【編集部からのお知らせ】
オールアバウトではお金の無料相談、無料診断を受付中です。お気軽にご応募ください。  

インストールしていくとキリがないマネーアプリ

スマホのお金関連アプリ、いくつインストールしていますか。あまりインストールしていませんという人も、以下のグループで考えたとき、画面にはお金に関連するアプリがいくつも並んでいると思います。

・銀行のアプリ(モバイルバンキング)
・電子マネーのアプリ
・家計簿アプリ
・ポイントカードのアプリ
・クーポンアプリ
・ネットショッピングアプリ
・オンライントレードのアプリ
・転職のアプリ
・保険のアプリ

ポイントカードのアプリやクーポンがもらえるお店のアプリなら、あまり意識していなくても、誰でもインストールしていると思います。GunosyやSmartNewsなどのニュースアプリをインストールしていれば、これらも実はクーポンアプリです。

こうしたアプリは使うほど、お得になるチャンスがあるわけですが、悩ましいのはアプリが多すぎて、スマホの画面がごちゃごちゃになるという問題です。

ポイントカードのもらい過ぎも、財布がごちゃごちゃになる原因でしたが、アプリにしてもやっぱりごちゃごちゃ状態から卒業できていなかったりします。
 

便利でお得なLINEでスマート管理

実はこれらのアプリのほとんどが、いつも家族や友人とやりとりしている「LINE」で全部設定できるとしたらどうでしょうか。実は以下のとおり、LINEにほとんどのサービスが含まれているのです。
  • 電子マネー → LINEPay
  • 家計簿 → LINE家計簿
  • ポイントカード → マイカード
  • クーポン → 企業アカウント
  • クーポン → LINEクーポン
  • ネットショッピング → LINEショッピング
  • 転職 → LINEキャリア
  • 保険 → LINEほけん
  • トレード → LINEスマート投資
企業アカウントによるクーポンとLINEクーポンは、誰でもすぐ使えるのでおすすめです。スタンプ目当てで、追加している人も多いのではないでしょうか。

これに加え、マネーアプリの中でぜひ使いこなしてほしいのが、「電子マネー」と「家計簿」アプリです。

・LINEPay(電子マネー。単体アプリもあり)
・LINE家計簿(できれば単体アプリ版のほうがいい)

どちらもLINEの中でスタートすることができます。試しに設定してみると、それだけでずいぶん生活が便利になるはずです。
 
LINEで何でもスマートに管理!

LINEで何でもスマートに管理!


LINEPayは還元率が高いイベントをしばしば実施するので(店舗や期間限定のことが多い)、うまく買い物ニーズに合えばポイントがどんどん貯まります。つまりその分、お買い得に買い物できた、ということです。

LINE家計簿はアプリ版に銀行やクレカ、Amazon、楽天などのECサイトのアカウントを登録することで「自動記帳」ができるようになり、お金の流れを見える化できます。LINEPayは当然ですが、他の主要な電子マネーも登録すると利用履歴が把握でき、とても便利です。

まずは、「ポイント」「クーポン」「電子マネー」「家計簿」からスタートしてみましょう。
 

転職や保険もLINEでカバー

最近では、転職や保険もスマホから契約できるようになっています。この分野でも、LINEが使えたりします。

LINEキャリアを起動し、自分のプロフィールなどを入力すると、マッチングされた求人案件がタイムラインに登場するようになります。家族とのメッセージのやりとりをしながら、「ついで」に転職活動ができてしまうわけです。これで年収アップになれば最高ですよね。

また、LINEほけんを起動すると、短期の傷害保険が簡単に契約できるようになります。たとえば「週末バーベキューパーティだから、2日間だけ事故やケガの保険がほしい」というような契約ができるのです。

数百円程度ですぐに支払いもできるので、使ってみると便利です。タイムラインにも「今週末おでかけはありませんか」といったメッセージがきますので、お出かけがある人は使ってみるといいでしょう。
 

LINEはもはや統合マネーツール

この記事は広告ではなく、ファイナンシャルプランナーの目線で「これは便利!」ということで紹介しています。

LINEサイドが意識的にマネー領域を取り込んでいる結果、「マネーツールはなんでもLINEでいける」につながっています。これはもはやメッセージツールではなく、統合マネーツールと言ってもいいくらいです。

ここを一歩目として、「電子マネーを複数設定して使い分ける」とか「家計簿アプリを比較して使いやすいほうに乗り換える」のように、ステップアップしていくと、あなたのスマホの機能はどんどん高機能化していくと思いますよ。

【関連記事をチェック!】 【参考】 ■お金の無料相談、無料診断を受付中です。お気軽にご応募ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。