繰上返済はどのタイミングですべきでしょうか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、もっと貯蓄ペースが上がっていいと考える37歳の会社員女性。貯められない理由や、住宅ローンの繰上返済について悩んでいるとのこと。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)
 
貯金できないが、繰上返済もしたい

繰上返済もしたい




■相談者
みやまさん(仮名)
女性/公務員/37歳
九州/持ち家・一戸建て
 
■家族構成
夫(会社員/38歳)、子ども2人(13歳・10歳)
 
■相談内容
ボーナス時にしか貯金が出来ていない。税金や車検の支払いもボーナス内で支払うため、100万円/年しか貯められません。また、今年で住宅ローンが10年固定最後の年で、変動に切り替わる予定(住宅ローンは1万円ほど下がります)。貯金を繰り上げ返済に充てようか、それとも残すべきか迷っています。
 
■家計収支データ
相談者「みやま」さんの家計収支データ

相談者「みやま」さんの家計収支データ



 
■家計収支データ補足
(1)月間収支について
月4万円ほど行方がわからない資金について「月々のお互いの飲み会代金、ゴルフ代だったり、そういった交際費で消えてるかと思われます。付き合いが少ない月は2万円程度貯蓄に回す時もあり。しかし、毎月決まった額ではないので、ほぼ使途不明金のようになってしまっています」とのこと。
 
(2)ボーナスの使い途について
貯蓄100万円、固定資産税10万円、クルマの維持費(2台分の保険、税金、車検など)20万円、レジャー・旅行費20万円、家族の小遣い10万円、家電など大きな買い物10万円
 
(3)住宅ローンについて
・ローン開始年 2008年
・購入物件  新築一戸建て
・借入額 4100万円
・返済年数(借入期間)35年
・金利 1.85%
・ローンの種類  10年固定
・・・・・
10年固定後は変動0.85%に切り替え予定。その時点で残高は3150万円。
 
(4)加入保険について
・夫/生命保険(アカウント型、終身タイプ、定期特約で死亡保障2000万円、医療特約入院5000円付き)=毎月の保険料9969円
・妻/生命保険(団体扱い、70歳払込満了、48歳更新、終身、主契約で死亡保障30万円、定期特約で死亡2020万円、入院1万円、がん一時金150万円)=毎月の保険料1万2162円
・妻/公務員共済(入院5000円、死亡保障500万円)=毎月の保険料1900円
・夫婦/医療共済(入院5000円)=毎月の保険料2000円×2名分
・・・・・
(保険料は叔母が負担)
・上の子ども/学資保険(18歳満期、各種祝い金が計72万円、満期金40万円)=毎月の保険料6302円
 
(5)夫婦の勤務について
妻は定年60歳、再雇用あり。退職金は2000万円台前半。夫は定年なし(家族経営のような小規模の企業)。退職金は200万~300万円。
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 無駄さえ削れば年間200万円の貯蓄は十分可能
アドバイス2 繰上返済は貯蓄ペースができてから
アドバイス3 保険を見直すことで固定支出を下げる
 

アドバイス1 無駄さえ削れば年間200万円の貯蓄は十分可能

まずは家計から見ていきます。

一般には、年間150万円超の貯蓄ペースでも優秀だと言えるでしょう。しかし、みやまさんご本人が感じられているように、もっと貯蓄できると私も思います。その気になれば、年間200万円も無理なくできるのではないでしょうか。
 
家計を見直す方法はいたって簡単です。まず、毎月の収支を見ると、毎月4万5000円貯蓄をしていますが、それでも4万円の行方がわかりません。それについては「冠婚葬祭費か交際費、あるいは使途不明金」とのことですが、そのうち使途不明金を確実になくして、同時に食費、雑費等から月2万円節約できれば、すぐに貯蓄を月4万円ほど上積みできます。結果、それで年間200万円の貯蓄が達成されます。
 
貯蓄法としては、月8万5000円を先に引いてしまい、残りでやりくりする先取り貯蓄がおススメです。

しかも預けたら引き出しにくいものが、より効果的。例えば、iDeCo (個人型の確定拠出年金)ならば、実際の引き出しは60歳以降。したがって、確実に老後資金が作れます。また、その掛金は全額所得控除の対象となりますから、確実に節税につながります。iDeCoの口座開設や維持のコストが年間数千円程度発生しますが、上限の2万3000円(企業年金などが勤務先にない会社員の場合)を積み立てれば、所得税と住民税、合わせて年間に4万円ほど還付されます。また、みやまさんは公務員なので上限は月1万2000円。ご夫婦ともやられてもいいでしょう。
 
