40歳代からマイホーム購入しても老後は大丈夫?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、遠距離恋愛の末に40代で結婚し、住宅購入を検討している派遣社員女性。老後も気になる年齢に差しかかり住宅購入に躊躇しているということです。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★

 
老後のお金も気になり始めていますが、住宅購入しても大丈夫?

老後のお金も気になり始めていますが、住宅購入しても大丈夫?




■相談者
ムックさん(仮名)
女性/派遣社員/43歳
中部地方/借家
 
■家族構成
夫(41歳・会社員) 、犬(9歳)
 
■相談内容(原文まま)  
遠距離恋愛をしていましたが結婚して私が仕事をやめ、地方にいきました。しばらく仕事をしていませんでしたが、契約社員として勤務を開始しました。家の購入を考えていますが、私に稼ぎが少ないこと、ともに40歳を超えていることから躊躇しています。4000万円くらいの物件購入は可能でしょうか?
 
■家計収支データ
相談者「ムック」さんの家計収支データ

相談者「ムック」さんの家計収支データ



 
 
■家計収支データ補足
(1)住宅について
頭金は500万円くらいでマンションの購入を検討。
 
(2)車両費について
現在はカーシェアリングを使用している。「今年中に購入を考えています。現金購入で200万円まで(軽で検討中)」とのこと。
 
(3)食費について
食費7万円には、犬の餌代も含まれている。
 
(4)趣味娯楽費について
相談者「土日に遊ぶためのお金を1週1万円と考え5万円にしています。足りない分はお互いのお小遣いから出しています」。
 
(5)家族の小遣いについて
<小遣い13万円の内訳>
・夫 5万円
・妻 8万円(化粧品、ネイルなど含む)
 
(6)保険料について
♢夫/詳細は不明。月の支払いが2万円くらい。
♢本人/医療保険・がん特約つき 月1万円
 
(7)ボーナスの主な使い道
・50万円……夫が自分で契約した個人年金保険の支払い
・10万円を主人の母にプレゼント
・40万円……夫のお小遣い(ですが、私にプレゼントをしてくれたり、二人で旅行に行ったり、必要家電を買ったり、二人のために使ってくれます)
・10万円帰省代(お互いの実家は近居)
・20万円貯金
 
(8)貯蓄について
<内訳> 定期預金1400万円、普通預金300万円
 
(9)夫について
夫の会社には再雇用制度はなく、退職金もなしとのこと。
 
■ファイナンシャル・プランナー深野康彦の2つのアドバイス
アドバイス1 4000万円の住宅購入は大丈夫!頭金は1000万円に
アドバイス2 老後の生活を考えて、今の散財体質を改善して
 

アドバイス1 4000万円の住宅購入は大丈夫!頭金は1000万円に

まず収入と支出をチェックしますと、差額が11万5000円あります。貯蓄は毎月7万円しているというので、4万5000円が使途不明のお金になっていますがムックさんが最近契約社員となって働き始めたということで、収入アップ分は貯金に回す予定とのことなので、今後、ムックさんのご家庭の月々の貯蓄可能額は11万5000円になります。

さて本題のマイホーム購入プランですが、結論から申し上げると、希望している物件価格4000万円のマイホームを購入することは十分に可能です。

ただ、資金プランは少し検討したほうがいいでしょう。頭金を500万円と考えているようですが、現在、貯蓄総額が1700万円あるので、1000万円を頭金にして大丈夫です。諸費用200万円とあわせて貯蓄から1200万円を拠出してマイホームを購入するプランがいいでしょう。

そうすると住宅ローンは3000万円組むことになり、25年返済で金利1.5%の場合、月々の返済は大体12万円となります。これに修繕積立金や管理費、固定資産税などもろもろあわせて月々の住居費は約16万円と考えておくといいでしょう。いま毎月の住居費が7万円なので、住宅を購入することで月々の負担が9万円増えることになりますが、月々11万5000円貯蓄が可能な家計ということが分かっているので、負担が増えた分はそれで十分にカバーできます。さらにそれでもまだ2万5000円の貯蓄が可能です。

それに今払っている保険料3万円を見直せば1万5000円ぐらい減らせるでしょう。家族の小遣いもちょっと多すぎるので、これを見直せばローンを返済しながら月々7万円ぐらいは貯蓄ができる家計状況です。

さらに、ボーナスの使い道を見ると、お母さんへのプレゼントや夫婦の小遣いにほとんど使っている状況なので、これを見直せばボーナスから50万円は貯金できる余力があるとみています。そうすると住宅を購入した後も年間合計で134万円の貯金ができますよ。
 

アドバイス2 老後の生活を考えて、今の散財体質を改善して

40代ということを気にされていますが、今からご主人が60歳になるまであと19年、このペースで貯蓄していけば60歳の時点で2546万円の貯蓄ができることになります。今ある貯蓄から住宅購入資金を出した残りの500万円を足せば、3000万円以上の老後資金ができる計算です。

車を購入する予定もあるとのことですが、そのほかにいろいろ使ったとしても2500万円程度のお金は残せます。ご主人の現在の所得から考えれば、将来の年金額もある程度の額がもらえると予測できますので、年金プラス2500万円、それに年払いで50万円払っている個人年金もあります。これらで老後のお金はひとまず心配いらないでしょう。住宅ローンが65歳まで続くことになるので、繰り上げ返済をして60歳で完済しておくと安心です。

ただし、現状の散財体質のまま老後に突入すると、老後の生活は厳しくなります。ですから住宅購入をきっかけに贅沢な生活を少し我慢することも考えてみましょう。趣味娯楽費と小遣いそれに雑費をあわせて21万円はかなり贅沢な支出だと思います。退職金や再雇用がないことが心配でしたら、今のお金の使い方を少し見直してみることです。今のままのお金の使い方では65歳以降も同じような生活は続けられない可能性が高いです。

ちなみにムックさんがお考えの頭金を500万円とする場合ですが、3500万円の住宅ローンを組むこととなり、月々の返済は2万円程度アップします。前述のプランで年間130万円以上の貯蓄ができるのだから、一時的に貯蓄額が減っても頭金をたくさん出して、返済額を抑えたほうがよりいいでしょう。

また、住宅ローンの返済方法も一工夫するといいかもしれません。ムックさんのご家庭では、ボーナスで贅沢をする傾向があるので、それをやめるためにあえてボーナス併用払いにしておくという方法も考えてみてはいかがでしょう。

老後資金作りについては、住宅購入したばかりのころは住宅ローン控除があるので、節税効果はあまりないですが、住宅を購入して落ち着いたらiDeCoを始めるといいでしょう。
 

相談者「ムック」さんから寄せられた感想

私の収入が減ったことと年齢から将来をとても不安に思っていましたが、少し安心しました。
今まで全くお金に対して「ずさん」な管理をしてきて、使途不明金がこんなにあることも、気づきませんでした。これをきっかけに、将来を見据えたお金の使い方を考えようと思います。また散財生活も改めてみようと思います。とても良い機会をいただき、誠にありがとうございました。

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★

教えてくれたのは……
深野 康彦さん
 
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/堀内玲子


【関連記事をチェック】
41歳、夫婦とも派遣社員、貯金800万円。お金のことが心配
夫は56歳、住宅ローンは3000万円弱残っています
48歳夫婦で実家に毎月26万円を仕送り。老後は大丈夫?
46歳、貯蓄4000万。夫の収入や貯金を知りません
52歳会社員。ローンを5本抱え老後資金づくりに不安
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。