好きな色と恋愛には関係がある!?

好きな色から、恋愛の傾向を読み解きます

好きな色から、恋愛の傾向を読み解きます

あなたの恋愛はどのように始まり、どれくらい続き、どのように終わりますか?

恋愛は日常を輝かせてくれることもあれば、心に暗い影を落とすこともあります。楽しいこと、嬉しいこと、悲しいこと、苦しいこと……あらゆる感情を経験することによって、あなたの人生はさまざまな彩りで満たされていくでしょう。

今回はあなたの好きな色から、恋愛の傾向を読み解き、あなたの未来を輝かせるヒントをお教えします。以下から、好きな色をクリックしてみましょう!
   

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:赤が好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:赤が好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:赤が好きな人

人間の身体を流れる血液は赤い色をしています。赤が好きな人は身体の感覚にとても素直で、生命力が旺盛なタイプです。

赤が好きな人の恋愛は、ひと目ぼれから始まり、自分から積極的にアプローチしがちです。愛することに熱心なあまり、自分を見失ってしまうような感覚にとらわれることがあるかもしれません。

自分や人に無関心になると、本来備わっているエネルギーが行き場を失い、迷走したり、暴走したりし始めます。そんなときは地に足をつけて、自分の身体が大地とつながっているイメージを思い描きましょう。生気がみなぎり、心が歓びで満たされてくるでしょう。

どんなときでも愛を与える勇気をもつことが、人を惹きつける魅力となります。
 

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:青が好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:青が好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:青が好きな人

空や海の青は、地球上でもっともありふれた色でありながら、手でつかみ取ることはできません。

青が好きな人の恋愛は、本人が予想もしない形で突然に始まることが多いです。恋愛の始まりにお決まりのパターンはなく、何度も恋に落ちるという感覚を味わいます。青が好きな人は冷静沈着なイメージがありますが、恋愛に限っては、計画どおりにいきません。

恋愛においても信頼関係は大切ですが、誠実さがあだとなる場合もあります。恋愛はお互いを知るプロセスそのものですから、未知のものを恐れる気持ちが強すぎると、相手との密接な繋がりを妨げてしまうことがあります。

青が好きな人は、創造性を発揮することで、自己の内側と外側の壁を取り除き、愛することの自由を見いだしていくでしょう。
 

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:黄色が好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:黄色が好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:黄色が好きな人

黄色は光の色、暗がりに差し込む光のように、私たちの心に歓びをもたらす色です。

黄色が好きな人は、知的探究心が強く、恋にありがちな感情的な混乱にとらわれない、聡明さを持ち合わせています。物事を瞬時に理解し、相手と分かち合いながら、相手を思いやる気持ちを深めていきます。より多くの気づきを得ることよって、恋は愛へと昇華していくでしょう。

黄色が好きな人は知的であるが故に、永遠の愛を追い求める傾向があります。自分を厳しく律するあまり、恋に落ちた瞬間の甘美な体験を恐れるようなところがあるかもしれません。

恋は変化に満ちた人生を輝かせます。楽しいと感じること、幸せを感じることを味わい、栄養に変えていくと、いつの日か永遠の愛を手に入れることができるでしょう。
 

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:オレンジ色が好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:オレンジ色が好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:オレンジ色が好きな人

オレンジ色は、情熱的な赤と好奇心旺盛な黄色の性質を合わせ持つ色。

オレンジ色が好きな人は、パワフルなエネルギーに満ちあふれ、人との出会いを通して、自分の中の感覚と深く向き合うようになります。笑いや楽しさは人から与えられるものではなく、自分の内側から沸き起こってくるものだと理解しているので、相手の感情にも共感することができます。

オレンジ色が好きな人は、恋愛において受け身になるのではなく、自ら積極的に関わっていこうとするタイプです。そのため、相手の言動や周囲の状況に過剰に反応してしまい、ショック状態に陥ることがあります。

そんなときは、赤(情熱)と黄色(理性)のバランスを意識してみましょう。持ち前のユーモアで、喜びや幸せを分かち合うことができるでしょう。
 

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:緑が好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:緑が好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:緑が好きな人

緑色は、太陽の光を象徴する黄色と空や海の青が混ざり合った色。知的で創造性に恵まれた人が好む穏やかな色です。

緑色が好きな人は、人の話に耳を傾け、心の声を感じ取ることに長けています。相手を支配するのではなく、恋愛を通してお互いに成長していくような関係を築いていきます。自分に正直ですが、運命に逆らうような生き方は望みません。

