住宅購入、教育費……。ライフイベントにどう備える?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、出産を目前に控えた30歳の専業主婦。結婚を決めたら夫に借金が発覚、共働きの予定だったのに流産を機に退職、と想定外のことが続き将来に不安を感じているといいます。そんな稲子さんのお悩みに、ファイナンシャル・プランナーの藤川太さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料です)

【編集部からのお知らせ】
オールアバウトでは住宅・教育に絞った家計のシミュレーション診断を行っております(相談は無料です)。診断希望の方は以下のフォームからご応募ください。
・住宅購入や住宅ローンの試算はこちら→『住宅のお金シミュレーション診断』
・教育のお金に関する試算はこちら→『教育のお金シミュレーション診断』
出産を目前に控え、今後のお金について相談したい

出産を目前に控え、今後のお金について相談したい



 
■相談者
稲子さん(仮名)
女性/専業主婦/30歳
東京都/借家
 
■家族構成
夫(会社員)36歳
 
■相談内容
出産を控え、貯金もなく将来が不安です。共働きの予定でしたが流産したのを機に退職し、妊活をしていました。無事に妊娠できましたが、これからのことを考えてみると急にお金のなさが不安になりました。住居費は共働き前提の金額の賃貸住宅に住んでいたので引越しをして家賃を2万円下げ、スマホも格安に替えました。毎月の支出では3万円ほどの余裕があるように見えますが、冠婚葬祭費(高額な地域ではありませんが、親や親族の考え方が一般より高額で、それに従っています)、お年玉、家電の買い替え、被服費、住居の更新料や医療費など、特別費として予算を組んでいます。今のところマイナスにはなっていませんが、大物家電が壊れたり、兄弟の結婚や親の死などがあったら足りなくなりそうで心配です。独身時代の貯蓄は、結婚式や新婚旅行の費用、主人の借金(100万円)を返済したため300万円しかありません。主人に渡すお小遣いが少なく、また借りたりしないかとヒヤヒヤしますが、渡しても有意義な使い方はせず、買い食いで消えていくだけなのであまり渡したくありません。これから、どうやって貯蓄を増やしていったらいいでしょう。
 
■家計収支データ
相談者「稲子」さんの家計収支データ

相談者「稲子」さんの家計収支データ



 
 
■家計データ補足
(1)住宅について
夫が40歳になるまでに(子どもの人数が確定してから)戸建てを購入したいと思っている。価格は、ぼんやりとだが3500万円くらいと予想。地域的にもそれ以上安いのは難しいが、祖父母宅や実家に近い(徒歩圏内)というメリットもあるので、安い地区への住み替えは検討していない。
 
(2)加入している保険について
【夫】
●三大疾病終身保険(65歳まで払込み終身保障、一時金100万円、初回上乗せ50万円)=毎月の保険料5500円(年払い)
●医療保険(65歳まで払込み終身保障、日額6000円(60日まで)、手術10万円、外来手術5万円、放射線治療10万円、先進医療2000万円まで)=毎月の保険料2200円(年払いしている)
●終身保険(65歳まで支払いの終身保障、死亡保障3万米ドル)=毎月の保険料48.39米ドル(月払い。今は5500円くらい)
●終身保険(65歳まで支払いの終身保障、死亡保障200万円)=毎月の保険料4000円(数ヶ月後から年払いに変更予定)
●定期保険(65歳支払い65歳まで保障、死亡か高度障害で毎月10万円)=毎月の保険料3300円(年払いしている)
 
【妻】
●三大疾病終身保険(65歳まで払込み終身保障、一時金100万円)=毎月の保険料3000円(年払い)
●医療保険(払込終身の終身保障、日額5000円(60日まで)、手術5万円、外来手術25000円、放射線治療5万円、先進医療1000万円まで)=毎月の保険料2700円(年払い)
※過去に入院と手術をしているので見直しは難しい
●定期保険(60歳支払いの60歳まで保障、死亡か高度障害で毎月5万円)=毎月の保険料1000円(年払い)
 
