子どもが希望するなら習い事も中学受験も、できるだけのことはしたい

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、額面上の収入は多いものの夫の仕事関係の支出の立て替えなどがあり、上手に家計管理ができないと悩む35歳の会社員女性。子どもはできれば3人目を出産希望。子どもが希望する習い事はやらせてあげたい、本人の希望しだいだが中学受験も検討しているというえむさんの相談に、ファイナンシャル・プランナーの畠中雅子さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★

 
子どもが希望する習い事はやらせてあげたい、私立中学にもいかせたい

子どもが希望する習い事はやらせてあげたい、私立中学にもいかせたい


 
■相談者
えむさん(仮名)
女性/会社員/35歳
東京都/持ち家(一戸建て)
 
■家族構成
夫(会社員/35歳)、子ども(6歳、0歳)
 
■相談内容
貯金がなかなか貯まりません。主人は出張が多く、交通費などをカード払いにし同行者の交通費なども負担しているので毎月のカードの請求額が20万円前後になります。経費精算しているとはいえ、カードの締め日と会社の精算日にずれが生じるため、毎月貯金から足りない分を補填し、会社から振り込みがあれば補填した金額を貯蓄用の口座に戻すという繰り返しです。

また、月に2~3回飲み会やゴルフ交流会などがあり、そのたびに1万~1万5000円の費用が発生しているので、貯金額を定めているとはいえ実際には貯金できていないに等しいです。主人と相談するも交際費を抑えるのはなかなか厳しいようです。

また、来年あたりに3人目を希望しておりますが、2人とも不妊治療で授かり3人目も同様に治療して臨むことになるので、多く見積もって20~30万円は必要になってくるかと思います。このことも踏まえアドバイスいただけますと幸いです。

■家計収支データ
相談者「えむ」さんの家計収支データ

相談者「えむ」さんの家計収支データ



 
 
■家計収支データ補足
(1)収支について
収支の差額分については、貯金7万円、持株会3万円、夫の飲み会など2~4万円。夫の交際費(飲み会代や交際費)は、家族の小遣い6万円に含まれていない。夫の給与は、順調にいけば45歳くらいまでは年50万円前後増収となる見込み。私は復帰した場合、時短勤務の利用で手取り約16万円ですが、2人目が持病があり復帰後1年間は入通院を繰り返すため、休みがちになりそうなので収入は下がりそうです。
 
(2)住宅費について
現時点で住み替えの予定はない。4年後に株を一部売却して500万円の繰り上げ返済予定。
 
<ローンについて>
借入時期:2014年
物件価格:4400万円
頭金:100万円
借入期間:35年 
金利:変動:0.775%
毎月の返済額+固定資産税月割:12万5000円
 
(3)車両費について
1台です。ローンを組んでおります。借入額は237万円(6月時点で残高180万円)で月々8700円、ボーナス払い5万円です。ただポイント還元により毎月7500円前後の金額を支払っている。残価設定制度の利用で2021年4月に残り146万円を一括返済もしくは再ローンを組むか決めなくてはいけないが、そのタイミングで新車に乗り換えるかもしれない。いいなと思っている車は800万円くらいするため、予算的に厳しいので再ローンを組んだ方がいいだろうなと思っている。
 
(4)加入保険について
♢本人
・共済(病気死亡100万円、入院5000円、女性特定疾病+3000円)=毎月の保険料2000円
・共済(生命保険 死亡300万円、がん特約)=毎月の保険料1870円

♢夫
・生命保険(利率変動型積立(払込期間 終身)、特定生活障害年金(60歳払い済み、年金年額80万円)、終身保険(60歳払い済み、死亡保障500万円、医療特約入院日額5000円付き)=毎月の保険料1万5728円
・医療保険(終身タイプ、終身払、入院日額7000円)=毎月の保険料3031円
・団体総合(傷害保険 死亡200万円、入院日額2000円、通院日額1000円)=毎月の保険料620円
・生命保険(終身タイプ、43歳払い済み、死亡保障300万円 ※1人目の学資保険として)=毎月の保険料1万311円
 
♢子ども
・1人目:共済(病気死亡100万円、入院日額6000円、通院日額2000円)=毎月の保険料1000円
・2人目:共済(病気死亡100万円、入院日額5000円、通院日額2000円)=毎月の保険料1900円
※既往歴ありのため保険料が1人目より高い。

その他の保険もあるが省略。

(5)児童手当について
ほぼ手をつけていない。

(6)勤務先について
退職金制度はない。
 
(7)教育費について
教育費の内訳は、給食費5000円や習い事代。教育費にお金をかけすぎなのは自覚しておりますが、やりたいと思っていることには我慢させずやらせたいなと思っております。また、職場に復帰して第2子を保育園に預けた場合、保育料が4万5000円になる見込みです。復帰すると家計が益々厳しくなりそうです。進路についても、3人とも大学まで進学予定。3人とも中学受験を考えていますが、本人の意向次第かなと思っている。
 
 
■ファイナンシャル・プランナー畠中雅子の3つのアドバイス
アドバイス1 早急に家計の見直し、意識改革が必要
アドバイス2 夫の経費は専用のカードや口座を作り切り分けて管理
アドバイス3 教育費は大学までを見通して、いまかけられる金額を考える
 

