早期退職をして趣味のゴルフを楽しみたいと考えています

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、早期退職をしてゴルフを楽しみたいと考えている55歳の会社員の方。これからどうするべきかファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★

 
早期退職してゴルフを楽しみたい

早期退職してゴルフを楽しみたい




■相談者
ナイスショットさん(仮名)
男性/会社員/55歳
関西/借家    
 
■家族構成
母(80代)、  妻(会社員・46歳)  、息子(大学生・19歳)
 
■相談内容(原文まま)
心臓を患い無理をしたくないため早期退職を検討しています。ドクターストップがかからない限り、今年度いっぱいは勤務し、その後2年間休職し、退職しようと思います。休職中の2年間は、休職手当が年収の80%出ます。2年後に退職したときの退職金は約420万円です。65歳から年金をもらう予定です。年金(国民年金と厚生年金の合計額)は、65歳で月19万円台(妻が65歳になるまでの9年間)、74歳からは16万円台になります。2年間の休職、退職後は、無理のない範囲でアルバイトするなどして、65歳の年金支給までの7年間を過ごすことを考えています。人生設計をするうえで、それが可能、妥当か教えてください。

現在の住居の賃貸住宅は家族4人で19万円の支出はやや高めだと思っていますが場所が良いのでもうしばらくここに暮らすつもりです。

息子が大学を卒業して就職した場合、その場所にもよりますが、同居ならば生活費を協力させます。遠方ならば、息子は一人暮らしになるでしょうし、そうしたら妻の勤務先の近くに転居するつもりで(私は休職か退職していることを想定)、家賃は15万円以下に抑えるつもりです。妻は現時点では65歳までの定年退職まで働くつもりと話しています。普通に生活するだけなら、アクシデントさえなければ十分やっていけると思っています。

ご相談したいのは、支出の「趣味」の欄に15万円とあるように、私自身の趣味で使用する額が高いことです。理由は、ゴルフが好きで今でもそうですし、早期退職する理由もそこにあります。車の使用度が高いのもそうした理由です。心臓疾患はあるものの、無理のない範囲ですることは、医師とも相談して可能なことを前提に考えています。ゴルフは競技ゴルフを考えています。

55歳からは、「シニア」の部門でアマチュアの競技に参加できます。今から60代までの15年間は、健康に害がない範囲で頑張りたいと思っています。今年度もある程度はやるつもりですが、仕事もありますので積極的には来年度からということになります。70歳になったら競技ゴルフは引退して、ラウンドする数を減らして、たまに旅行しながらゴルフをするなど、ゴルフはやっていても志向の角度を少しだけ変えるつもりです。今から15年間は年間150万~200万円をゴルフでかかる費用と想定します(ゴルフで使用する車の交通費その他も含む)。70~75歳は100万~150万円に、75歳以降は100万円以下に抑えるつもりです。
 
私はゴルフ以外で浪費することはほとんどなく、贅沢もそれほどしません。今後、車の買い換えが大きな出費。加えて住居が賃貸であることが心配です。母の介護に負担がかかることも経済的には心配しています。場合によっては、老後の田舎暮らしで、狭くても構わないので安い物件を探して購入するのも考えるつもりです。アドバイス、ご指導をお願いいたします。

■家計収支データ

 
相談者「ナイスショット」さんの家計収支データ

相談者「ナイスショット」さんの家計収支データ



 
■家計収支データ補足
(1)収入について
妻とは財布が別。妻は14万円を、母は年金から7万円を出してくれている。
 
(2)学費について
学費は中高生までは給料から捻出していましたが、現在はボーナスより捻出。大学の教育費は年間約120万円。 残り3年で360万円。
 
(3)住宅について
将来、引っ越した場合、場所により予算は大きく変わってきますが、購入するとした場合は、1000万円前後の地方の中古物件になると思っています。高くて1500万円の範囲となるでしょう。そのときになれば賃貸物件で暮らすのと比較して検討するはずです。それ以上の額は出せないと考えており、出せない場合は賃貸物件で暮らすことになります。
 
