ローンを払いながら教育資金や老後資金、準備できるか不安です

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、自宅の買い替えを検討中という、パートで働く49歳の主婦の方。ただし、夫は57歳。これから住宅ローンを組んで家計は大丈夫か、教育資金や老後資金は用意できるか。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)

 
これから住宅ローンを組んでも大丈夫?

これから住宅ローンを組んでも大丈夫?


■相談者
リーさん(仮名)
女性/パート・アルバイト/49歳
東海/持ち家・一戸建て
 
■家族構成
夫(自営業/57歳)、子ども(8歳)
 
■相談内容
夫は個人事業主で平日は単身赴任で毎週末は自宅へ帰って来るという二重生活をしています。
その為、無駄なお金がかかり思ったように貯金が増えないです。今の自宅もかなり老朽化しているので、売って二重生活をしなくてもいい場所へ中古住宅を購入しようか検討中。但し、子どもがまだ小学生で、これから教育費もかかるし、夫も50代後半という点で返済が出来るのかと、夫は国民年金なので老後の蓄えも心配です。夫は何歳になっても健康な間はずっと働きたいと思っています。私も引っ越したとしても、働くつもりです。ちなみに、今後も単身赴任が解消される見込みは少なく、もし、戻ったとしても仕事がないと見込まれます。その事も考えると、まだまだ、教育費や老後の蓄えが必要です。だからこそ、今のうちに、住宅を買い替えるべきかと。
 
■家計収支データ
相談者「リー」さんの家計収支データ

相談者「リー」さんの家計収支データ




■家計収支データ補足
(1)夫の自営業の諸経費について(収入から差し引き済み)
・アパート家賃(取引先と折半) 2万2000円
・ガソリン代  1万円
・高速代          1万5000円
・アパート光熱費  7000円
・小遣い(赴任先食費込み)5万円
 
(2)収支について
データでは月に約12万円が行方不明となっているが、これはとりあえず預金して、ボーナスがない分、クルマの維持費、税金(夫の所得税、住民税、固定資産税)、その他不定期支出をそこから捻出。
 
(3)妻の社会保険について
現在の勤務先で社会保険、厚生年金ともに加入
 
(4)住宅購入について
検討しているのは一戸建ての中古住宅。予算=物件価格1800万円、諸費用200万円。あくまで借入が可能であれば、とのこと。
 
(5)現在の住まいについて
築45年。過去まったくリフォーム歴なし。今後住み続けるならリフォームは必要。見積もりを依頼したら、水回りで300万円ほど。外壁と屋根を加えると1000万円近くになる。かなり老朽化が進行しているので、そこまで手を掛けるのはどうかと、リフォーム業者に言われた。引っ越すなら人に貸すのではなく売却希望。不動産会社に問い合わせたら、購入が前提(下取り)なら、売却額は800万~900万円。単に買い取りだと500万円とのこと。
 
(6)加入保険について
[夫]
・終身保険(終身タイプ、63歳払込終了、死亡保障300万円)=毎月の保険料1万2171円
・医療保険(終身保障終身払い、入院5000円、先進医療特約)=毎月の保険料3888円・60歳以降は保険料半額
・収入保障保険(保険期間70歳、年金月額10万円)=毎月の保険料5740円
[妻]
・低解約型終身保険(終身タイプ、60歳払込終了、死亡保障300万円)=毎月の保険料6798円
・医療保険(終身保障、60歳終身払い、入院5000円)=毎月の保険料3710円
・終身保険(55歳払込終了、死亡保障450万円)=毎月の保険料1万4823円※学資保険代わり
[子ども]
・子ども共済=毎月の保険料1000円
 
(7)教育費について
相談者コメント「中、高ともに全て公立。出来れば大学へ進学させたい。しかし、大学も自宅から通学を希望。現在の住まいより、引っ越す予定地の方が通学圏内に大学も多い為、その事も考えると引っ越す方が将来、教育費が掛からないかとも思いまして。補足しますと、夫も自営とはいえ本人は体力のもつ限り仕事は続けるつもりですが、いつまで現在の金額の収入があるかはわかりません。私も、当然、引っ越せば今の仕事は辞めて新たな仕事を探して働きます」
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 年間で家計を見直し、貯蓄の目標額を決める
アドバイス2 二重生活解消による貯蓄ペースアップが重要
アドバイス3 ご主人には「生涯現役」という意識を
 

アドバイス1 年間で家計を見直し、貯蓄の目標額を決める

まず、貯蓄が増えないということについて、確かにご主人の二重生活の解消はその解決策として有効でしょう。ただ、その前に明確な家計収支を把握してほしいと思います。
 
いただいたデータによりますと、毎月の収支は約21万円の黒字。一方、貯蓄ペースはご主人の小規模企業共済を含めて月9万円ですから、まだ10万円が余ります。ただし、リーさん世帯はボーナス支給がないため、年間での支出をここから捻出することになります。具体的には、クルマの維持費、税金(夫の所得税、住民税、固定資産税)、その他の不定期支出とのこと。問題は、これらを10万円×12カ月=120万円から捻出して、どの程度余る、つまり貯蓄に回るのかということ。
 