(3)子どもの進路について
幼稚園は私立(近隣に公立がないため)、小学校から高校までは公立希望。大学は私立で自宅から通うことを想定。奨学金の負担でバイト漬けになって学業が疎かになる人たちを見てきたので、できれば奨学金は避けたいと考えている。塾も中学生から高校生は必要になると思っている。
 
(4)第2子以降の出産予定、稲子さんの今後の働き方について
2~3歳差でもう1人欲しいと考えているが、不妊治療までは考えていない。子どもが小学校高学年になったら配偶者控除の範囲内でパートを考えている(親が定年を迎えるので、子どもの病気などによる欠勤、お迎えで仕事を休む可能性が低くなるため)。
 
(5)夫の独身時代の借金の原因
当時の彼女(稲子さんではない)へのプレゼント代(数十万円するブランド品)、後輩や同僚、女性と食事の際に見栄を張って奢ってしまうなどで、キャッシングやリボ払いをして結果100万円まで増えた。
 
(6)今後のライフイベントについて
相談者コメント「夫が転職を希望していて、仮に実行した場合は毎月の手取り額が20万円くらいまで下がりそうです。転職せずとも役職を降りることを考えているようで、その場合は今より5万円ほど下がるかもしれません。私はそのまま続けて欲しいと思っていますが、精神的に健康を維持できなくなってからでは遅いので必要以上に止める気はありません。転職、降格した場合、住宅購入は難しいかと思いますが、やはり戸建てが欲しいです」
 
■ファイナンシャル・プランナー藤川太の3つのアドバイス
アドバイス1 家計管理能力は高い。聖域を見直せるのは立派!
アドバイス2 共働き前提で加入した保険はすぐに見直しを
アドバイス3 住宅購入は家族のカタチと稲子さんの働き方が見えるまで保留
 

アドバイス1 家計管理能力は高い。聖域を見直せるのは立派!

結婚、出産といったライフイベントが続く時期は、想定外の支出が起こりがちです。稲子さんも、まさにそんな状況にあるといえます。貯蓄が少ないことに不安を感じていらっしゃるようですが、月々の支出はきちんと管理されていて、稲子さんの家計管理能力の高さがわかります。
 
象徴的なのが、引越しをして家賃を下げているところです。これは本当に立派! 毎月かかる費用ですから見直せば大きな負担減になるのですが、家賃は聖域にしてしまう人が多く、ここまではなかなかできません。自分で考えてしっかり実行できる行動力は、この先、家計を管理していくうえで非常に貴重ですから大切にしてください。
 
では、それなのにどうして貯蓄が増えないのでしょう。端的にいうと、最大の理由は収入が少ないからです。将来的には稲子さんがパートで働いたり、できれば正社員になるなどして世帯収入を増やすことが必要といえそう。現状通りの家計管理を続ければ、収入さえ増えたら確実に貯蓄を増やすことができます。
 
1つ心配なのは、ご主人です。独身時代に借金をしていたとのことですが、1回こういうことをする人は今後も可能性があります。稲子さんがいくら節約に努めてもご主人が借金をするようであれば、穴の開いたバケツに水を入れているようなもの。とはいえ、こづかいが少なすぎるのは逆効果の場合もあります。しっかりコミュニケーションをとって、必要なお金は渡したほうがいいでしょう。
 

アドバイス2 共働き前提で加入した保険はすぐに見直しを

家計管理はしっかりできていますが、保険については見直しが必要です。稲子さん自身も「保険は結婚時に定年までフルタイムで共働き、すぐ妊娠することを想定して加入。流産により退職したため見直す必要もあると考えている」とコメントしていらっしゃいますが、その通りです。
 
現在加入している商品は結婚したばかりのご夫婦が保険ショップへ行くと勧められるパターンで、共働きならいいでしょうが、現在の収入でこの金額を払い続けられるかを冷静に考えてみてください。これを払い続けていると、保険にお金は貯まっているけれど手元にはお金がないという状態になる可能性が高いです。目の前のハードルを越えられないのに、葬式代の心配をしても仕方がありません。正直言って、この家計で終身保険に加入する余力はないことを自覚してください。医療保険と定期保険の掛け捨て保険だけを残して、それ以外は解約しましょう。加入してから間もないので、払った保険料から見ると損をしてしまいますが、ここで損切りをする思い切りが必要です。
 

