いいアイデアが浮かばない、やらなければいけないことが多すぎてどれから手をつけたらいいのかわからない……。仕事でもプライベートでも、頭のなかがゴチャゴチャになることは少なくありません。

今回は、思考の整理や斬新なアイデアの発想を支援するアイデアプロセッサ、iEditを紹介します。

=CONTENTS=
■脳の強力な味方 アイデアプロセッサとは何か?
iEditはこうして使う
目的別 iEditの実践的活用法


脳の強力な味方 アイデアプロセッサとは何か?


アイデアプロセッサとは、文字通りアイデアをカタチにすることを目的としてつくられたフリーソフト全般を指すジャンル名です。

たいてい、仕事などで企画書や計画書、スケジュールの作成をしていて行き詰まるのは、頭のなかに散らばった細かい考えを“わかったつもり”になっていきなりまとめようとするとき。(私も記事を書くとき、そういう状態に陥ることがよくあります……)

ならば、あらかじめアイデアプロセッサで頭のなかの小さなアイデアや考えをすべて目に見える形で出し切ってしまえば、あとの作業がずっと楽になるはず。

iEditは、アイデアをメモした付箋紙をペタペタとノートに貼り付ける要領で考えを自由に書き出すことができます。

そのアイデア同士を線で結ぶことで、バラバラなアイデアを束ねて1つの大きなテーマに沿った考えにまとめていきます。

iEditメイン画面
アイデア同士の相関関係を明らかにして、自分の考えの全体像を浮き彫りにできる

仕事だけでなく、プライベートでも旅行や貯蓄、買い物、引越しなどの計画を立てるときに重宝します。結婚式や部屋の模様替えなどのアイデア出しにも使えますね。

次のページでは、iEditの基本的な使い方をマスターしましょう。