母を自宅へ呼び寄せる、または実家へUターン、これしか乗り切る方法はない? 

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、定年を目前に控えた59歳の会社員男性。65歳まで嘱託として勤務できるものの、子どもの教育費があと2年半、住宅ローンの完済まで15年ということから、老後の暮らしが不安とのこと。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)
 
【編集部からのお知らせ】
オールアバウトでは住宅・教育に絞った家計のシミュレーション診断を行っております(相談は無料です)。診断希望の方は以下のフォームからご応募ください。
・住宅購入や繰り上げ返済などの住宅ローンの試算はこちら→『住宅のお金シミュレーション診断』
・教育のお金に関する試算はこちら→『教育のお金シミュレーション診断』


★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★
定年が間近で住宅ローンの残りと子どもへの仕送りがかさむ

定年が間近で住宅ローンの残りと子どもへの仕送りがかさむ



 
■相談者
ふったさん(仮名)
男性/会社員/59歳
東京/持ち家(マンション)
 
■家族構成
妻(58歳)、子ども(20代)、ペット
 
■相談内容
住宅ローンと子どもの学費が重なったため、貯蓄が少なく老後が不安です。リタイア後の家計を考えると、住宅ローンを払い続けながら自宅マンションでの生活を継続するか、母親が暮らす遠方にある実家に戻るか(ローンなし。築40年以上)迷っています。
 
■家計収支データ
相談者「ふった」さんの家計収支データ

相談者「ふった」さんの家計収支データ



 
 
■家計データ補足
(1)家族について
妻はパートで65歳くらいまでは働く予定。子どもは6年制大学を卒業し修学中、あと2年半は学生のため仕送り8万円/月が必要。単発的にものを送ったりすることもある(月1万円程度)。2年半の修学後のことは、現時点ではまったく不明(日本へ帰国するか海外で就職)。
 
(2)現在住んでいる住居について
購入時の物件の状況:新築
借り入れ時期: 2000年
物件価格:3400万円
頭金: 250万円
ローン残高:1900万円
借入期間: 35年
金利のタイプ:固定金利3.5%
毎月の返済額:13万5000円
固定資産税:11万5000円
 
(3)今後の住居について
妻は自宅に住み続けることを希望している。子どもの将来が見えていないので、就職などを考えると首都圏に住み続けた方がいいのかとも思う。

・自宅を売却し地方の実家へUターンする場合
自宅の評価額は世間相場から推測すると売却すると2700万円~2900万円くらい、賃貸なら12万円~14万円ほどではないか(不動産会社に確認したことはない)。遠方の築40年の実家は、母の預金から200~300万円の予算でリフォームまたはメンテナンスをする予定。

・自宅に引き続き住み続ける場合
母を自宅へ引き取り、地方の実家を売却(500~700万円と予想)することも検討中。同居した場合は母の年金から5~7万円/月を支援してもらえる。
 
(4)加入している保険について
・本人/医療保険(65歳まで)=毎月の保険料1.4万円  ※保険を見直ししている。
・妻/医療保険(60歳まで)=毎月の保険料1.6万円  ※保険を見直ししている。
 
(5)年金について
・本人:64歳~123.5万円/年、65歳~199.1万円/年
・妻:62歳~42万円/年、65歳~76.9万円/年 
 
(6)定年後の働き方について
今年定年になる。退職金は1200万円くらい。その後は65歳まで嘱託として働く予定だが収入は半減(月給20万円、年間賞与30万円ほど)する。
 
(7)ボーナスの主な使い道について
子どもの学費(私立で年間250万円ほど支払い) ※不足分は給料から補充や奨学金利用
 
■ファイナンシャル・プランナー深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 75歳まで続く住宅ローンの負担が大きい
アドバイス2 まずは住宅ローンと医療保険の見直しを
アドバイス3 地方の実家は売却し、お母さまとの同居が最善の対策
 

アドバイス1 75歳まで続く住宅ローンの負担が大きい

まずは、今後の収支を概算してみましょう。資産は現在の貯蓄450万円と退職金の1200万円で1650万円。子どもへの仕送り8万円はあと2年半ということですから、ここから240万円(8万円×30カ月)を差し引き、資産は1410万円として計算していきます。
 
