31歳からの恋愛相談室:今回の回答者はアルテイシアさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、アルテイシアさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、アルテイシアさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「アルテイシアさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■アルテイシアさんプロフィール
31歳からの恋愛相談室・今回の回答者:アルテイシアさん

今回の回答者:アルテイシアさん

自分にぴったりな男性と結ばれるための方法を伝授!大人気恋愛作家・コラムニスト

夫であるオタク格闘家との出会いから結婚までを綴った『59番目のプロポーズ』でデビュー。女性が自分らしく、オリジナルな幸せを追求して生きていくための方法や考え方を発信。『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』『オクテ女子のための恋愛基礎講座』『アルテイシアの夜の女子会』『40歳を過ぎたら生きるのがラクになった』他著作多数。

twitter:@artesia59
 

お悩み:「なんで結婚しないの?」という質問がしんどいです

お悩み:「なんで結婚しないの?」という質問がしんどいです

お悩み:「なんで結婚しないの?」という質問がしんどいです

■まほさん(33歳・人事)のお悩み
30歳を超えてから、いよいよ周りからの独身いじりが増えてきました。特にしんどいのが「なんで結婚しないの?」という質問です。なんで結婚していないかなんて、そんなのこっちが聞きたいです……。
 
もちろん結婚せずに来たのは自分です。でも別に、「絶対に結婚しない!」という、確固たる意志があったわけではありません。ただ「結婚願望はなくはない、でも誰でもいいわけじゃない」という思いがあって、それで「たまたま独身だった」というのがいちばんしっくりきます。
 
とはいえ、元気がないときに例の質問をされると、「もしかしたら、自分に大きな難があるのかも」なんて考えることも。こんなことならいっそ、誰でもいいから結婚したほうが楽なのでは?とも思います(まあ、そのモチベーションは数日と続かないのですが……)。
 
他にも「早く結婚したほうがいいよ」だの「33 歳、今が勝負だよ」だの、周りは好き勝手なことを言います。こういうことを言われたとき、私はなんと言い返したらいいのでしょうか?
 
どうでもいい相手なら何とでも言えますが、相手が親の場合と、取引先の人や上司などの場合、いつも言葉に詰まってしまいます。実際は、適当に笑って濁すことが多く、そんな自分もたまらなく嫌です。
 

アドバイス1:セクハラには「笑顔」は出さない

アドバイス1:セクハラには「笑顔」は出さない

アドバイス1:セクハラには「笑顔」は出さない

これはどう考えても「聞いてくる方」が悪い。超!余計なお世話ですよね。まだこういうこと言う人いるんだ……ってビックリしました。
 
たとえば今の時代って、既婚者に向かって「何で子供作らないの?」とかあまり聞かないですよね。聞くとしても、よっぽどアップデートできていないお爺さんくらい。
 
こういうことって、人それぞれの事情があるから、あまり言うべきではないことっていうのが常識になってきてる。
 
そもそも「何で結婚しないの?」っていう質問は、セクハラですよね。そんな言葉をまともに受け止める必要はないです。まったくない!
 
もしこういう質問をぶつけられたら、心の中で「そういうことを聞くお前が時代遅れだ」って、下に見ましょう。すごく時代遅れだしダサいし、そういうことを注意してくれる友達もいないんだな~と、思いきり哀れんでください。
 
セクハラだからこそ、「笑顔」は出さない方がいいかなと。そういうニブい人って、こっちが笑ってみせると「ノッてきた!」って勘違いして、さらにアドバイスを始めたりするので、そうさせないためにも。
 

アドバイス2:3つの「〇〇返し」で回避せよ!

こういうデリカシーのない発言する人を撃退するのにおすすめなのが、3つのテクニック。
 
1つめが「ビックリ返し」。とにかく、相手の発言にビックリしてみる。「えっ、そういうこと言う人って、まだいるんですね……!」という感じで、相手の発言にドン引きしてください。
 
さすがに取引先の社長とかには言えないだろうけど、そこまでじゃない仕事相手とかだったら、このくらいやってしまってもいいと思う。「いや~、そんなこという人、久々に見ました!」とか「マジですか!」ってくらい、がっつり引いてみせるのがポイント。
 
2つめは「明菜返し」。中森明菜をイメージして、陰のありそうな、伏し目がちな表情を作る。そして「いろいろあって……」「うちは親がちょっと……」とか、聞き取れないくらいの小声で答えるというテクニック(笑)。
 
こうすると、ニブいやつでもさすがに「ちょっとヤバいな」「触れちゃいけない地雷なのかな」って思って、それ以上追及してこなくなります。
 
3つめは「bot返し」。「早く結婚した方がいい」とか「今が勝負」みたいなことを言われたら、ひたすら「へ~〇〇さんはそういう考えなんですね」で返し続ける。
 
例えば「早く結婚した方がいいよ~」→「へ~〇〇さんはそういう考えなんですね」→「だって、~~~だから」→「へ~〇〇さんはそういう考えなんですか」この繰り返しを続ければ、相手もさすがに話を終わらせますから。
 

アドバイス3:「独身自虐」は手放していい

独身女性は「モテない・結婚できない自虐」をする方がよし、みたいな文化がありましたよね。そういうのは自分たちの世代で終わりにしたい。自虐ってもう古いと思いますよ。
 
「独身いじり」なんかする時代遅れなやつには「自虐」や「笑顔」でごまかすんじゃなくて、哀れんで、適当にあしらいましょう。3つの「◯◯返し」、ぜひ使いこなしてください!


■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.気になる彼が突然フェードアウト、気が狂いそうです
Q.「重い女」じゃだめですか?そもそも重いってなんですか?
Q.貯金がないどころか、借金が200万円。隠して婚活すべき?

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。