緑色が好きな人は、恋愛にそれほど積極的ではない場合、投げやりになってしまうことがあります。相手との関係は変わっていくものですが、変化をうまく受け入れられないことがあるかもしれません。

そんなときは、樹木が大地に根を広げ、すくすくと成長していくイメージを思い描きましょう。自立する力が目覚めると、恋愛から深い歓びを得られるでしょう。
 

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:紫が好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:紫が好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:紫が好きな人

紫色は緑色と同じように、熱くも冷たくもない穏やかな色ですが、虹の中央に位置する緑色は安定をもたらすのに対して、虹の端に現れる紫色は変容をうながします。

紫色が好きな人は、すでにいくつかの恋愛を経験しているのではないでしょうか。過去の恋愛から多くを学び、恋愛はお互いを大きく成長させるきっかけになりうると気づき始めています。

紫色が好きな人は、情熱的な恋愛を経験しますが、自らの恋愛を俯瞰する冷静さも持ち合わせています。しかし、バランスを失うと、恋愛に振り回されがちな傾向も見受けられます。

そんなときこそ、自分を否定するのではなく、あるがままを受け入れましょう。自分を許すことができれば、その体験も自分の成長のために必要だったと気づくはずです。
 

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:白が好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:白が好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:白が好きな人

白は無垢な色ですが、物事をあるがままに映し出す鏡のような色でもあります。

白が好きな人は、真理を探求する哲学者のようなストイックな一面があります。恋愛を通して感じることは、あなた自身が知る必要のあることなのかもしれません。恋愛は自分探しのようなもの。あるがままを受け入れることができれば、あなたの世界は無限に広がっていくでしょう。

白が好きな人は、細かいことを気にしすぎる傾向があります。虹の7色をプリズムに通すと白い光になるように、白は無色でありながらあらゆる色を含んでいます。

白は美しいけれど、無垢なままで終わる恋愛はありません。白が好きな人は、白が内包するあらゆる彩りを目覚めさせる力をもっています。恋愛が映し出す色は、あなたの内側にある色なのです。
 

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:黒が好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:黒が好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:黒が好きな人

闇を象徴する黒は、無であると同時にあらゆる色を吸収する色でもあります。光が生まれる前の状態を示す虚空のような色ですが、すべての色がそこに帰っていく、そのような色なのかもしれません。

黒が好きな人は、究極の愛を求めます。暗がりの中あるものをしっかりと見極め、すべてを受け入れようとする深い愛情と勇気を兼ね備えています。

黒が好きな人は、自分自身の影の部分に気づくと、心配事や深い悲しみにとらわれ身動きできなくなることがあります。究極の愛は簡単に手に入るものではないため、恋愛に対して慎重になりすぎたり、疑い深くなってしまうのかもしれません。自分自身を信頼すれば、猜疑心や不安から自由になれます。愛を実らせるためには、自ら愛を注ぐ必要があるのです。
 

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:ピンクが好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:ピンクが好きな人

好きな色で診断!恋愛の傾向と対策:ピンクが好きな人

ピンクは、情熱的な赤と無垢な白の性質を合わせ持つ色。赤のような激しさや強さはないけれど、華やかさや優しさに満ちた色です。

ピンクが好きな人は、愛されたい、愛される人になりたいという気持ちが強く、自分のフィーリングや直感力を大切にします。恋人との関係も自然体で、愛を与えたり受け取ったりすることがとても得意です。

ピンクが好きな人は、知らず知らずのうちに、誰かと自分を比較してしまうことがあるようです。しかし、誰もがかけがいのないユニークな存在で、愛されること、愛することに優劣をつけるのはナンセンスです。あなた自身がそのことに気づき、ありのままの自分を受け入れるようになると、相手を理解することが容易になり、無条件の愛に恵まれるでしょう。

【ガイドからお知らせ】
ウェブアンケートを活用して、カラーリサーチを実施しています。匿名でご回答いただけますので、ご協力をお願いいたします。アンケートの結果は、今後の記事に反映させていただきます。

2019年春夏トレンドカラー、あなたはどの色がお好き?
ガイドの最新情報は、TwitterFacebookページ公式サイトをご覧ください。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。