どんな目的でPCを使うにせよ、避けて通れないのが「コピー&ペースト」ですよね。
誰もが使うこの操作、実はいちばん操作効率に差がつきやすいんです。

今回は、フリーソフトの紹介も兼ねつつ、テキストのコピー&ペースト(略してコピペ)を徹底的に使いこなす方法を紹介します!

=CONTENTS=
■[Hop]高速コピー&ペーストをマスターする
[Step]リッチテキストの余分な情報はこれでカット
[Jump!]クリップボード監視ソフトでコピペの鬼になる


[Hop]高速コピー&ペーストをマスターする

まず、フリーソフトのことはひとまず忘れて、通常のコピー&ペースト操作をすばやく行うことからはじめましょう。

PCでテキストをコピー&ペーストする方法には何通りかありますが、ガイドがいちばんカンタンで素早く操作できると思えるのはやはり、「Ctrlキーを使ったショートカットキーによる操作」です。

<ショートカットキーによるコピー&ペースト>
  • コピー……Ctrl+C(同時押し)
  • ペースト……Ctrl+V(同時押し)
コツとしては、Ctrlキーは押しっぱなしにしておくことでしょうか。そのままCとVのキーを素早く押し変える練習を何度かすればじきに指が慣れてきます。マウスの右クリックメニューで「コピー」「ペースト」といちいち選んでいた人は、あまりの操作効率アップに驚くことでしょう。

⇒参考記事「Windowsの使い方」ガイド酒井 雄二郎氏による「ショートカットキーのこれだけは」

[注意]
ショートカットキーが有効かどうかはソフトごとに異なります(だから、Ctrl+Cを押してもコピーが行われないソフトもあります)。が、WindowsやマックOSではほとんどのソフトがこの方法を採用しているので、よほどマニアックなソフトを使うときでなければ問題ないはずです。

次のページでは、Webサイトやワード、エクセルの情報をコピーしたときにテキストだけをペーストする方法を紹介します。