パリの乾燥に対抗!とっておきのケアグッズ

ニュクス、リップ、バーム、リップバーム、乾燥、唇、潤い、はちみつ、柑橘、カバー、保湿力、フランス、土産、レーブドミエル

ニュクスのリップバームで、潤いのある唇に

寒くなり、空気が乾燥し始めると、自分やわが子の唇の乾燥が気になりませんか?

日本よりもずっと乾燥するパリに住む我が家では、さらに綿密な乾燥対策が必要です。

特に子供が風邪っぽくなってきたら要注意!
鼻詰まりになると口呼吸をするので唇が乾燥し、一日になんども唇をなめて、その結果必要な水分まで蒸発してしまう……という悪循環に。ひどくなるとひび割れたり腫れたり、といったことにもなりがちです。

そんなときにぜひオススメしたいのがこちら。
パリ生まれのリップバーム、 ニュクス(NUXE) の「レーブドミエル」(フランス語で「はちみつの夢」の意)です。
 

家族全員・用途いろいろ!魔法のようなリップバーム

指先にとって唇に塗るタイプなので、濃厚でべたつくイメージがありますが、実際に塗ってみるとなめらかでノビが良いのに驚きます。少量でも良くなじみ、はちみつと柑橘系の程よい香りが心地良く、柔らかく包み込まれている感じは、まさに「はちみつの夢」。
 
我が家は、もうどのくらい使っているのかわかりませんが、恐らく20年以上になるでしょう。夜寝る前に唇に塗っておくとあら不思議……、翌朝には潤いを取り戻しています。子供も唇のほか、手指のかさつきや膝の乾燥対策に、家族みんなで使っています。
 
口紅やリップグロスの下地にも使えますし、保湿力に優れているため、そう何度も塗る必要もないので、ある意味コスパが高いといえるでしょう。
リップ、バーム、リップバーム、ニュクス、レーブドミエル、乾燥、潤い、唇、はちみつ、柑橘、フランス、土産、カバー、保湿力

お子さんの指に注意!タップリ山盛りに指に取ると、数回で終わってしまいます

 

ちょっと浮気もしてみたけれど…

長年の間には、別のリップクリームを使ってみた時期もあります。

というのも、このバーム、フタはプラスチックですが本体はガラスなので、少々重いのです。「落としたら割れるのでは」という心配もあって、持ち運びにはあまり向いていない印象です。

そんなわけで、持ち運びに便利なスティックタイプのリップクリームをいくつか試してみたのですが……。日本よりもずっと空気が乾燥するフランスでは、このリップバームの効力に勝るものはありません。やはり、中身で勝負ですね。

日本で購入するには少々高いという方は、ぜひフランス土産にいかがですか?
自腹でもお土産におねだりするにも、コンパクトでお手頃です。


■DATA
ニュクス レーブドミエル リップバーム
2700円(公式オンラインショップ)
フランスでは12€前後(=1€130円換算で約1560円)
 
容量: 15g 
香味:はちみつ、柑橘類
   

関連記事はこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。