(4)車両費について
今後車を買い替える場合、250万~450万円。
 
(5)食費について
食費は本人分だけを計上。
 
(6)趣味娯楽費について
趣味娯楽費15万円の内訳は、主にラウンド代と練習費用です。競技への参加費も道具代もゴルフ関係はすべて含めます。
 
(7)加入保険について
【本人分のみ】 
・三大疾病収入保障保険 (三大疾病年金額 60万円  死亡給付金額 60万円  保険満了日 2031年3月31日  払込期間 2031年3月31日 )= 支払う保険料 4782円 、解約返戻金額 55歳まで0円、56歳1万4940円~62歳(最大)9万4020円、66歳 3万1740円  
・医療保険には入っていません。
 
(8)ボーナス190万円の主な使い道
子どもの大学の学費などに使用。
 
(9)ご家族について
妻は年俸制の正社員で退職金なし。ただし、今のところは本人が希望すれば65歳まで働ける。母に介護が必要になった場合は、可能な限り母自身に負担してもらいますが、母はすでにそれほど蓄えはないみたいなので期待はできません。年金で賄えない場合、私が負担する可能性は大きいと思っています。以前より歩行に心配があり、検査入院しましたが、はっきりした原因はわかりません。背中から腰にかけて何らかの異常があるのではないかということで、薬を処方してもらいながら様子を見ています。

(10)雑費について
治療費、衣服など自分で使う平均額。
 
(11)退職金について
現在の勤務先の退職金は420万円。以前の職場からは退職金をすでにいただいております(前記した貯蓄額や国債に含まれます)。休職した場合、最大2年間ですが、それは勤務年数に含まれます。つまり、今年を含めて3年後に退職した場合、勤務年数は10年となり退職金は約500万円になりそうです
 
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 健康第一。3年後に退職でも、今すぐでも大丈夫
アドバイス2 使途不明金を把握することが、現段階の重要課題
アドバイス3 母親の介護でストレスが溜まらないようにすることも大事
 

アドバイス1 健康第一。3年後に退職でも、今すぐでも大丈夫

ナイスショットさんの、現在の金融資産は8000万円。今後大きな出費として、教育費が残り2年分で240万円、車の買い換え費用350万円を差し引いても7410万円。これに、2年後に退職した場合の退職金420万円を加えると、57歳時点で7830万円ということになります。
 
休職中の2年間は収入が8割ということで、手取り年収は574万円に対して、支出は今と変わらないとして574万円。収支トントンで過ごせれば、預貯金の取り崩しをしなくてもすみます。
 
体の調子次第ですが、2年間の休職後に退職でも、今すぐでも大丈夫です。今の家計状況、資産状況であれば、まったく金銭面の心配はありません。退職後の58歳から64歳までの7年間は、ナイスショットさんがご自身でも書かれているように、体に負担のかからない範囲でアルバイトなどをして年100万円程度の収入を得られると、より安心につながるでしょう。
 
この7年間の家計収支と金融資産は、次のようになります。
 
収入は、アルバイトで100万円、妻168万円、母親84万円で合計352万円。住宅費は現在の19万円から15万円に下げるとして、年間支出は526万円。差し引き、年間170万円の赤字となり、公的年金受給までの7年で約1200万円を取り崩すことになります。しかしなから、57歳時点での7830万円から1200万円を差し引いても、6630万円が残っている計算です。
 
65歳からは、本人の年金が19万円、妻の収入14万円で年間396万円。支出はそれまでと変わらないとして、526万円で、年間約130万円の取り崩しとなります。妻の収入は妻が60歳以降はどうなるかわかりませんが、年金なども入れてもらうとして、仮に14万円が続くとすれば80歳までの15年間で130万円×15年間=1950万円の取り崩し。6630万円から1950万円を差し引き約4700万円。妻の年金などによる収入が10万円に減少しても80歳の時点で約4000万円となり、これだけ残っていれば、何の心配もないのではないでしょうか。歳を重ねれば、ゴルフの回数も減るでしょうから、その分、貯蓄はもう少し多く残るでしょう。
 
さらに、1500万円程度の中古住宅を買っても、2500~3000万円は残ります。このお金を使い果たすことになるのは、100歳前後になります。つまり、今の計画で、まったく問題ないといえます。ただし、この試算には母親の年84万円がナイスショットさんが64歳までは入ってくる前提になっています。以後は考慮していない点は注意されてください。
 

