Gmailのアカウントを削除したい!

メールだけではなく、Google ドキュメントやGoogle カレンダーにも紐づいているGmailアカウントは削除をするのに結構手間がかかります。この記事ではGmailアカウントの削除方法を簡単に解説! 解除に関する注意点もまとめました。
 

Gmailのアカウントを削除する方法

1. 必要なデータをダウンロードして残しておく
まずは下記URLより[自分のデータをダウンロード] ページにアクセスしてください。
https://takeout.google.com/settings/takeout

ダウンロードしたいGoogle サービスを選択します。
 
Gmail アカウント 削除

データを保存したいサービス(今回は「Gmail」)の項目をチェックし、「次へ」をクリック

Gmail アカウント 削除

準備中の画面。ダウンロード前にファイル形式を選択できる

アーカイブが選択された形式で完了。ダウンロードすると端末にデータを保存することができます。

2.Gmailのアカウントを削除する
次に、下記URLより [Google サービスの削除] ページに移動します。
https://myaccount.google.com/deleteservices
Gmail アカウント 削除

右のゴミ箱マークが削除のアイコン

[Gmail] の横にあるゴミ箱(削除)アイコンをクリック。このGoogleアカウントで Google Play、Google ドキュメント、Google カレンダーといった他の Google サービスを引き続き使用するには、ログインに使用するアドレスが必要になります。
Gmail アカウント 削除

「@yahoo.co.lp」など一部使えないアドレスもある

Gmail 以外のアドレスを指定する必要があります。指定された新しいメールアドレスに確認メールが送信され、確認メールに記載されているリンクをクリックして新しいアドレスの確認が完了するとアカウントからGmailが削除されます。

削除の手順が完了すると、通常であれば2営業日以内にメールボックスが閉鎖されます。受信トレイを含む全てのメールボックスが削除され、メールアドレスが無効になります。
 

同じアカウント名は二度と使用できない

アカウントを削除するときに注意したいのは、再登録したときのアカウント名。一度登録したアカウント名(ユーザー名)は削除した後でも、同じ名前で登録することはできません。
 

Googleアカウント自体が削除されるわけではない

また、Gmailのアカウントを削除してもGoogleアカウント自体が削除されるわけではないのでご注意を。アクティビティやGoogle Playで購入したコンテンツは引き続き利用することができます。
 

一定の期間以内であれば、削除したGmailアカウントを復旧できる

一度削除したGmailアカウントは一定の期間以内であれば、復旧させることができます(期間は公開されていません)。復旧を試すには下記URLよりGoogle アカウント復旧ページにアクセスし、手順に沿ってアカウント復元をしてください。
https://accounts.google.com/signin/recovery

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。