世帯収入が高い分、それなりに家計には余裕があります。それだけに今以上に貯蓄するモチベーションは高くないかもしれません。みやまさんの「もっと貯蓄できるはず」という思いが大事になってきます。

とは言え、何でもかんでも節約となれば、ストレスがたまり、気持ちが空回りする恐れも。エステもやめてしまえば月2万円がすぐに節約できますが、みやまさんにとって必要なものであれば削るべきではないと考えます。まずは普段の生活の無駄(あえて支出する必要がないもの)をみつけ、それをなくしていきましょう。
 

アドバイス2 繰上返済は貯蓄ペースができてから

住宅ローンについては、変動金利になることもあり、繰上返済は積極的にはしたいところ。ただし、完済がご主人63歳のとき。定年を3年超えますが、まだ焦って行うほどの長さではありません。まずは先の貯蓄ペースをしっかり維持していくことが重要ですから、できれば3年くらい続けることができてから、そこで繰上返済をしても決して遅くはありません。
 
年間200万円貯められるとして3年で600万円。それを全額繰上返済に充てれば、返済期間は5年1カ月短縮でき、支払い利息は約108万円軽減されます。半分の300万円でも、2年7カ月短縮され、支払利息の軽減額は約58万円。十分効果は得られます。また、手数料がかからないようであれば、何回かに分けて実施してもいいでしょう。
 

アドバイス3 保険を見直すことで固定支出を下げる

教育資金はお子さん2人で1000万円くらいは別途用意したいところ。学資保険で112万円準備できますから、残りは貯蓄で備えることになります。

その貯蓄ですが、年間200万円のペースならご主人定年までの22年間で4400万円。今ある貯蓄と合わせて、5100万円ほど。教育資金の不足分=900万円は十分余裕をもって用意できますし、さらに住宅ローンの繰上返済に600万円を使っても、まだご主人60歳の時点で3600万円が残る計算になります。
 
これに退職金を加算すれば老後資金になりますが、その金額は6000万円近く。途中、クルマの買い替えや住宅の修繕等のまとまった支出は予想されますが、それを考慮しても、老後で資金的におおきく困ることは考えにくいと言えます。
 
最後に保険について。気になるのが、ご主人加入のアカウント型の終身保険。いろいろと特約が付いているため、保険料がかなり割高となっています。死亡保障は1000万円で十分。新たに掛け捨ての定期保険で確保すれば、保険期間10年で保険料は1500円ほど。これに入院5000円の医療保険(終身保障・終身払い)を加えても、保険料は合計で3500円前後でしょう。

また、みやまさんの団体保険も同様に割高に思えます。こちらは、勤務先で加入している共済を2口に増やせばいいのでは。夫婦とも今加入の保険の払済保険にして、示したような見直しを実施すれば、それだけで固定支出の保険料が月に1万6000円程度下がります。

また、どうしても医療保障とは別にがんの保障も必要と考えれば、別途とがん保険に入っても構いません。あるいは医療保険は入らず、がん保険だけにするのもある意味、備えとしては合理的でしょう。医療保険などは短期より長期に備えるものですから、検討してみてください。
 

相談者「みやま」さんから寄せられた感想

アドバイス頂いて、やはりまだまだ貯められる余地はあるのだなと再確認出来ました。年間200万円貯金はなかなか難しいかと思いますが、相談したお陰で、削れる部分が明確になりました。
iDeCoや、保険の固定費の減額などやれる事は行いたいと思います。ありがとうございました。


教えてくれたのは……
深野 康彦さん
 
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など


取材・文/清水京武

【関連記事をチェック!】
夫婦ともアラフォー、貯金190万。教育資金や老後資金が不安
46歳会社員。住宅ローンを一気に完済したら貯金が250万円に減少
41歳貯金500万。家計簿をつけず教育費の準備が心配に
35歳貯金500万。夫がうつ病を患い、出費が続き不安に
36歳貯金450万。将来が不安で家族旅行を楽しめません
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。