アドバイス2 使途不明金を把握することが、現段階の重要課題

以上のように、経済的には問題がありませんが、気がかりな点として、使途不明金が多すぎるということです。ご本人も自覚しているようですが、毎月10数万円の使途不明金があるのは、休職、退職後を考えると、今のうちに解消しておいたほうがいいでしょう。ゴルフにかかる費用は上限を決めて、しっかり管理されているようですが、その他の支出に関しても、できるだけ使途不明金を少なくし、現在の支出の範囲で収めることです。
 
休職、退職後は預貯金を取り崩すことになりますが、試算では、書かれている支出をベースにしています。もし、使途不明金がこれまでと同じように十数万円かかるとしたら、預貯金は試算より目減りしていくことになります。急に生活のスタイルを変えることは難しいと思いますが、現段階では、何いくら使っているのかを、しっかりと把握しておくことが重要な課題です。ナイスショットさんは、経済的な心配はしなくても大丈夫なのですから、支出が今以上に膨らむことだけは、避けるようにしてください。
 

アドバイス3 母親の介護でストレスが溜まらないようにすることも大事

もうひとつ、気がかりなのは、お母さまの健康、介護のことです。原因がわからないのはご心配なことでしょう。今は、なんとかご自宅で生活できているとしても、今後、何らかの対応が必要になる可能性もあります。介護サービスの利用を検討しているとのことですから、そうした公的な補助も活用していくといいでしょう。
 
そのうえで、今のうちからでも、介護施設の下見に行かれたり、体験入所をしてみるなど、お母さまとよく相談して準備しておくことも大切です。お母さまの介護費用は、お母さまの年金や資産の範囲でまかなえればベストです。万一、ナイスショットさんがご負担されるようなら、そうした費用も想定しておかなければなりません。
 
ご自身も健康不安があるうえ、お母さまの介助、介護もとなると、自分が自由に使える時間が減ってしまい、好きなゴルフへの影響も出てくるでしょう。介護疲れからのストレスでご自身の体調を崩さないように気をつけてください。
 
次の人生の目標である、ゴルフを十分楽しめるよう、今、できることはやっておかれることをおすすめします。
 

相談者「ナイスショット」さんより寄せられた感想

いろいろな面からのアドバイス、そしてご指導ありがとうございました。ご専門の先生より安心のできる回答をいただき安堵してます。最近は、『年金以外にも2000万円を準備する必要がある』との報道により、私たちの年代は経済面の不安を抱えて生活しなければならなくなりました。私の場合は趣味のゴルフで多額の費用がかかることに加え、身体的な事情もあって今後の収入面で心配でした。

ゴルフをやりたいならば体に鞭を打って働き続けなければならないのか、それとも今の収入を得られないなら好きなゴルフを諦めなければならないのか……。葛藤の日々があったとき、『マネープランクリニック』を目にしました。いろんな事情により経済的な悩みを抱えてる方に対して深野先生の的確なアドバイスが掲載されてる記事は、どれも福音に感じました。ならば私のことも是非相談してみたい!とすぐに思い、ご指導をお願いしました。

経済面はもちろん、健康面や母の介護について、そして今後の人生についても的確にアドバイスをいただき、本当に感謝しております! ありがとうございました!

前述したように、こうした企画は多くの人たちの不安や悩みを解消してくれたり、あるいは解消するための手がかりを与えてくれると思います。今後も多くの人たちへのアドバイス、ご指導を拝見させていただきたいと思ってます。


教えてくれたのは……
深野 康彦さん
 
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/伊藤加奈子


【関連記事をチェック】
58歳貯金750万円。定年後に長男、母親を養う可能性もありこれからやっていける?
55歳貯金4200万円。老後が心配でダブルワークで貯め続けることに疲れました
57歳貯金1500万、起業して悠々自適な生活をしたい
52歳貯金70万円。完済79歳の住宅ローンは無謀ですか
59歳パート、月収9万。投資で2000万の損がでています
52歳医師、月収135万円。貯金が少ないことで悩みます

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。