病気の母と2人暮らしでこれから生きていけるのか心配です

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、高齢のお母さんと2人暮らしの45歳パート勤務の女性。病気治療中のお母さんの医療費負担が大きく、貯蓄も少なく今後に不安を感じているとのこと。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★

 
医療費がかさみ、これからのことが心配に

医療費がかさみ、これからのことが心配に



 
■相談者
あいさん(仮名)
女性/パート・アルバイト/45歳
東北/持ち家(1戸建て)
 
■家族構成
母(78歳)
 
■相談内容(原文まま)  
正直、お恥ずかしい話ですが何をしていいのかわからない状態です。母が病気になり、昨年入院しました。わずかな蓄えは病院への支払いで消し飛びました。現在は通院していますが、限度額適用認定証を使っても、私の収入からいくと医療費は大きな割合を占めます。医療費はこれ以上抑えられないでしょうし、母の体力維持のためにも食費はあまり削りたくありません。

今後も母は入院することになりそうですし、病状や年齢を考えるともしもの時のことも考えないといけないと思います。でも現在そのための備えといえるものはなく、今口座に偶々先月の給与が数万残っているという感じです。

小遣いの金額は医療費です。雑費には私の奨学金返済(減免してもらい月2-3万)を含みます。母の病気発覚以降、趣味は捨てました。母を失うかもしれない怖さで孤独が募り、数少ない友人との縁を切りたくなくて月に1、2度飲みに行きますが、これもやめるべきでしょうか。収入面で転職も考えましたが、悩みが次々と出てきて頭がいっぱいなせいか、私の思考能力や記憶力はかなり低下しています。1から新しい仕事を覚える自信がありません。また、今の職場は私の事情を理解してくれて急な欠勤にも応じてくれますが、勤怠も覚えも悪い中年女を新しい職場が歓迎するとは思えません。なので転職はせず、深夜か早朝に副業をしようかと思っています。ただ、体力に自信がない(だから以前は勤務時間が短かった)ので本業に更に迷惑を掛けることにならないか不安です。

今の私の生活は母の年金に頼る部分も大きいです。電気代は最近、私が払うようになりましたが基本的に光熱費、ケーブルテレビ代、食費や日用品の購入の半分程度(恐らくこれらで月3万ほど)、固定資産税は母が払っています。これも私が払っていくようにしたいのですが…。

また、持ち家が老朽化していますが修理するお金がありません。ローンで修理をしたいのですが、この収入、非正規雇用では難しいと思います。売却し賃貸に住むことも考えていますが現状では家賃を払うのが厳しいです(家賃相場は最低5万~)。公営住宅は訳あって申し込めません。家賃が安くても病院から遠いところには住めません。売却したお金で家賃を払うのは何だかおかしな話に思えますがそうでもないのでしょうか。

たった一人の家族である母を失ったら私は心の拠り所を失い、このままでは生きる手立ても失います。何のために、どうやって、生きるつもりなのかなと思っています。孤独やお金の不安をいつも感じながら、人様や行政に迷惑を掛けながら、何年も生きていくのは耐えられなさそうです。母に苦労をかけず、これからも私たちが生きていけるお金の使い方はありますか。
 
■家計収支データ
相談者「あい」さんの家計収支データ

相談者「あい」さんの家計収支データ



 
 
■家計収支データ補足
(1)収入について
本業とは別に10年ほど前から業務委託の在宅ワークをしているが業務が減ってきたりして、現在の月収は5000円ほどに。「現在母が退院しているので医療費は少し下がりましたが、栄養補助食品の購入で食費が上がっています。貯蓄は月々の貯金に加え臨時収入(身の周りのものの処分)がありました。固定資産税を私が支払うことにしたので12で割って雑費に含めています」(相談者)
 
(2)住宅について
住んでいる家は築40年。「見積もりを出してもらったことはないですが、あちこち傷んでいるので修理は必要最低限でも100万以上になると思います。固定資産税は約5万5000円ですが今年度から私が支払うことにしました」(相談者)
 
(3)加入保険について
本人/都道府県共済(掛け捨て 病気死亡400万円 入院基本5000円、がん特約で10000円)=毎月の保険料4000円
※相談者に何かあっても母が困らないために掛けている保険とのこと
 
(4) 奨学金について
借入額243万円 残り175万円(利子あり)。
 
(5)家族について
兄弟・姉妹はいないため、土地や家を相続するのは相談者のみ。
 
(6)家族の体調について
「母は退院し通院中ですが、著しく予後が悪い病気なのでまた入院するかもしれません。母の貯金はないと思われます。受け取っている年金額は、月額にすると8万円ほどだと思います」(相談者)
 
