家計をやりくりしているのは妻? それとも夫?

カンザス州立大学の研究(1)によると、離婚の前触れとなる一番の要因は「金銭感覚」の不一致」なのだとか。
 
夫婦の形は十人十色。人によって様々な形があります。とはいえ、あらゆる夫婦に関わるのがお金の問題。いわゆる家計です。だからこそ、「家計をどうやって管理するか?」を明確に決めておくことが大事です。
 
たまに、「家計管理をパートナーに丸投げしている」方を見かけます。お金のプロから見ると、家計を他人任せにすることは良いとは思えません。家計管理をパートナーに丸投げしていると、小さな問題(のちのち大きくなる問題)に気づくことができないからです。
 
そこで今回は、女性の視点から「夫に家計管理を丸投げする」ことの危険性を解説していきます。
 
(男女の金銭感覚の違いについては、コチラの記事がオススメです。)
 
夫に家計管理をまかせると危険なワケとは

夫に家計管理を丸投げすると危険なワケとは

 

夫に家計管理を任せると……ずさんになりがち?

夫に家計管理を丸投げすることの1つ目の問題は、「家計管理がずさんになりがちだ」という点です。
 
BearTailが2015年に実施したインターネット調査(2)によると、女性と比べて男性は家計簿を付けない傾向があることが確認されました。全員がそうという訳ではないでしょうが、平均的な男性は、「女性よりも貯蓄に対する意識が低い」ようです。
 
家計管理を夫に丸投げしてしまうと、定年してから突然「貯金が足りなかった……」なんて話を切り出されるかもしれません。そうならないために家計を守るのは、あなたの役割です。
 

リスクを取りすぎて失敗する可能性も

夫に家計管理を丸投げすることの2つ目の問題は、「男性は必要以上にリスクを取ってしまう」傾向がある点です。日本証券業教会の調査(3)によると、男性は女性と比べて資産運用に積極的なようです。
 
資産運用には良い面も悪い面もあります。良い面は、景気が良くなるとお金が増える点です。悪い面は、景気が悪くなるとお金が減る点です。
 
男性は女性と比べてリスクテイクを恐れません。その影響で、リスクを取りすぎて「資産運用に失敗し、お金を減らしてしまう」場合があります。
 
資産運用を夫に丸投げしていると、「実は資産運用で失敗して、こんなに損をしてしまった」なんて話が出てくるかもしれません。夫の暴走を止められるのはあなただけですので、しっかり監視した方がよいでしょう。
 

お金は2人で管理するのがベスト!

かくいう僕は男ですが、自分自身を振り返ってみても、妻と比べてサイフの管理がずさんだと思います。そこで、我が家では妻に協力してもらい、家計を監視してもらっています(笑)。
 
過度にパートナーを疑う必要はありません。とはいえ、「任せきりにする」のも問題です。夫婦の財産は、あなたの財産でもあります。パートナーに任せきりにせず、2人で上手に管理できるようになるとよいですね。
 
【関連記事をチェック!】  
【参考文献】
 
  1. 論文:Feffrey Dew, Sonya Britt, and Sandra Huston, 2012, “Examining the Relationship Between Financial Issues and Divorce”, Family Relations Interdisciplinary Journal of Applied Family Science, 61(4), pp. 615-628
  2. 調査:BearTail, 2015, "男性の家計簿に関する調査2015年1月 家計簿つける男性は25.7%"
  3. 調査:日本証券業協会, 2018, "個人投資家の証券投資に関する意識調査報告書"
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。