アドバイス3 住宅購入は家族のカタチと稲子さんの働き方が見えるまで保留

ご主人が40歳になるまでに住宅購入を考えているとのことですが、ファイナンシャル・プランナーとしては現時点のままでは難しいと言わざるを得ません。
 
その理由は、概算ですがご希望の3500万円の住宅を全額借入(フラット35、借入期間35年、金利1.25%)で購入したとすると、毎月の返済額は約10万3000円です。まず、この金額を返済し続けていけるでしょうか。また借入期間が35年ということは夫が70歳を超えて完済となる計算になるので、繰上返済が必須となりますが、それ以前に教育費の準備が必要です。子ども1人につき最低でも月1万5000円、18歳までに300万円は貯めておきたいもの。これを貯めながら、4年以内に諸経費や引越し費用を貯めるのはかなりハードルが高そうです。
 
では、実現するためにはどうしたらいいでしょう。実家や祖父母宅へ近い場所での住宅購入を検討していらっしゃるとのことですが、購入までの間だけでも同居する、2世帯住宅に建て替えるといったことはできないでしょうか。同居は財産形成だけでなく、子育てや稲子さんの就業にとっても大きなプラス効果がありますから、可能性があるようでしたらぜひ検討してみてください。また、お子さんが小学校の高学年になったらパートで働くことをお考えのようですが、住宅をどうしても買いたいのならばそれを前倒しする、もしくは正社員で働くことも必要でしょう。
 
今後、第2子の出産もお考えとのことですから、家族のカタチによっては検討する住宅が変わってきます。稲子さんの今後の働き方=収入によっても、購入できる住宅の金額は異なります。まずは元気なお子さんを産むことを優先し、住宅についてはもう少し将来を見通すことができてから購入を検討してはどうでしょう。
 
最後にもう1つ。独身時代の貯蓄300万円については、本当に必要な「ここぞ!」というときまで使ってはいけません。
 

相談者「稲子」さんから寄せられた感想

詳しいアドバイスをありがとうございます。食費等の支出について指摘があるのかなと考えていましたが、やはり我が家の問題は収入が少ないことであることがはっきりとわかり、良かったです。保険は即見直したいと思います。同居の件は家族が多く、狭いということもありすぐには難しいのが残念ですが、今後家族構成が変わったときには検討したいと思います。住宅購入には今の収入と、今考えるわたしの将来の働き方では難しいことがよく分かりましたので、働き方について考え直す機会にもなりました。住宅のことばかり考えていましたが、まずは目の前の出産に意識を向け、そちらを優先しつつ、家計管理をしていきたいと思います。ためになるアドバイスをありがとうございました。


教えてくれたのは……
藤川太さん 
 
 

 


All About「資産運用」ガイド。「家計の見直し相談センター」で10年以上にわたり1万5000世帯を超える家計の見直しを行ってきたFP。資産運用、家計管理、マイホーム購入、不動産投資などに詳しく「普通の人」でもお金を貯める・増やせるようになる方法をアドバイスしています。

取材・文/鈴木弥生




【関連記事をチェック】
34歳専業主婦、貯金100万円。2人目を出産後、貯蓄を取り崩す生活に
40代主婦キャッシングが100万円、返済を優先すべき?
40代子ども3人、貯金ゼロ。これから教育費を貯めたい
44歳、毎月の返済は27万6000円。ストレスで病気にも

■お金の無料相談、無料診断を受付中です。お気軽にご応募ください。
・お金全般のお悩み相談はこちら→『マネープランクリニック』
・住宅購入や住宅ローンの試算はこちら→『住宅のお金シミュレーション診断』
・教育のお金に関する試算はこちら→『教育のお金シミュレーション診断』
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。