恋人とは結婚し、子どもも1人か2人は授かれたらと思っています

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は過去に自己破産をしたものの、生活を立て直して収入もアップしたという26歳の自営業の女性。彼氏との同棲をする予定ですが貯金もないため将来が不安とのこと。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★

 
同棲を予定していますが自分も彼氏も貯金が少ないのです

同棲を予定していますが自分も彼氏も貯金が少ないのです




■相談者
おもちさん(仮名)
女性/自営業・自由業/26歳
大阪府/借家
 
■家族構成
一人暮らし
 
■相談内容(原文まま)
お恥ずかしい話ですが、2年前に散財により生活が立ち行かなくなり自己破産をしました。そこからは生活を立て直し、収入もアップ、現金のみで生活しています。ボーナスは今年からで、見込みの額ですが、夏は70万円支給。現在26歳ですが、厚生年金は大学卒業後の2年のみ、そこからは国民年金で2年間は全額免除、今年から会社役員にもなったので、厚生年金が始まりました。

現在一人暮らしですが、今後、恋人との同棲を予定しており、引っ越しします。その引っ越し費用と、親への生活資金返済、仕事道具のパソコンの買い替えのために、貯金と夏のボーナスはほぼなくなる見込みです。その後、家賃支払額は今の半分くらいに、親への返済もなくなるのでより貯金ができる予定です。恋人とは結婚をし、子どもも1人か2人は授かれたらと思っているのですが、相手の給与が手取り20万円もなく、貯金もないので将来がとても不安です。いずれはマイホームを持ちたいという夢もあります。

将来のためにとFPさんに相談し、変額保険(月2万2000円)にも入りましたが、必要だったのか、貯金はこれからできる算段ですが、いつまでにいくら貯めるべきなのか、年金受給額が少ないが、それを補うためにどうすべきか(iDeCoも検討しています)、相談にのっていただけると助かります。

細かい数字を、すべては把握できていないですが、1年間の収支予定表と1カ月の収支表を都度スプレッドシートで作成・入力するようにしており、今年は12月末での貯金総額が80万円以上には必ずなるように毎月の支出を調整しています。
 
来年は、特に大きなライフイベントがなければ、返済やPC買い替えなどがなくなり、生活費も折半になるので200万円が貯金目標です。目標貯金額を達成できるのであれば、余った分で旅行したり買い物をしたりしています。
 
いろいろな目標の立て方や方法を試してきて、この方法が一番ストレスなく確実に貯められると思っております。この目標設定でいいのか、いつまでに、どれくらい貯められていればいいのか、主にお伺いしたいです。私自身、今後、数年以上ローンを組んだりすることはできないので、手持ちのお金は多く持っておきたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

■家計収支データ
相談者「おもち」さんの家計収支データ

相談者「おもち」さんの家計収支データ



 
■家計収支データ補足
(1)収支について
両親からは総額25万円借りています。月々の返済はありませんが、返済のために10万円積立をしていました。現在は、夏のボーナスとこれまでの積立で完済しました。手取り月収に10万円ほどの幅があるのは、役員とフリーランスを掛け持ちしているため。今のところ、手取り月収は、30万円台と40万円台が、だいたい交互です。
 
(2)お仕事について
今年度から会社役員にもなりましたが、個人事業主として数年前より仕事をしております。
 
(3)教育費について
教育費1万5000円は、英会話教室のレッスン料。
 
(4)趣味娯楽費・雑費について
趣味娯楽費と雑費は5万円くらいまで変動します。主にライブのチケットや洋服、理美容に使います。普段、家に引きこもってずっと仕事をしているので、たまの旅行やライブはリフレッシュも兼ねており、使うお金は今以上は増えることはないですが、削る予定はありません。年間払いのものや仕事で利用する書籍購入などもあるので、トータルで年間15万円ほどかと思います。
 
(5)ボーナスの主な使い道の例
・引っ越し費用:22万円
・親への生活資金返済:15万円
・パソコン買い替え:22万円
・貯金:40万円
・旅行:15万円
※今年は海外に行くことが決まっています。総額25万円で貯金から一部捻出。来年以降は未定ですが、ライブ遠征もすることが多いので10万円くらいになると思います。
 
(6)加入保険について
・本人/医療保険=毎月の保険料4561円
・本人/死亡(変額)保険(終身タイプ、80歳満期、病気死亡・高度障害2000万円、世界株式信託)=毎月の保険料2万200円
※変額保険は10年間解約金がかかるので、それを待ってタイミングをみて払い済みにする予定ですがどうでしょうか? 現在だと15万円近く支払済、戻り金は0~数千円です。
 
(7)今後について
同棲した場合、家賃や生活費は折半する予定です。付き合っている彼は30歳で現在転職先を探しており、年内には転職できればと思っています。結婚後、子どもが産まれた場合、会社役員とフリーランスでの仕事は続ける予定です。1年間、産休育休は取ろうかなと思っています。両親は遠方、義両親は亡くなっていたり、仕事の関係で難しかったりするので、基本的には幼稚園などの預かり時間の短い施設を利用すると思います。マイホームの購入は、7年後くらいに一戸建て・予算4500万円くらいでと考えています。両親から1000万円の援助がある予定です。
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 生活の立て直しが図れてGOOD。今が貯めどきと思って
アドバイス2 将来の子どもの教育費も住宅購入も大丈夫
アドバイス3 変額保険は傷が浅いうちに解約するのがベスト
 

