撮影にハマったきっかけは「写真で横浜の魅力を伝えたい」

 
愛機の超軽量ミラーレス一眼、パナソニック「LUMIX(ルミックス) GM5」とライカレンズ(12-60mm)。後ろの写真は、写真教室で撮影した初めての「作品」(2018年11月26日撮影)

愛機の超軽量ミラーレス一眼、パナソニック「LUMIX(ルミックス) GM5」とライカレンズ(12-60mm)。後ろの写真は、写真教室で撮影した初めての「作品」(2018年11月26日撮影)


私が撮影にハマったきっかけは、横浜の魅力を美しい写真で伝えたいと思ったこと。横浜を拠点に活動されているフォトグラファー・鈴木知子先生の写真教室に参加したことで、カメラの基本的な操作を初めて学ぶとともに、風景を切り取る楽しさ&難しさを教わりました。
 
GM5購入後、初めての夜景撮影は、横浜の定番夜景スポット「みなとみらい」でした!(2016年4月5日撮影)

GM5購入後、初めての夜景撮影は横浜の定番夜景スポット「みなとみらい」でした!(2016年4月5日撮影)


私がカメラに求めることは、とにかく「軽量」であること。

2001年の横浜ガイド就任以来、ソニーやキヤノンなど、いくつかのコンパクトデジカメを使ってきたのですが、イルミネーションの撮影でピントが合いにくく、2016年3月に現在愛用しているパナソニック「LUMIX(ルミックス) GM5」を購入。その前に使っていたコンパクトデジカメとほぼ重さが同じ(レンズ含め約300g)なのに、センサーサイズがより大きい(=画像を処理する能力が高い)というのが決め手になりました。
 
軽量・コンパクトながらファインダー付き。また、暗い場所を撮影する際にストロボを装着できるホットシューもついており、「軽量」を求める私にピッタリのカメラとの出会いとなりました。
 

写真の腕を上げたいなら「ライカレンズ」がおすすめ

 
おいしいものも、よりおいしく見えるように撮影したいと、鍛錬の日々は続く! MARINE & WALK YOKOHAMA「パイホリック」にて(2018年11月11日撮影)

おいしいものも、よりおいしく見えるように撮影したいと鍛錬の日々。MARINE & WALK YOKOHAMA「パイホリック」にて(2018年11月11日撮影)


しかし、酷使し過ぎたせいか、1年後にキットレンズが故障。メーカー保証も切れ、修理するには同等の新しいレンズが買える金額がかかるとの見積もりが……。さんざん悩んで、LEICA(ライカ)レンズ「LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm」を購入しました。
 
LEICAは、創業100年を超えるドイツの光学機器メーカーで、カメラやレンズはたいへん高価ながら、その描写力に魅了される愛用者が多いブランド。パナソニックからは、そのライカの厳しい光学基準をクリアした高性能・高品質レンズが販売されています。
 
私にとっては高価(当時9万2000円)で、重さも約320gということで悩みに悩んだのですが、カメラ本体を替えてもレンズは長く使えるかなと思い、購入。

新しいレンズを装着しての初めての取材だったみなとみらいでのイベント「ピカチュウ大量発生チュウ!」では、ピカチュウの毛並みの描写力(笑)に感激しました。またカメラ本体も替えたかと思うほどオートフォーカスの性能が向上し、ますます撮影が楽しくなりました

 

苦手だった人物撮影に自信が持てるように

横浜ロイヤルパークホテルのスカイラウンジ「シリウス」の取材時、メキシコから来日された総料理長を撮影した画像が好評で、人物撮影に自信が持てるように(2017年9月1日撮影)

横浜ロイヤルパークホテルのスカイラウンジ「シリウス」の取材時、メキシコから来日された総料理長を撮影した画像が好評で、人物撮影に自信が持てるように(2017年9月1日撮影)


そのうち取材先から「広報用に画像を使わせてください」「SNSに画像を掲載させてください」と、続けて画像使用の依頼が届きました。特に人物写真のを依頼があったとき時は、人物撮影を苦手としていたのでとてもうれしかったです。
 
さすが、ライカ銘を冠したレンズ。写真が上手くなった気にさせてくれます! 写真の腕を上げたいなら、ワンランク上のレンズに替えてみることをおすすめします。
横浜では11月に入ると各所でイルミネーションが点灯。どこを撮っても絵になりますよ! 元町ショッピングストリートの様子(2018年11月4日撮影)

横浜では11月に入ると各所でイルミネーションが点灯。どこを撮っても絵になる! 元町ショッピングストリートの様子(2018年11月4日撮影)


そろそろカメラ本体も買い換えたいのですが、愛機のルミックス「GM」シリーズは残念ながら廃盤に。同じルミックスで超軽量の「GF90W/GF10W」が最有力候補なのですが、残念ながらファインダー、ホットシューが付いておらず。ファインダー、ホットシュー付きの「GX7MK2」が第二候補なのですが、こちらは本体がやや重くなってしまいます(約380g)。どちらにするか、悩む日々は続きます。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。