あくまで概算ですが、健康保険料から類推して、所得税と住民税で年間25万~30万円でしょうか。さらに固定資産税が10万円前後、クルマの維持費(車検、保険、税金など)は仮に2台保有(ともに普通車)で年間25万~30万円としても、トータルで多くて70万円。したがって、毎月の9万円以外、貯蓄が増えていないなら、残りの50万円超はすべて支出していることになります。旅行費用、交際費、家電などの大きな買い物など、支出先はいろいろ考えられますが、それが使途不明金なら、問題です。家計簿をつけるなどして、明らかにしてください。
 
ともあれ、世帯収入から考えて、月9万円以上の貯蓄は可能だと思います。貯蓄ペースを上げたいなら、まずは貯蓄目標額を設定して、残りでやりくりする家計習慣が必要です。
 

アドバイス2 二重生活解消による貯蓄ペースアップが重要

次に住宅について。実際の見積もりを拝見すると、私も現在のお住まいは手放して、新たに住宅を購入する方が賢明だと思います。
 
検討されている中古の一戸建てですが、諸費用200万円は貯蓄から捻出して、残りは物件価格の1800万円。これは全額借り入れとなります。ただし、購入を前提に、今の住宅を売却すると800万~900万円とのことですが、もし本当にその金額で売却できれば、借り入れは1000万円。実際のローンを15年返済、全期間固定、金利1.5%とすると、毎月の返済額は6万2000円。だが、完済はご主人が72歳のとき。本来なら勧められないプランですが、ご主人が自営業であることや新たな家計負担を考慮して、このあたりが妥当と考えました。
 
ここで大事になってくるのは、住宅購入後、二重生活で発生していた経費がどの程度減って、それが確実に貯蓄に回っているかということ。先に触れた、年間120万円からの貯蓄も含めて、具体的に目標額を決めることです。例えば、家計を見直し、ローンとして増えた分=月6万2000円と同額を新たに貯蓄に回すことができれば、ローンを支払いながら現在の月9万円の貯蓄ペースは保つことができるわけです。
 
では、教育資金はどうでしょうか。貯蓄ペースが今とかわらなければ年間108万円、お子さんが高校卒業となる9年後で972万円。諸経費を支払った残りの貯蓄130万円を加算して約1100万円(小規模企業共済の積立金も含む)が手持ち資金となります。さらに、学資保険代わりに加入されているリーさん名義の終身保険について、9年後の解約返戻金が不明ですが、仮に300万円とすると、計1400万円。大学費用として400万円(私立文系)を捻出しても、1000万円が残る計算になります。ただし、中学、高校で私立に入学した場合や、進学塾などの学校外費用も考慮すると、さらに教育費がかかる可能性があることは、頭に入れておいてください。
 

アドバイス3 ご主人には「生涯現役」という意識を

ここまでの試算には大前提があります。それはご夫婦とも、継続的に働き、かつ一定の収入を維持すること。住宅ローンを考えれば、ご主人には「生涯現役」という意識が必要です。65歳以降は公的年金が支給されますが、ご主人が国民年金であることでも、それは言えることです。そのためにも、家計管理と同様に家族の健康管理もしっかり行ってください。
 
最後に保険について。住宅購入後、手持ち資金がグッと少なくなること。さらには、教育資金が今後どれだけ必要か、まだ不確定な部分があること。そういったことに備えるには、やはりキャッシュを増やすことが重要なのです。

その意味で、固定支出となる保険料コストはできるだけ抑えたい。現状では、ご主人加入の終身保険とリーさん加入の低解約型終身保険は払済保険でいいと思います。もちろん、浮いた保険料は貯蓄にまわしましょう。
 

相談者「リー」さんから寄せられた感想

この度は家計診断をしていただきありがとうございました。アドバイスを拝見し、再度、家計の収支をきちんと夫婦で見直そうと思いました。そして、家族が楽しく暮らせるよう健康第一で生涯現役を目指し頑張ってみます。本当に今回、アドバイスをいただきました事、誠にありがとうございました。


教えてくれたのは……
深野 康彦さん
 
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など


取材・文/清水京武


【関連記事をチェック】
56歳貯金400万円。学費で貯蓄が600万円減り、老後が不安
53歳貯金5300万。職場復帰が困難だがリタイアできる?
52歳貯金350万。収入28万の内8万円を夫が使ってしまう
50歳月収16万円、月1万の貯金。妻は体が弱く働けない
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。