アドバイス1 生活の立て直しが図れてGOOD。今が貯めどきと思って

よく生活を立て直されました。いろいろご事情はあったのでしょうが、同じ過ちを繰り返さないと心に誓っていることでしょう。前向きに、いろいろなライフプランを予定されていますが、今の調子のままであれば、問題なくクリアできると思います。
 
まず、年間の貯蓄目標を200万円としているのは、とてもいいことだと思います。でも、おもちさんの収入であれば、もっと貯蓄ができるはずです。
 
収入を平均で月42万円、支出は平均で約月26万円とすると差し引き16万円の黒字です。さらにボーナスから約半分の60万円を貯蓄に回すと、年間で約250万円貯蓄できることになります。250万円を毎年貯金できれば、20年間で5000万円は貯蓄できることになります。
 
目標の立て方や貯蓄の管理の仕方は、おもちさんがやりやすい方法でいいと思いますが、目標達成するコツは、毎月の貯蓄額とボーナスからの貯蓄額をあらかじめ決め、先取りして貯蓄することです。特に、おもちさんのように、収入も支出も月ごとに変動がある場合、残ったら貯蓄では計画倒れになりますし、支出の変動の原因にもなります。先に貯蓄してしまえば、残ったお金は自由に使っていいのですから、管理もしやすくなるでしょう。
 
おもちさんの場合なら、毎月15万円、ボーナスから少し頑張り70万円で年間250万円達成です。ムリに切り詰めなくてもできると思いますので、頑張ってみてください。それでも余力があれば、残った分もしっかり貯蓄してください。今が貯めどきです。
 

アドバイス2 将来の子どもの教育費も住宅購入も大丈夫

さて、ここからは、少し先の話になります。まずは結婚し、お子さんが生まれたときの教育費です。高校まで公立で大学は私立という場合で、子ども1人につき1000万円前後、2人なら2000万円は用意しておきたいものです。高校から私立と考えれば2人で2500万円弱を意識しておきましょう。
 
でも、先の計算で、今後20年で5000万円貯められる力があるので、お子さんが大学を卒業される頃には、教育費を差し引いても2500~3000万円程度は残る計算になります。
 
また、7年後を目途に住宅購入をとのことですね。親御さんから1000万円、ご自身が500万円を頭金として用意できるので、3000万円ぐらいの住宅ローンは組むことができるでしょう。7年後には、おもちさんは33歳。ローンの完済の年齢を考えると、長くても30年返済で考えてください。金利がどうなっているかですが、1.5%程度とすると、毎月の返済額は約10万3000円。その時点で、結婚されて夫となる人と、どう負担するかにもよりますが、現在の住居費が8万円強ですから、それほどの負担増ではないでしょう。
 
また、今後、結婚したら、生活費は折半するとのことですが、ここまでの計算は、おもちさんひとりの、現在の収支で試算しているものです。もし生活費を折半できるのであれば、その分は確実に貯蓄に上乗せできますから、最終的に残る資産としては、もう少し多くなるでしょう。
 
出産、子育てで仕事のペースも変わり、収支に変化があると思います。産休、育児休暇で給付もあると思いますが、子育て期間中の収入減に備えるためにも、今の貯めどきは逃さないでくださいね。
 

アドバイス3 変額保険は傷が浅いうちに解約するのがベスト

最後に保険についてです。変額保険なので、最終的に、契約を継続したほうがよかった、となる可能性はありますが、毎月2万円以上の保険料をあと10年払い続けるのがいいかといえば、傷が浅いうちに解約することをおすすめします。今なら、15万円の払い込みで済んでいますが、今後240万円もの保険料を払うことになり、最終的な受取額はどうなるかわからないわけです。10年で、損を重ねていく可能性も大きいのです。
 
その浮いたお金を貯蓄に回したり、将来子どもが生まれた場合に、死亡保障2000万円程度の割安な掛け捨ての定期保険に加入してほしいと思います。医療保険は、現在加入のままでOKです。
 
iDeCoへの加入もいいと思います。ただ、今は貯蓄がないので、数百万円程度貯まってからでも遅くはありません。老後資金として、ということもありますが、おもちさんの場合は、節税効果が高いので、掛金全額が所得控除になるiDeCoへの加入はおすすめです。
 
いろいろとつらいこともあったと思いますが、これからのライフプランをしっかり立てて、計画的な貯蓄に取り組んでください。おもちさんなら、大丈夫ですよ。
 

相談者「おもち」さんから寄せられた感想

詳しくアドバイスをいただけ、大変嬉しいです。一人でも老後まで今のところは問題がないということで、とても安心しました。貯金はしっかり働ける間に増やしたいので深野さんのアドバイス通り、年250万円を目標に頑張ってみます。変額保険については不安があるので早めに解約・貯金し、今後はiDeCoと定期保険への加入を検討したいと思います。漠然とした不安がありましたが、気持ちが晴れました。本当にありがとうございました。


★「お金の悩みを解決!!マネープランクリニック」の過去記事はコチラへ
★「お金のことで悩む人に、貯金のコツを伝授!貯蓄達人の貯めワザ」はコチラ

教えてくれたのは……
深野 康彦さん
  
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/伊藤加奈子


【関連記事をチェック】
25歳会社員、結婚しました。10年後に5000万円の家を買いたい
26歳、転職して月収は13万円に。貯金残高が200万円を超えません
23歳会社員、借金が80万円以上。ローン返済しながらゼロから貯蓄したい
28歳独身、月収13万円。老後の生活が不安です
29歳会社員。派遣の彼が「主夫」になった時の注意点は
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。