預貯金口座は、生活に必要不可欠なものです。どうせ作らなければならないのなら、運を呼び込むような通帳を手に入れましょう。
 
通帳を使い分ける

決済口座にはマイナスの氣が宿ると言われています。貯めるための口座と決済するための口座を分けると、プラスの氣を取りこむことができます。

 

総合口座にはマイナスの氣が溢れている?!

銀行で口座を開設したいと伝えると、ほぼ勧められるのが総合口座の開設です。総合口座とは1冊の通帳で、普通預金と定期預金を作ることができるというもの。定期預金を担保にすれば定期預金額の合計額の90%、200万円を限度に貸越できるので大変便利です。

とはいえ、この貸越が問題なのです。

貸越は言い換えれば借入のこと。負債なのです。負債はマイナスの氣を発しますので、お金を貯めたいというプラスの氣を相殺してしまうことを忘れてはなりません。
 

決済口座にはマイナスの氣がたくさん⁈

総合口座はもちろんのこと、普通口座であってもクレジットカードの引き落とし口座にしたり、家賃や公共料金等の引き落としにしている場合も要注意です。

決済口座は、貯まっているお金を支払いに充当するための口座です。とても利便性が高いのですが、口座は常に引き落としを待っている状態。つまり、いつもマイナス、減らすことを意識して入金しているハズです。

決済口座と言うのは、使う人の「お金を貯めたい」という思いに反して、減らすことを意識しながら活用されるものなので、マイナスの氣が多く宿るとも言われています。給与の振込口座と決済口座をセットにしている人が多いかと思いますが、給与等、収入が入る口座と引き落としをする決済口座は、分けて作るのがベストです。
 

賢く通帳を使い分けよう

要はプラスとなる収入の口座と、マイナスの氣が宿る引き落としをする決済口座を分ければOK。とはいえ作成するときには注意が必要です。

そもそも、新入社員の方は入社すると、会社を通して口座を作成する場合があります。このとき、総合口座限定で作るよう指示されることもあります。そのような場合は、貸越をしなければよいので、会社の方針には素直に従って下さい。

収入(入金)口座と決済口座の複数通帳を作成する場合、給与の振込口座と同じ銀行・支店がベスト。その他、給与口座として指定している銀行・支店の近くの他行、コンビニでの引き出しが無料である銀行等がお勧めです。その理由は、決済口座にお金を移しやすいからです。

最も簡単なのは、給与の振込口座に決済機能をセットし、毎月、決まった金額を貯蓄用口座に移すという方法です。

ここまで読んで面倒だなと思ったかもしれませんね。

ほんのひと手間で普段使いの通帳をプラスの氣を持つ通帳にできるのです。プラスの氣は更なるプラスを運んでくれます。お金を貯めるには、余分な手数料は支払わない、マイナスの氣を近づけないことも大切なのです。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。