リスクを考えると資金的に不足では……と考えてしまいます

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、定年後はフルリタイアをして、趣味の車などで人生を楽しみたいという57歳の会社員男性。しかし、資金はそれなりに確保しているものの、一方で不安もよぎり、老後破綻まで考えてしまうとのこと。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)
リタイア

定年後は趣味優先で人生を楽しみたい……資金は十分?


■相談者
ケロさん(仮名)
男性/会社員/57歳
関西/持ち家・一戸建て
 
■家族構成
一人暮らし

■相談内容
60歳で定年を迎えたらフルリタイアをして、趣味を優先した老後が送れるかどうか、アドバイスをお願いします。介護や人生100年など、老後リスクはいろいろ言われています。こういったリスクをどう見込んでおくべきか、どれくらいの金額で生活できるのか、趣味優先というのはありえるのかなど、色々と考えてしまいます。

また、無駄な出費があるならそれも見直したいと思います。現役時代にできなかったことを謳歌し、人生をまっとうしたいというのがフルリタイアの理由です。しかし、リスクを考えると金銭不足に思えてならず、老後の趣味は断念せざるを得ないかも……と思っています。

世間様からすると贅沢な悩みに見えるかもしれませんが、老後破綻しそうであれば、どの趣味を断念すればよいかも知りたいです。現役中の会社勤めや貯金、あるいは節約している目的は「老後のため」と思っています。老後は自由にやりたいことをして人生を閉じることが理想です。

■家計収支データ
相談者「ケロ」さんの家計収支データ

相談者「ケロ」さんの家計収支データ




■家計収支データ補足
(1)ボーナスの使いみち
住宅ローンのボーナス払い分78万円、残りは基本的に全額貯蓄。
 
(2)住宅ローンについて
2019年完済予定。
 
(3)車両費について
普通車1台(スポーツカー)、軽自動車1台を所有。内訳は車検代+任意保険代+ガソリン代+趣味の車いじり代。普通車のほうは古く(約20年落ち)、定年後に買い替えを予定している。単に買うだけじゃなく、自分で車いじりをするのが趣味。予算は1500万円。人生最後に悔いのない車に乗りたい。軽自動車は新車から約2年。こちらは10年後に買い替える予定で、予算は250万円。
 
(4)食費について
基本は全て自炊。昼食は節約のため弁当持参。
 
(5)保険料の内訳
定年(60歳)時に1と4は解約を考えている。ただし、2と3だけでも過剰かという気もしている。6は60歳で払込終了。7~9は一時払いをした保険で、満期まで保有する予定。

[すべて本人が被保険者]
  1. 共済(死亡200万円、入院5000円)=毎月の保険料2000円
  2. がん(死亡300万円、入院3万円)=毎月の保険料3000円
  3. 医療保険(終身保障終身払い、入院1万円、先進医療特約)=毎月の保険料5500円
  4. 終身保険(死亡600万円)=払込み終了
  5. 個人年金保険(60歳から10年確定、年金額80万円)=毎月の保険料1万3000円
  6. 円建て終身保険(死亡800万円)
  7. 米ドル建て養老保険(死亡700万円、満期2027年)
  8. 豪ドル建て養老保険(死亡500万円、満期2027年)
  9. 豪ドル建て養老保険(死亡700万円、満期2032年)


(6)定年と退職金について
60歳定年。65歳まで再雇用可能だが、収入は約1/3くらいになる。退職金は約1800万円。
 
(7)リタイア後の生活について(生活費の追加分)
趣味としては車の他、釣りを予定。予算は月に2万~3万円(船代、エサ代、道具代など)。食事は今と同様に自炊が中心だが、外食も増やす予定。食費の増加分として月2万円程度。住宅はリフォームの必要性も出てくると考え、予算は300万円。また、自宅を遺す必要がないので、リバースモーゲージの利用もあるかもしれない。資産が残った場合は、兄弟に譲渡する予定。
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 60歳からのフルリタイアは資金的に問題なし
アドバイス2 過度の心配はそれがマイナス材料になる
アドバイス3 保険は医療保険1本を残して、あとは前納か解約
 

アドバイス1 60歳からのフルリタイアは資金的に問題なし

老後について色々心配されているようですが、全く問題はありません。定年後はフルリタイアされて、思い描かれている生活を満喫してください。資金的に困ることはまずないでしょう。
 