 
■FP深野康彦からの3つのアドバイス
アドバイス1 一緒に住んでいるお母さんと家計を一つにまとめて管理しよう
アドバイス2 元気のもとになる友達付き合いのお金は削らないで
アドバイス3 厳しいときに福祉を頼るのは当たり前。あとで恩返しができればOKと考える
 

アドバイス1 一緒に住んでいるお母さんと家計を一つにまとめて管理しよう

まず最初に、あいさんにお伝えしたいことは、決して無理をしないで、少し落ち着きましょうということです。そしてお母さんとご自身の健康を第一に考えて、それに対して何をするべきか考えましょう。

家計の管理方法ですが、お母さんの年金が8万円ほどあり、そこから光熱費や食費の一部、固定資産税などを負担してもらっているとのこと。それを引け目に感じている様子が文面からうかがえますが、同居して一緒に暮らしているなら、だれがどの費用を負担するか分けるよりも、お母さんとあいさんの収入を合算して、そこからどのように家計を回していくか考えないとうまくいきません。

家計データにはあいさんご自身の収入だけしか書かれていませんが、お母さんの年金を足して考えると、収入は2人合わせて月23万5000円になりますね。毎月の支出が17、18万円ぐらいまでに収まっていれば大丈夫です。支出がこの金額なら毎月5万円が貯蓄にまわせますので、年間60万円の貯金ができます。

お母さんと一緒に過ごしている間は、今の収支をキープできれば、貯蓄もできるしとりあえずは心配はいらないでしょう。医療費も削る必要はありません。
 

アドバイス2 元気のもとになる友達付き合いのお金は削らないで

ですから必要以上に心配ばかりして、いろんなものを犠牲にしすぎないようにしてください。友人との付き合いもやめるべきか迷っているようですが、これは、絶対にやめるべきではありません。月に1、2度飲みに出かける費用は必要経費と考えて、遠慮なく使って大丈夫です。これだけは削らないようにしましょう。

また、今の状況で転職もしないほうがいいですね。副業も基本的にやらないほうがいいと思います。どうしてもやるというなら本業に影響が出ない範囲で副業を考えてください。お母さんの病状や医療費がかさんでいることなど心配が多いでしょうが、あいさんの場合無理は絶対に避けるべきです。今の職場はあいさんの状況を理解してもらっているようなので、このままなるべく長く続けられるよう現在の仕事を最優先に考えたほうがいいでしょう。
 

アドバイス3 厳しいときに福祉を頼るのは当たり前。あとで恩返しができればOKと考える

自宅を売却してある程度の売却代金ができるなら、賃貸に住むという選択も考えていいですが、貯金をこれから続けていければ、家の修理もできるようになります。ですからとにかく今の生活をキープできるように考えていきましょう。

「人様や行政に迷惑をかけながら」と書いてありましたが、我々は最低限の生活が憲法によって守られています。だから必要以上に悲観的にならず、今はお世話になる時期と割り切ることです。それで将来自分が何かできるようになった時に社会に恩返しすればいいのです。厳しい状況の時に福祉にお世話になるのは当たり前のことであって、いつか自分の状況が好転したら返せばいいという考えでいてください。あとは、お母さんとあいさんが健康で過ごせることを考えましょう。また、心の支えとなる友人との縁はぜひ大切にしてください。

医療費に関しては高額療養費も使えるのでそれほど多額にはならないはずですので、家計の状況からみても生活できない範囲ではありません。毎月5万円の貯金が減らないように気を付けましょう。急いで一気に何もかもやろうとせず、段階的にできれば大丈夫です。

そして、お母さんの体調がよさそうな時期に2人でどこか近場でいいのでお出かけしてみてはどうでしょう? 気候のいい秋に紅葉狩りにでもお母さんを連れて行ってあげるのもいいですよ。
 

相談者「あい」さんから寄せられた感想

深野康彦先生からのアドバイス、ありがたく拝読致しました。私のようなものが生きていていいのか、何のために生きているのかとずっと思っているので、先生のお言葉に涙が出ました。お金に関して私たちは互いに遠慮しあっているところがあり家計をまとめるという考えがありませんでした。支払いのしかたなど工夫していきたいです。これからもできる限りで頑張って働き、母や友人たちとの時間を大切にして、ささやかでも何かの形で恩返しができる人間になりたいです。この度は本当にありがとうございました。


教えてくれたのは……
深野 康彦さん
 
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/堀内玲子
 

★お金の悩みを解決!!マネープランクリニックの過去記事はコチラへ


【関連記事をチェック】
41歳シングル貯金500万円。3000万円の住宅ローンを組んでしまいました
46歳貯金150万円。ようやく貯蓄できますが、セカンドライフが心配
49歳貯金200万。新居で母親との同居を始めるが介護が心配
41歳、貯金6万。病気を克服して3年。夢を叶えたい
40歳独身、貯金700万。社保がない会社は転職すべき?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。