「コーヒーにがん予防効果がある」と言われる理由

コーヒーにはがん予防の効果があるの?……管理栄養士が解説!

コーヒーにはがん予防の効果があるの?……管理栄養士が解説!

コーヒーで胃がんや直腸がんなど様々ながんリスクが減るという説があります。これはコーヒーに含まれるポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」が持つ抗酸化作用によるものだと考えられます。

これらにはいくつかの論文があるので、コーヒーに一定のがん予防効果があることは本当であると言えるでしょう。
 

コーヒーのがん予防効果についての主な研究・論文など

2017年に発表されたSusan Mの論文(※1)では、非喫煙者に限定しての話ですが、1日2杯のコーヒーを追加で飲むことで、肝臓がん、乳がん、食道がんのリスクを減らすことができたと発表されています。

同じく2017年のG Alicandroの論文(※2)では、「一部の論文で小児の白血病のリスクが上がるというデータもあるようだが、概ねコーヒーを1杯飲むごとにがんリスクが下がるという研究が多いようだ」という報告がされています。

適度なコーヒーを楽しむことで、がん予防にはよい効果が期待できそうです。
 

がんの種類別にみるがんの予防効果……肺がん・大腸がん・乳がん等

■肺がんをコーヒーで予防できるかは不明
2018年のNarita Sによる論文(※3)には、「コーヒーを飲んでも肺がんのリスクは上がらない」という記載があります。こちらは日本人の研究ですので日本人としては期待したい論文ですが、リスクが低下するとまでは明らかになっていないようです。

■大腸がん・直腸がんはコーヒーでの予防効果が期待できるという報告あり
2016年のSchmit SLの論文(※4)によると、コーヒー摂取によって「大腸がんはオッズが26%減少する」と報告されています。「コーヒーの摂取は、用量反応的には結腸直腸癌のリスクと反比例する可能性がある」と締められていますので、一定の予防効果が期待できるのでしょう。

■乳がんもコーヒーでの予防効果が期待できるという報告あり
最初にご紹介したSusan M.らの研究で効果があると報告されています。

■すい臓がん・肝がんもでの予防効果が期待できるという報告あり
こちらも同様で、最初にご紹介したSusan M.らの研究で効果があると報告されています。
 

「コーヒーでがん予防!」と張り切る前に……

このようにコーヒーとがん予防の関係だけに絞って論文を探すと、様々な魅力的な報告を発見することができます。では、とにかく今日からコーヒーを飲むようにすれば、がん予防ができると言えるでしょうか? 残念ながら、そうではありません。コーヒーに限らずですが、「がん予防のために」と特定の食品を摂ったとしても、実際には他の生活環境から受ける影響が非常に大きく、あまり効果は見込めないものです。がんになるかどうかは一つの食品だけで決まるものではありません。色々な食品・飲料を適量、バランスよく楽しんで、健康的な生活を心がけるようにしましょう。

■参考論文
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項