名古屋で買いたい今ドキのおみやげ新定番はコレだ!

名古屋のお土産 2019年トレンド商品

名古屋で最近はやっているモノは……?


名古屋めしをはじめこの街独自のおいしいものがいっぱいの名古屋。ういろうやきしめんといった定番もいいですが、最新のトレンドを取り入れたおみやげも魅力的な商品も目白押し。今、ウケている、増えている新定番の名古屋みやげを紹介します!
   

トレンド1 :おしゃれなパッケージに注目!

このところ増えているのが、おしゃれなパッケージで人気を急上昇させている名古屋名物。中身のおいしさで名古屋の魅力を味わえるのはもちろん、手元に置いておきたくなるパッケージのおかげで名古屋の想い出が長く心に残ります。

●青柳ういろうの「青柳ういろう ひとくち 濃茶・和三盆」
みやげ

「青柳ういろう ひとくち 濃茶・和三盆」8個入り1296円


名古屋銘菓、ういろう。定番中の定番ですが、高級感あるプレミアムな味わいを楽しめるおみやげ商品がこのひとくち。もっちりした食感から濃茶と和三盆の上品な風味が広がります。原料の「米」を絣柄にデザインし、緑と白の市松模様のように並べた包装もこれまた品があります。

●松永製菓の「生しるこサンド」
みやげ

「生しるこサンド」5個入1080円。写真のつぶあんの他、こしあん、抹茶があり。名古屋駅のエスカ地下街「なごみゃ」などで販売


しるこサンドは昭和41年発売、名古屋・愛知の人なら誰もが口にしたことのあるご当地ソウルスナック。ビスケットにあんこをはさんだ独特のあまじょっぱさが、あんこ好きの名古屋人の心をつかんではなしません。
 
そのアップグレード版が「生しるこサンド」。ビスケット生地がしっとりやわらかで、あんを練り込んだクリームもこれまたしっとり。上品な甘味を楽しめます。2015年に冷蔵商品として発売され、昨年には常温での取り扱いが可能に。販路が広がり、かつお土産としても購入しやすくなりました。従来のしるこサンドを知る人にプレゼントするとより喜ばれることウケあいです。

●名古屋おみやげプロジェクトの「ナゴヤコーヒー」
みやげ

「ナゴヤコーヒー」はブレンドコーヒー・豆菓子各2食分で800円。リブレット名古屋(大名古屋ビルヂング内)、蔦屋書店名古屋みなとアクルス店などで販売


名古屋といえば独自の喫茶店文化が栄える土地柄。お得なモーニングやおつまみといったおまけサービス、いたるところに喫茶店があり老若男女が集う暮らしとの寄り添い方はこの地域ならでは。喫茶店めぐりを目的に名古屋を訪れる人も増えています。
 
そんな“名古屋の喫茶店”を持ち帰ることができるのがこの「ナゴヤコーヒー」。昔ながらの喫茶店をイメージしたパッケージ、名古屋の老舗喫茶で好まれる深煎りでしっかりした味わいのドリップパック、そして小袋入りのピーナッツ&柿の種。ただコーヒーを飲むだけでなく、喫茶店で過ごすまったりした空気感を体感することができるのです。

●大和屋守口漬総本家の「守口漬生ふりかけ」など
みやげ

「守口漬生ふりかけ」540円、「きざみ守口漬」584円、「いろどり」216円~。栄の本店、サカエチカ店、名駅西エスカ店、主要百貨店などで購入できる


守口漬は名古屋ならではの高級漬物。この地域だけでしか収穫されない細長い守口大根のコリコリした食感、みりん粕による芳醇な甘味が魅力です。これを細かく刻んで食べ切りサイズにしたのが「守口漬生ふりかけ」。食べやすい上にチャーハンやパスタ、タルタルソースなど料理の具材としても活用できると、守口漬の可能性をグンとアップさせる画期的な商品として評判を集めています。小分けタイプの商品は他に「きざみ守口漬」、うりの奈良漬けなど種類も豊富な「いろどり」などバリエーションを広げていて、どれもパッケージデザインがおしゃれ。最近注目が高まっている発酵食品でもあり、食に関心の高い人へのおみやげにうってつけです。

 

トレンド2:お菓子の新潮流・コラボ&小倉トースト味に注目!

職場の同僚や親しい友人向けのいわゆる“ばらまき”おみやげとして便利なスナック菓子や個包装の菓子類。リーズナブルな上に小分けで配りやすく、さらに遊び心があって、重宝な上に喜ばれます。ご当地グルメ・名古屋めしが多彩な名古屋では、これらのテイストを取り入れたお菓子がバラエティ豊か。手羽先味のポテトスナックはその代表です。
 
このジャンルの新たなトレンドが「コラボ」、そして「小倉トースト味」。一体どんな味?とドキドキしながら大勢でつまむのも楽しく、旅の思い出話に花が咲く効果もあるのです。


●コラボ系~「おっとっと 矢場とんみそかつ味」「小枝シロノワール味」
みやげ

「おっとっと 矢場とんみそかつ味」648円、「小枝シロノワール味」648円。名古屋駅のキヨスクなどの他、おっとっとは矢場とんの名古屋市内主要店舗でも買える


名古屋めしの人気店と菓子メーカーによるコラボ商品が2018年頃から相次いで登場。話題を集めています。「おっとっと 矢場とんみそかつ味」は同年秋に発売。矢場とん独特の甘辛い味噌ダレの味わいが見事に再現されていて、軽やかな食感と奇跡のマッチングを実現しています。
 
ロングセラーチョコレート菓子の「小枝」は名古屋発祥の喫茶チェーン・コメダ珈琲店の名物スイーツ、シロノワールを再現。さっくり軽い歯ざわりはデニッシュを、ホワイトチョコのまろやかな甘味はトッピングのソフトクリーム+メープル風シロップをほうふつさせます。
 
●小倉トースト味 ~ 「小倉トーストランドグシャ」など
みやげ

小倉トーストランドグシャ 10枚入780円、20枚入1460円など。名古屋駅のキヨスクの他、愛知県内の空港、高速道路SAPAなどで販売


ピリ辛の手羽先味、コクのある味噌味といったかねてから数多い名古屋めしテイストのスナックに対して、新たな勢力となっているのが小倉トースト味です。
 
もともとクッキーなどの洋菓子系このテイストの商品は多く、発売8年目のロングセラー「小倉トーストランドグシャ」はその代表。しかし、昨年あたりからじゃがいも系のスナックなどでも小倉トースト味にチャレンジする商品が増えつつあるのです。あんことバターの甘じょっぱさをどう表現するのか? あれこれと食べ比べしながら、メーカー各社のアイデアや商品開発力に思いをはせると楽しみ方、味わい方が広がります。
みやげ

「名古屋ふらんす小倉トースト味」「じゃがりこ小倉トースト味」「ハッピーターン小倉トースト風味」「カントリーマアム小倉トースト風味」「キットカットあずきサンド味」。名古屋駅のキヨスクなどで購入できる


このようにユニークな名古屋みやげがいっぱい。皆さん、新しくておいしい名古屋みやげをお求めして、名古屋の旅をいっそう充実したものにしてください!

<主な取り扱い店舗>
□キヨスクグランドショップ
Googleマップ
□ギフトキヨスク名古屋
Googleマップ
□エスカ
Googleマップ
□大名古屋ビルヂング
Googleマップ

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。