単純作業に多くの時間を割かれるなどに心当たりがあるのでは?

■4~6個:ITを活用して効率的に仕事をする能力は平均以上のものがありそう。どうか現状に満足しきることなく、さらなる効率の追求、仕事の仕方に工夫する視点をキープして。

■7個以上:かなり高いレベルのIT仕事術を身に着けているといえそう。そのスキルとノウハウを是非、同じ職場の人たちの間に教えて、共有していきましょう。


次のページでは、チェックリストごとの弱点リカバリー法をガイドします!