アドバイス1 早急に家計の見直し、意識改革が必要

世帯月収は多くても、ボーナスがない家庭は特別支出への備えができないため、思うように貯蓄が増えないケースも少なくありません。まさに、えむさんの家計もその状態。毎月7万円貯めているからと思うかもしれませんが、子どもが小学校低学年くらいまでは貯めどき。しかも共働きですから世帯収入の2割程度、できればえむさんの収入は全額貯蓄するくらいを目指してほしいものです。
 
また家計管理の原則として、住宅以外のためにローンを利用してはいけません。車はキャッシュで買うものと考えるようにしましょう。現在の車は現状のままで仕方がないとしても、次回は必ず現金で購入してください。いまの車に13年乗って、それまでに貯められたお金の範囲で購入する車を決めるくらいの意識改革が必要です。
 
支出内容を見ていて気になったのが、夫の死亡保障額です。保険の内容を見ると、死亡保障は合計しても1000万円しかありません。貯蓄が少なく、お子さんも小さいですから、これでは万が一のことがあったとき不安ではありませんか。加入している生命保険は解約して掛け捨てにすれば、3000万円の死亡保障で保険料は月5000円前後で収まるはずです。差額の1万円は貯蓄に回してください。
 

アドバイス2 夫の経費は専用の口座とクレジットカードを作り切り分けて管理

家計管理がうまくできない原因のひとつが、夫の経費の立て替えにあります。立て替えたお金と家計費が混在するとお金の流れがわかりにくくなり、家計管理があいまいになりがちです。そこで経費用の銀行口座とクレジットカードを作り、家計費と立て替え金は切り分けて管理しましょう。現在の貯蓄から平均的な1カ月の立て替え金分を専用口座に移し、その金額内で立て替え金の精算ができていれば、立て替え金を家計とは切り離せると思います。
 
また、夫の交際費は家族の小遣いに含まれていないとのことですが、これから教育費など支出が増える時期になります。交際費も含めて小遣いの中でやりくりするよう、夫にも協力してもらってはどうでしょう。2人または3人分の教育費や老後資金を確保するためには、あきらめなくてはいけないこともあるという現実を夫婦で共有する必要があります。
 

アドバイス3 教育費は大学までを見通して、いまかけられる金額を考える

子どもは中学受験を考えているとのことですが、大学費用の準備ができていない状況で中学受験をするのはマネープラン的にはとても危険です。というのも私立中学は助成制度がないため、私立高校と比べてかなり負担が大きいです。しかも中学受験をする場合、一般的に小学校4年生から塾へ通うことになります。4年生のときは現在の習いごとの費用を充てれば間に合いそうですが、5年生は年間80万円、6年生になると120~150万円程度かかります。これを家計費から支出しようとすると、貯めるお金が少なくなって大学費用を準備するのが難しくなるのです。
 
高校生になると就学支援金の制度によって、私立であっても多少費用は抑えられますが、所得制限があるので、もしかしたらえむさんのご家庭は対象外になる可能性もあります。またそのころには第2子が中学受験期を迎え、教育費がかかるようになります。ですから、第1子が中学の受験準備を始めるまでに全員分の大学入学時の費用程度は用意できていないと、その先は余裕がなく、結局、大学は奨学金を利用することになる可能性があります。実は最近、私立中学に進学した結果、大学時代はほぼ奨学金でまかなうようなご家庭が増えているのです。
 
3人目の出産をご希望とのことですが、できれば早めにすることをおすすめします。というのは、60歳の定年までに第3子も大学を卒業していてほしいから。また保育料も同時在園だと、第2子の保育料は半額(※)になるので、第2子とは年齢差が少ない方がメリットはあります。

※国の基準、自治体によって割引の考え方は異なる
 
まずは、足元の家計をきちんと整理して収支を明確にすることが第一歩。次は「いつ」「いくら必要か」を整理して、中学受験や高額な車の買い替えが実現可能かどうかを考えてみてください。
 

相談者「えむ」さんから寄せられた感想

アドバイスありがとうございました。やはり足元の家計をしっかり見直すことが大切だと改めて実感いたしました。夫婦でよく話し合い、削るべきものは削り私の収入を全額貯蓄できるよう見直しを行い、早急に大学費用の準備を行いたいと思います。

★「お金の悩みを解決!!マネープランクリニック」の過去記事はコチラへ
★「お金のことで悩む人に、貯金のコツを伝授!貯蓄達人の貯めワザ」はコチラ


教えてくれたのは……
畠中雅子さん
 
 

 

ファイナンシャル・プランナー。大学時代からフリーライターとして活動し、出産後にマネー分野を専門とするライターとなりFP資格を取得。新聞・雑誌・WEBなどに多数の連載やレギュラー執筆を持つとともに、セミナー講師、講演などを行う。「教育資金作り」「生活設計アドバイス」「住宅ローンの賢い借り方、返し方」「オトクな生命保険の入り方と見直し方」などのテーマを得意としている。近著に『ラクに楽しくお金を貯めている私の「貯金簿」』『貯金1000万円以下でも老後は暮らせる!』『50歳からのハッピーリタイア準備』など


取材・文/鈴木弥生

【関連記事をチェック】
32歳貯金880万円。住宅購入、出産…。支出が増えても家族を養っていける?
36歳、貯蓄140万円。このままでは教育費、老後資金が心配です
31歳貯金360万。住宅ローンと学費、老後資金が心配
37歳貯金140万。子ども2人を中学から私立に入れたい
39歳貯金107万円。夫とは意見が合わず「財布が別」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。