【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理"をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:マッチングアプリのプロフィールに書ける、まともな趣味がありません

お悩み:マッチングアプリのプロフィールに書ける趣味がありません

お悩み:マッチングアプリのプロフィールに書ける趣味がありません

■まゆこさん(33歳・団体職員)のお悩み
会社の後輩にすすめられて、マッチングアプリを始めてみました。思っていた以上に細かくプロフィールを書く必要があり、戸惑っています。
 
とくに困るのが「趣味」や「休日の過ごし方」の欄。本当のことを書くとしたら「ボーイズラブの漫画を読むこと」「下ネタ満載の女子会をすること」「あとはひたすら寝る」になってしまいます。
 
ボーイズラブ漫画好き、睡眠好きくらいは受け入れてくれる人もいるかもしれませんが、めちゃくちゃいいね!とは思われないはず。「下ネタ」はドン引きされるだろうし、仮にそこに食いつかれてもイヤです。
 
婚活でアピールするためだけに、新しい趣味を始めることも考えました。でも、男性に人気の「スポーツ鑑賞」「マラソン」「ボルダリング」「ダーツ」など、どれも興味がありません……。
 
同じようなタイプでマッチングアプリをやっている友人は、とりあえず「カフェ巡り」「映画鑑賞」と、当たり障りのないことを書いているそうです。それだと本来の自分とはちょっと違う気もするのですが、現実的にはそれが正解なのでしょうか。
 

アドバイス1:窓口を広げると「普通の人」しか寄ってこない 

アドバイス1:窓口を広げると「普通の人」しか寄ってこない 

アドバイス1:窓口を広げると「普通の人」しか寄ってこない 

マッチングアプリのプロフィールに関してですが、これは2通りのやり方があります。
 
1つめは、当たり障りないものにして窓口を広げる方法。これはまゆこさんのお友達のように大多数の女性がそうしているようですが、実はデメリットが多いです。
 
まず、窓口を広げた分だけ「誰でもウェルカム」状態になってしまい、人選する手間がかかります。加えて、当たり障りない文章しか書いていないことで、いわゆる「普通の人」しか寄ってこないという傾向があります。
 
ここで言う「普通の人」とは、極限まで言い方を悪くすると「凡人」ということになりまして、おそらくまゆこさんの趣味を理解してくれるような男性ではないのではないでしょうか。
 
2つめのやり方は、こと細かく書いて窓口を狭めること。僕はこちらをおすすめしています。その理由として、細かく書いた分だけ窓口は狭くなるけれど、希望の条件と合致した異性とマッチングしやすいからです。
 

アドバイス2:趣味については嘘はつかずに、言い方を変えてみる

僕の見解としては、「ボーイズラブの漫画を読むこと」はプロフィール欄に書いても問題ないと思いますが、「下ネタ満載の女子会」と「ひたすら寝る」は言い方を変えた方が無難だと感じました。
 
なぜ「ボーイズラブの漫画を読むこと」をなぜ書いてもいいかと申しますと、趣味は付き合って関係が深くなるにつれバレやすいからです。早い段階で言っておき、受け入れてくれる人と受け入れてくれない人の選別をした方がいいでしょう。
 
人の趣味はそれぞれですし、夢中になれるものがない人よりもある人の方が人生は豊かだと僕は思いますが、世の中には人の趣味を馬鹿にしたり否定したりする人種が存在します。
 
こういう人間と交際した場合、自分の一部である趣味を全否定されることは珍しくはなく、相手は主観だけで自信満々に攻撃してくるので厄介です。
 
そうならないためにも、趣味に限らず「引かれそうなことはあえて最初に言っておく」ことが大切。それで受け入れてくれなかったり、引いたりするような相手は最初から選ばないことです。
 
それから、「下ネタ満載の女子会」と「ひたすら寝る」の言い方を変える件について。
 
まずは「下ネタ満載の女子会」という部分については、「下ネタ」というワードを入れることによって「この子は下ネタOK」と勘違いした、体目当ての男性が増えるからなんですよ。この場合、書くなら「秘密の女子会」ぐらいにとどめておいてはいかがでしょうか。
 
次に「ひたすら寝る」という部分についてですが、「普段何もしてない、つまらない女性」というイメージがつきやすいのがマイナスポイント。たとえばですが「私と同じインドアの人だと嬉しいです」というような書き方をしてみると、ライフスタイルが近い男性とマッチングしやすくなります。
 
ちなみに、家デートを好むインドア派と、外でのデートを好むアウトドア派が付き合うと、どちらかが我慢を強いられることになり、これがけっこうキツいと感じる人は多いですよ。
 
そして、男性人気が高いと言われる「スポーツ鑑賞」「マラソン」「ボルダリング」「ダーツ」ですが、人それぞれ趣味趣向は完全に異なります。みんながみんなそういうわけではありませんので、あまり決めつけすぎないようにしたいですね。
 
ただ、興味がまったくないことに興味を持つことはできませんから、無理やり取り組む必要はないでしょう。
 
自分に合いそうな属性の人と出会うためにも、無駄に窓口は広げないこと。書き方にだけ気をつけて、プロフィール欄を充実させてみてください。


■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
Q.好きな人の前でつい「いい子」を演じてしまう自分がイヤです
Q.貯金がないどころか、借金が200万円。隠して婚活すべき?

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。