カメラ機能搭載の携帯電話の普及にともなって、宴会やパーティなどではみんなが携帯電話を掲げて記念撮影しあうという光景がすっかり定着しましたね。

でもデジタル画像がPCにどんどん溜まっていく反面、
「あの画像、どこに保存したか忘れちゃった」
とPCのフォルダを片っ端からチェックするのに膨大な時間を費やしたり、画像加工ソフトの使い方がわからずにイライラしたり、
「あの画像データ、送って!」
と友人から頼まれてもメールへ画像を添付するのに手間取る、画像データが大きすぎてメールで添付しては送れない……という事態に陥っていませんか?

ここでは、そうした不便を一挙に解消してくれる画像管理ソフト「Picasa」を紹介します!
⇒「Picasa」のダウンロードは公式サイトから

=CONTENTS=
■「Picasa」ひとつでここまでできる!
新機能!「Picasa ウェブ アルバム」で画像を共有


「Picasa」ひとつでここまでできる!

「Picasa」は高機能な画像管理ソフトです。単なる管理に留まらず、データの編集や他のアプリケーションとの連動などをシームレスに実現している点が特徴といえるでしょう。以下に代表的な機能を紹介します。

起動画面
「Picasa」のメイン画面。左右で2つのペインに分かれており、左ペインは時系列で画像フォルダ一覧を表示。右ペインには左ペインで選択したフォルダの画像一覧が表示される。画像を選択して画面右下に配置されたアイコンをクリックするだけで、メール送信や印刷などの処理が可能だ

■PC内の画像をすばやく整理/検索して画面に表示できる

インストールした「Picasa」を初回に起動すると自動的にPC内の画像ファイルが読み込まれ、以下のように一覧表示されます。デフォルトの設定では時系列に沿ってフォルダが表示される点が特徴的で、いつごろ保存した画像データなのかを覚えていればすばやく画像を探し出すことができます。
画像ごとにコメントをつけることもできるので、いつどこで撮影したものかなど画像の情報を付け加えておけば後から見ても困惑しないですみます。

■クリック1つで画像をメールに添付して配信可能

画像を選択して画面右下の「メール」アイコンをクリックするだけで、その画像を添付したメールが作成・配信できます(初回のみ、メーラーの選択など設定が必要です)。
この機能を使えば、画像一覧を眺めながら
「あ、この画像、メールであの人に送りたい!」
と思った瞬間にすぐ画像添付済みのメール作成に取り掛かれますよ。

■画像の編集が可能
「Picasa」は画像を管理するだけでなく、強力な編集機能を搭載しています。画像の部分切り抜きや傾きの補正はもちろん、赤く映ってしまった目の色を修正したり、明るさやコントラストの調整も可能。セピアやモノクロに変換するといった特殊効果までカバーするので、いちいち別の画像加工ソフトを起動して作業する必要がありません。

■レイアウト指定して画像を印刷できる

画像を選択して「印刷」アイコンをクリックすると、「Picasa」から直接プリンタの選択やレイアウトを調整して直接、画像をプリントすることができます。1枚のプリンタ用紙に同じ画像を2分割、4分割、8分割……と分割して印刷する設定が可能なので、集合写真を1枚のプリンタ用紙に印刷してみんなに配る……といったことがカンタンにできます。

■オンラインでプリント注文ができる

自宅用プリンタでの印刷には限界がある、やはりプロの手でしっかり印刷した写真が欲しい……。という方にオススメなのがこの機能。「Picasa」で画像やフォルダを選択して「オンラインで注文」アイコンをクリックすれば、印刷業者にデジタルプリントの注文を出すことができます(業者の選択などは初回にこの機能を使うときに設定します)。

このほかにも、ブログへの画像アップロードやコラージュの作成(下の画像参照)など、「Picasa」だけで実現できる機能が満載です。

コラージュ
「コラージュ」機能を使うと、指定したフォルダの画像から自動的にこうしたコラージュを作成できる。ちなみに映っているのはガイドが飼っている動物たち

このソフトは、
「画像を加工したり印刷したりするたびに別のソフトを起動するのは面倒」
という人には特にオススメできます。また、画像ソフトは処理が重く、ほかのアプリケーションを一緒に使うとPCの動作がもったりするのが半ば当たり前という感がありますが、「Picasa」は驚くほど動作も軽快。ほかのアプリケーションの操作を妨げません。

次のページでは、2006年12月7日に日本語版「Picasa」に搭載されたばかりの新機能、「Picasa ウェブ アルバム」でWeb上で画像を友達と共有する方法について解説します!