収入は、65歳までがふったさんの月収20万円と妻のパート8万円、65歳以降が夫婦合わせて月額23万円の年金です。支出は子どもへの仕送りを除くと32万9000円、これが住宅ローンの返済が終わる75歳まで続きます。ということは、65歳までは月4万9000円、65歳以降75歳までは月9万9000円不足します。これを合計すると1482万円([月4万9000円×12カ月×5年=294万円]+[9万9000円×12カ月×10年=1188万円])で、住宅ローンの返済が終わる前に資産が底をついてしまうことになります。
 
住宅ローンがなくなれば支出は19万4000円ですから、年金だけで生活していくことが計算上は可能です。しかし病気をしたり介護が必要になるなど、高齢になったことで必要になる費用もあります。生活費をまかなえればいいとはいえませんから、状況は極めて厳しいといえるでしょう。
 

アドバイス2 住宅ローンと医療保険は早急に見直しを

現在の支出の中で、早急に見直す必要があるものに住宅ローンと医療保険があります。

住宅ローン金利は現在最低水準で、新規借り入れなら全期間固定で1%~1.5%の金融機関が多々あるのです。そんな状況の中で、固定金利3.5%というのは高すぎます。残り15年の全期間固定で1.5~1.7%程度にはなるはずですから、すぐに借り換えをしてください。金利1.5%ならば、毎月の返済額は約11.8万円ですから1.7万円削減できます。ただし、気になるのは定年が間近だということ。借り換えが難しいことも考えられます。まずは現在借入れをしている金融機関に相談し、良い返事がもらえない場合は他行もあたってぜひ借り換えを実行してください。
 
もうひとつは保険です。見直しをしているとのことですが、現在の保険はすぐに払い済みにして共済の医療保険に加入しましょう。そうすれば、保険料は1人2000円程度になります。本来であれば保険は不要な年齢ですが、資産が少ないので最低限度の医療保険だけは確保しておいた方が安心です。
 

アドバイス3 地方の実家は売却し、お母さまとの同居が最善の対策

前項の見直しをすると保険料は月2万6000円、住宅ローンは月1万7000円削減することができるため、住宅ローンを完済する75歳時点で約700万円の資産を残すことができます。資産が底をついてしまった当初の試算と比べると余裕ができたように思えますが、この金額は決して安心できるものではありません。
 
たとえば介護費用。介護にかかるお金は期間、金額ともに個人差が大きいので目安は難しいのですが、生命保険文化センターの「生命保険に関する全国実態調査/平成30年度」によると月額7.8万円、介護期間54.5カ月、一時的な費用69万円が平均で合計は494.1万円。ですから1人500万円、夫婦で1000万円は準備しておきたいもの。そう考えると、ふったさんの家計は支出を見直しても心配ないレベルとはいえません。
 
そこで提案したいのが、ふったさんのプランにもある地方にお住いのお母さまを呼び寄せての同居です。ご実家の立地がわかりませんが、今後の日本は家余りの時代になります。特に地方都市ではその状況が顕著で、売却が難しくなる可能性が高まってくるでしょう。同居することでお母さまから支援が得られることはもちろん、将来“負”動産を相続しないためにも地方のご実家は早めに売却する方がいいのではないでしょうか。いずれにしても、時間的な猶予はありません。早めに行動することをおすすめします。
 

相談者「ふった」さんから寄せられた感想

この度はアドバイスをいただきましてありがとうございました。最近はいろいろな大きな課題が重なった時期でもありましたのでじっくりと考えられなかった上に勉強もあまりできていなかったのもありましたが、漠然とやりくりは厳しいとは予想しておりました。しかし、この度試算をしていただき示していただけたおかげで具体的なことが分かり、指摘いただいた課題を中心に見直していきたいと考えます。ありがとうございました。



教えてくれたのは……
深野 康彦さん
 
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/鈴木弥生





■お金の無料相談、無料診断を受付中です。お気軽にご応募ください。
・お金のお悩み全般はこちら→『マネープランクリニック』
・住宅購入や住宅ローンの試算はこちら→『住宅のお金シミュレーション診断』
・教育のお金に関する試算はこちら→『教育のお金シミュレーション診断』
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。