【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。
※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:付き合いたてで楽しい一方で、同じくらい不安もわいてきます

お悩み:付き合いたてで楽しい一方で、同じくらい不安もわいてきます

お悩み:付き合いたてで楽しい一方で、同じくらい不安もわいてきます

■オレンジさん(28歳・一般事務)のお悩み
恥ずかしながら、人生で初めての彼氏ができました。街コンで出会った、同じ歳の彼氏です。
 
いざ彼氏ができてみると、とてもドキドキして楽しい半面、同じくらい不安もわいてきて、動揺しています。
 
「どのくらい連絡したり、会ったりしたらいいのか」「スキンシップはどうしたらいいのか」「いつ倦怠期が来るんだろう」「結婚の話をするのは気が早いのか」など、とにかくわからないこと、心配なことだらけです。
 
付き合いたてのときに、これだけはやっておいたほうがいいことや、逆にこれだけはやってはいけないことなどあれば、ぜひ教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。
 

アドバイス1:恋愛において「絶対的な正解」があるとは思わないこと

アドバイス1:恋愛において「絶対的な正解」があるとは思わないこと

アドバイス1:恋愛において「絶対的な正解」があるとは思わないこと

恋愛成就、おめでとうございます。本当に良かったですね。
 
恋愛は、言うまでもなく相手があって成立するものであり、大前提として忘れないでいただきたいことがあります。
 
それは、何が正解か不正解かは人それぞれバラバラなので、相手とコミュニケーションを取りつつ、正解を探していかないといけないということです。
 
つまり、毎日連絡を取るのが平気な男性もいれば、そうじゃない男性もいる。スキンシップが大好きな男性もいれば、そうじゃない男性もいる、といった具合に、「これをすれば大丈夫」という正解は、人によって違うんですね。
 

アドバイス2:まずは相手の「喜怒哀楽ポイント」を把握すること

その上で、やっておいたほうがいいことと、やってはいけないことについてお話させていただきます。
 
やっておいたほうがいいことは、「相手が何に対して喜怒哀楽を感じるかを聞いておく」ことです。何をすれば喜ぶのか、何に楽しさを感じるのか、何をされたら悲しいのか、何に怒りを感じるのかといったところですね。
 
相手を知るというのは、その人の喜怒哀楽を知ることでもあり、とくに相手が何に対して怒るのかを知っておくと、その人のことが理解しやすいです。なぜなら、相手が怒ることは、真逆のものを人に求めているということだからです。
 
たとえば、「遅刻するやつは絶対に許せない」と言っている人なら、この人が求めているのは「時間厳守」というように。
 
聞き方は、普通に「人にどんなことされたら腹が立つ?」とか「彼女にこういうことされたら嫌っていうのはある?」と聞けば大丈夫ですね。
 
あわせて、オレンジさんの喜怒哀楽も彼に伝えましょう。
 
大切にしてほしいなら、どんなふうに大切にしてほしいのか、嫌なことをされたくないなら、どんなことをされたら嫌なのかをちゃんと伝えておかないと、相手は何もわからないんですよ。
 
もちろん、どれくらいの頻度で連絡してもいいか?と聞いても問題ありませんし、むしろ聞いておいたほうがいいでしょう。言葉なくして、わかり合えることはないんですよね。
 

アドバイス3:「普段の自分」を磨くことが何より大切

アドバイス3:「普段の自分」を磨くことが何より大切

アドバイス3:「普段の自分」を磨くことが何より大切

そして次に、恋愛は相手に対する接し方よりも圧倒的に重要なことがあります。それは、普段の自分作りです。
 
なぜなら、人は結局「今の自分」でしか勝負できないので、できていないことをできるようにごまかそうとしても、できない自分がにじみ出てしまうんですよ。部活の練習でやってないことは、本番で使えないのと同じ理屈です。
 
なので、相手に対して取りたいコミュニケーションがあるんだったら、普段の人間関係を通じて練習しないといけないし、「女子力」を磨くのも大事かもしれませんが、それ以上に「人としての魅力」を底上げする努力が必要なんですね。
 
あと、頭が恋愛一色にならないように、日常を楽しく過ごす工夫をすることも大切。
 
いわゆる「倦怠期」って、相手に対する飽きが原因です。彼氏のことばかり考えて1人でいる時間を楽しむ努力をしない女性は、エンタメ性が足りないので飽きられやすいことは覚えておいてください。
 
それに話題って、普段から作ったり探したりする癖をつけておかないとネタ切れしちゃうんですよね。
 
それから、やってはいけないことの基準として、「友達にしないことは彼氏にもしない」も心に留めておきましょう。

さらに、これは最近彼氏ができたオレンジさんの喜びに水を差すようで申し訳ありませんが、「彼の一番になろうとしない」ことも大切です。
 
付き合っているからと言って、何をしてもいいわけではありませんし、相手には相手の生活や仕事、これまで形成してきた人間関係があるので、彼女の優先順位が常に一番上になることは、残念ながらありえないんですね。
 
そもそも、自分の人生って自分が主役なわけじゃないですか。それは相手も同じで、相手の人生で主役になろうとする女性ほど、自分の人生で主役を張れていないので、恋愛がうまくいきにくいという現実があるんですね。
 
前述したように、日常を楽しく過ごす工夫をしないといけないのは、こういったことも大きく関係しているんです。
 

アドバイス4:「男性はこういう生き物」と決めつけないこと

続いて、憶測で決めつけないことも大切。恋愛がうまくいかない女性がかならずといっていいほどやってしまいがちなのが、これなんです。
 
その理由として、恋愛指南書やコラムに書いてあることを真に受けて、彼氏のことを「男性」というたった1つの枠に当てはめて、ひとくくりにして見てしまうのが大きな原因ですね。
 
何が正解か不正解かは人それぞれバラバラですし、ただ、性別が男性、女性であるというだけで、世の中に出ている情報にすべて当てはまるわけがないんですよね。
 
あれだけ統計が取れている血液型占いだって、4種類もあって当たり外れがあるので、「男性はこういう生き物」という情報って、当てにならないんです。
 
僕たちは、生きてきた環境や、これまでの人間関係、そこで根付いた価値観や考え方など、同じ人はまったくいないので、オレンジさんが自分の目と耳で見て聞いて、彼の人となりを判断してください。
 

アドバイス5:恋愛は人間関係の延長でしかない

以上になりますが、恋愛はただの人間関係の延長であり、その延長線上に恋心があるだけなんです。なので結局は、「人対人」でしかないんですよ。
 
恋愛上手な女性って、恋愛のやり方がうまいんじゃなくて、自分の時間を大切にし、「人として」の部分を忘れず、相手を尊重しつつ関係性を深めていってるんですね。
 
「これは恋愛だから」と頭でっかちになって難しく考えすぎず、彼と円満な関係を形成できるよう、頑張ってみてくださいね。お幸せに!

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.ちょっとモメるとすぐ「ごめん」と謝る彼氏に腹が立ちます
Q.彼氏の元カノにどうしても嫉妬してしまいます
Q.彼氏と順調すぎて、たまに不安になります

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。