柔らかめのキャップ限定かもしれませんが、何度洗っても大丈夫でした。

35センチ角くらいの大きさで、厚みがある洗濯ネット。「子供用の柔らかめのキャップなら洗濯機洗いしても大丈夫でした」と西山さん


洗濯ものが増える季節。特にスポーツ少年がいるご家庭では、汗や泥で汚れたキャップやすねあての毎回の手洗いがたいへんです。忙しくてズボラな人は、手洗いする回数をできるだけ減らしたいもの。

ズボラな人といえば、真っ先に思い浮かぶのが自分自身なのですが、洗濯ものが増えるこの季節。手洗いは何かと時間がかかるため、すべて洗濯機でなんとか洗えたらうれしいなと切に願っておりました。

そんなときに見つけたのが、ホームセンター・カインズホームの「洗濯ネット ドラム式対応 角型」です。正直、少々邪道な使い道だと思いますが、キャップやすねあてを入れて洗える洗濯ネットとしてイチオシします。
 

ふかふかクッションが、中の洗濯物を守ってくれる

サッカーで使うすねあても、このふかふかネットへ。

サッカーで使うすねあても、このふかふかネットへ。


我が家は小学生が2人いまして、夏にはキャップ(帽子)がすぐに汗だくになります。長男がサッカーをしていて、すねにあてるレガース(すねあて)も汗や汚れやにおいなど、がんばった証がしみこみます。

毎回手洗いするは大変だし、普通の洗濯ネットに入れると傷んでしまいそうで、どうしたものかと思っていました。

この洗濯ネットは、厚みがあるふわふわのクッションでできています。長男がサッカーで使っているキャップは柔らかめなので、試しにこの洗濯ネットに入れて他のものと一緒に洗ってみたのですが……、特に型崩れをすることもなく、問題なくきれいになったのです!

 

本来の用途、おしゃれ着洗いネットとしても、持っておいて損なし

35センチ角くらいの大きさで、厚みがある洗濯ネット。

服への負担が大きい、ドラム式洗濯機用に作られた洗濯ネット。型くずれや毛羽立ちを防ぐ二重メッシュ構造


​​​​とはいえ、この洗濯ネットは、本来はワイシャツやTシャツ、ポロシャツなど、大切な衣類を使うものとして売られています。使用量の目安として、ワイシャツ、Tシャツ、ポロシャツ共に、2~3枚と表示がありました。

実際のところ、我が家ではもう何十回もサッカー用の柔らかいキャップやすねあてをこの洗濯ネットに入れて洗っていて、特に変形などの問題はありませんでしたが、アイテムによってそれぞれ強度や形、素材などが異なりますので、型崩れしやすいものや大事なものは避けてください(傷むと困るものやデリケートなものは避けた方が安心です)。

私のようにキャップを洗濯機で洗うほどズボラではない方も(笑)、大切なTシャツやシャツなどを洗うときに重宝するはずです。しかも1つ300円ほどなのも魅力!

家事の時短につながるこんなグッズがあれば、ズボラ心が満たされ、洗濯が楽になり、自分や家族の時間もアップ。心の豊かさにもつながりますので、一家にひとつ、いかがでしょうか?
  DATA 
カインズホーム┃洗濯ネット ドラム式対応 角型

サイズ:幅35センチ×高さ38センチ
カラー:白

※衣類の「洗濯表示」に従ってお手入れをしていただくことをおすすめします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。