【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は大島薫さん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、大島薫さんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、大島薫さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「大島薫さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■大島薫さんプロフィール
今回の回答者:大島薫さん

今回の回答者:大島薫さん

ツイッターフォロワー数26万人超を誇るカリスマ「女装男子」

元セクシー女優の男性タレント・作家。見た目は女性、中身は男性。可愛らしいルックスはもちろん、社会通念にとらわれない生き方で注目を集める。とくに恋愛・性に関するツイートは「ためになる」「本質的」だと大人気。『男性ですが「例のニット」を着てみました カリスマ「男の娘」が教える最強の恋愛指南』他著書多数。

twitter:@OshimaKaoru
 

お悩み:彼氏に尽くしすぎて振られる、というパターンが続いています

お悩み:彼氏に尽くしすぎて振られる、というパターンが続いています

お悩み:彼氏に尽くしすぎて振られる、というパターンが続いています

■ななえさん(30歳・医療事務)のお悩み
私はいつも、好きな人に尽くしすぎてしまいます。するとたいてい、相手はだんだん何もしてくれなくなったり、わがままが多くなったりして、最終的には「重い」「飽きた」「つまらない」という理由で振られます。
 
自分でも、尽くしすぎはよくないのかなと思います。ただ、最初は優しいところが好きと言ってくれていたし、彼が喜んでくれると私も嬉しくなるしで、そういう姿勢がクセになっています。
 
今の彼氏も、付き合って半年ですが、だんだん冷たく横柄になってきたのを感じていて不安です。どうしたらよいでしょうか。
 

アドバイス1:尽くしすぎると「お母さん」になってしまう

アドバイス1:尽くしすぎると「お母さん」になってしまう

アドバイス1:尽くしすぎると「お母さん」になってしまう

「好きな人のために何かをしてあげたい、頑張りたい」的な気持ちって、男女関係なく、あるものですよね。
 
「女の子はお姫様扱いされたいもの」なんてよく言うけど、彼氏がなんでもこなせちゃう男だったら、それはそれでつまらないというか。「私、いらなくない?」って、恋愛に参加してない気分になってしまう。
  
こういうことで悩んでる子がいると、いつも聞くんです。「もしかして、長女?」って。小さいころからなんでも率先してやることで、自分のポジションを作ってきたんだろうなと。けっこうそのパターンは多いです。
 
でも、恋愛において、女性が「何かをしてあげる」をやりすぎると、男はどんどんダメな男に育ちやすい。
 
女性にやってもらうことが当たり前になると、男って、その子をお母さんのように思ってしまうんですよね。ただでさえ、理想の女性を聞くと、こんな風に答える人がけっこういるんです。「優しくて、家庭的で、いつも自分を支えてくれる人」。いやそれ、お母さんですよね?
 
かといって、お母さん的な立場の人から「女扱いしてよ」なんて雰囲気を出されても面倒くさい……ってなっちゃう。
 

アドバイス2:やってくれたことに最高のリアクションを!

じゃあ、どうしたらいいのか。むしろ男が「やってくれたこと」に対して、「嬉しい!ありがとう!」って、とにかく抜群のリアクションをとる。ボクが思うに、これ以上に効果的なことってないと思います。
 
これ、小さな子供と一緒なんですよ。「ボタン自分で留められたの、すごいね!」「今日はたくさん勉強を頑張って、えらいね!」ってやつ。そうすると、勝手にどんどん頑張るようになるから。いや、子供と同じってどうなの、とは思うけど。
 
たとえばデート中だったら、彼が荷物を持ってくれたとき、服をかわいいねと言ってくれたとき、おいしいお店に連れて行ってくれたとき。ななえさんのために頑張ってくれたその瞬間に、思いっきり喜んでみてください。
 
きっと彼は承認欲求が満たされまくって、めちゃくちゃ気分がよくなる(笑)。それで、「この子のためにもっと頑張ろう」って思うんじゃないかな。
 
ただ1つ大事なのが、あくまで「やってくれた」ことに対して反応するってこと。「こうしてよ」「やってよ」と求めちゃだめなんです。求めるのではなく、やってくれたことに対してほめて、喜んでみせて、の繰り返しが大切ですね。
 

アドバイス3:好きな人のために「我慢する」ほうが難しい

それでも何かしてあげたくなる、そのくらい大好きなんだって熱く語る人もいますが、実は「好きな人のために、何かを我慢する」ほうが、ずっとずっと難易度は高いので。
 
「してあげる」よりも「してもらったことに反応する」ほうが、彼は満たされる。そう考えるなら、自分の「してあげたい欲」は我慢できるんじゃないかな。彼に対する愛情が深ければ深いほど、なおさら。
 

アドバイス4:「愛は平等じゃない」が大前提

それに、過剰に尽くして、それでうまくいかないことに怒っている場合、その怒りは「自分は愛される価値があるはずだ」って、心の底では自分を過大評価してるのが原因。
 
でも、愛は平等じゃないから。無条件に愛してくれるのは親くらいなもので、恋人は魅力がなければ離れるもの。そこは前提として、ふまえておかないと。
 
少し厳しい話をしてしまいましたが、好きな人に何かしてあげられることがあること自体は、すごく幸せなこと。そこはまず、良かったなって思えたらいいですね。
 
それで明日からは、これまでとはちょっと路線を変えて、「してもらったことに最高のリアクション」、これを意識してみてもらったらいいんじゃないかなって思います。

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.「重い女」じゃだめですか?そもそも重いってなんですか?
Q.「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
Q.好きな人の前でつい「いい子」を演じてしまう自分がイヤです

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。