具体的に試算をしてみます。まずは定年時の資産ですが、年間貯蓄額(一部投資も含む)が毎月19万円にボーナスで102万円ですから計330万円で3年間で990万円に。今年で住宅ローンが完済とのこと。その分を、ケロさんならおそらく貯蓄に回すでしょうから、来年以降は132万円増えて、2年分で264万円。投資商品の評価額が変わらないとすれば、1254万円、金融資産が上積みされます。
 
加えて退職金が1800万円、企業型確定拠出年金は毎月の拠出額が不明ですが、現状ですでに500万円、個人年金保険の受け取り総額が800万円、外貨建て養老保険の満期金が3本で1900万円(便宜上、円の死亡保険金と同額と計算)。一部前倒しでの加算ですが、今ある貯蓄(投資商品)と合算すれば、約1億円を超えます。他に終身保険も2本加入されていますが、少なくともこれが、ケロさんの老後資金となります。
 
一方、今後の大きな支出として確定しているのは、車の購入代金で1750万円、自宅のリフォーム費用が300万円、釣りの道具代に50万円。これを先の老後資金から差し引いて、残りは約8000万円。これで予備費も含めたリタイアの生活費がカバーできれば、心配は要らないということになります。
 
生活費として60歳以降増えると想定しているのが、食費で月2万円増、趣味娯楽費に月3万円増。他が今と変わらないなら、月17万円ほど。65歳までの5年間で1020万円。固定資産税や不定期の支出も加算して実質1100万円としても、65歳の時点でまだ7000万円ほどが手持資金として残っています。
 
公的年金の受給額は不明ですが収入から考えて、その手取額で生活費はほぼカバーできるのではないでしょうか。つまり老後資金には、ほぼ手を付けなくて済むということです。仮に、平均月5万円不足しても年間60万円。100歳の時点で5000万円ほどが残りますから、予備費(一般的に想定される病気や介護リスクの対応)としても十分すぎる額です。60歳からのフルリタイアは資金的に問題は見当たりません。
 

アドバイス2 過度の心配はそれがマイナス材料になる

ご相談文に「世間様からすると贅沢な悩みに見えるかもしれません」とあります。おそらく客観的に見れば、ケロさん自身も大丈夫と感じているのでしょう。

一方で、60歳から公的年金支給となるまでの5年間は無収入で、貯蓄を取り崩しての毎日となります。そういう未経験の生活に不安を覚えることは、ある意味自然なことです。克服すべきは気持ちの部分かもしれません。ともあれ、資金的には大丈夫です。数字上は、今すぐ退職しても問題はありません。
 
もう1つ、大丈夫と言える根拠は、家計管理がしっかりしているからです。現在の支出にはほぼ無駄がありません。節約のためにお弁当を持参するなど、感心するほどです。しかも、投資も上手にリスクを取っています。仮に、老後のマネープランが想定と違っても、十分対応する能力があるはずです。

もし、資金が足りないと思ったら、またアルバイトでもして収入を得ればいいだけのこと。車を手放す、あるいはケロさんが言われるように、リバースモーゲージを利用してもよいでしょう。資金的な裏付けがあるのですから、過度の心配は精神的な負担になるだけ。それがストレスになっては、それこそ「もったいない」話です。
 

アドバイス3 保険は医療保険1本を残して、あとは前納か解約

現在の家計でアドバイスするとすれば、保険でしょうか。5の個人年金保険は、残りの支払い分は前納してもいいのでは。1と4は解約予定とのことですが、2と3も不要でしょう。これだけ現金があるのですから、医療費を保険に頼る必要性は感じません。

保険料も貯蓄に回したほうが合理的です。ただし、保険には安心材料という側面もあります。また、ケロさんにはそれが必要と感じますので、より保障範囲の広い3だけを残して、あとは解約でよいでしょう。
 
ともあれ、これまで頑張ってきたのですから、定年後はぜひ人生を謳歌してください。そして元気に100歳を目標に過ごしてほしいと思います。
 

相談者「ケロ」さんから寄せられた感想

ご検討いただき、ありがとうございます。資金的に問題なさそうとのこと、安心しました。やはり、保険類が多いとのご指摘、私もそう思いますので解約を検討したいと思います。60歳定年まで勤めあげ、老後を自分の時間で過ごしたいと思います。どうもありがとうございました。

教えてくれたのは……
深野 康彦さん
 
深野康彦さん
業界歴26年目のベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。

取材・文/清水京武 





【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。