競合店が多い喫茶店王国ゆえに個性で勝負!

喫茶店王国・名古屋。全国屈指の激戦区だけに、それぞれの店が手を変え品を変えて個性を競い合っています。そんな中でもとびきりオリジナリティが際立つ名(迷?)店をピックアップ。メニュー、パフォーマンス、インテリア、キャラクターなど、面白さの方向性も多彩なオンリーワンの個性派喫茶たち。名古屋に訪れた際に是非お立ち寄りを!
 

5位 モーニング喫茶 リヨン【名古屋駅】

朝から晩まで一日中モーニング(!?)

名古屋の喫茶店の代名詞とも言うべきモーニングサービス。コーヒーを注文するとトーストやゆで玉子が無料でついてくる朝の時間帯限定のお得なサービスです。
喫茶

コーヒー410円と一番人気の小倉あんプレスサンド


ところが、朝だけじゃなく夕方6時の閉店まで1日中このサービスを採り入れている、名付けて『フルタイムモーニング』喫茶店がここ。「夕方までってモーニングじゃないじゃん!」と誰もがツッコミたくなりますが、そもそもは「11時に少しでも遅れたらサービスを受けられないのはお客さんがかわいそう」というマスターの川合和行さんの優しさが発想の原点で、1998年から始まったそうです。
 
喫茶

名古屋駅から地下街で直行できる便のよさも魅力。週末は行列ができる


今や名古屋周辺では、モーニング=おトクなおまけサービスの意味に転化していて、1日中モーニングの店は郊外ではしばしば見かけ、喫茶店以外の分野にも広まっています。名古屋のモーニング革命はここから始まったと言っても過言ではないのです。
喫茶

客席は約40席。旅行者や出張族の利用も多い


選択肢が広いのも魅力。小倉あん、フルーツ、ピーナッツクリーム、ポテトサラダ、野菜サラダの各種プレスサンドか、トースト+玉子+カステラ(午後はカステラ除く)の6種類から選ぶことができます。名古屋駅から近いこともあり、週末は行列ができるほどの人気。早起きの人も、のんびり派の人も、名古屋喫茶のお値打ちさを満喫してください。

<DATA>
■モーニング喫茶 リヨン
住所:名古屋市中村区名駅南1-24-30名古屋三井ビルディング本館別棟地下1階
アクセス:JR、名鉄、近鉄、地下鉄名古屋駅より徒歩3~7分
TEL:052-551-3865
営業時間:8:00~18:00
定休日:無休
ホームページ:なし
地図:Yahoo地図情報

 

4位 喫茶 丘【岡崎市】

中も外もギンギラギンのシュールなアート空間
喫茶

スペイシーな空間に目はチカチカ、頭はくらくら。でもなれると意外と和める


名古屋からちょっと離れた郊外エリアの個性派店もピックアップします。

ここ、『喫茶 丘』は店そのものがまるでインスタレーション(空間芸術)のよう。外観はメニューや扉の縁どりが蛍光色で、灯篭や庭石もある本来の和風庭園調と強烈なミスマッチ。店内は何と壁から天井まですべてギンギラギン! さらにカラフルな幾何学模様が描かれていて、古いテレビ番組の宇宙船のセットのようなレトロフィーチャーな空間になっているのです。
喫茶

創業は昭和45年と半世紀近い歴史のある老舗喫茶。平成20年頃から突如現代アートも真っ青な店舗に劇的変化を遂げた


こんなに派手なのにマスターは非常にシャイで、筆者は何度も足を運んでいるのですが一度も写真を撮らせてもらったことがありません。独創的すぎる装飾も店が古くなって汚れが目立つようになったからそれを隠すため、と拍子抜けするような理由からとか。ちなみに素材はホームセンターで買ってくる断熱シートとアルミ、色紙だそうです。アート志向ゼロなのに、結果としてアートになってしまったというこれぞピュアアート!

メニューもカレー、丼物、定食と郊外の喫茶店らしいラインナップ。まばゆい色彩にくらくらしそうですが、慣れるとごくフツーの喫茶店として意外と和めます。
喫茶

ホットサンドも銀紙で包まれて出てくる

<DATA>
■喫茶 丘
住所:愛知県岡崎市唐沢町1-29
アクセス:名鉄東岡崎駅より徒歩7分
TEL:0564-23-3937
営業時間:7:30~19:30
定休日:日曜
ホームページ:なし
地図:Yahoo地図情報


次はさらに個性的!名古屋の個性派喫茶店3位と2位です!