Gmailの連絡先がわかればチャットができる

スマホやPCでのチャットやグループ間でのやりとりというと「LINE」「Skype」が有名です。
しかし、いざこのサービスを利用しようとすると、相手がそのサービスを使っていることが大事になり、相手のIDをあらためて教えてもらう必要がでてきたり、専用のソフトをインストールする必要があります。

Googleサービスのいいところは、すでに教えてもらっているGmailの連絡先を使って、Webブラウザがあるだけでどの環境でも同じようなことができる。なので、わざわざ会員登録やアカウントを取得したり、専用のソフトをインストールしなくてもチャットできてしまいます。

このGoogleのチャットサービスの名前は、以前は、「Googleトーク」と呼ばれていましたが、今では「ハングアウト」と呼ばれています

※チャットとは、リアルタイムにインターネットを経由して「文字で情報のやりとりをしたり」、「パソコンに接続したWebカメラやスマホのカメラを通してビデオ会議をしたり」することです。


「ハングアウト」が他のチャットサービスと違うところ

この「ハングアウト」は、前出のサービスと違って後発ですので、以下の特徴があります。
  • Googleアカウントさえあれば、無料で最大10人までのビデオ通話ができる
  • 一緒にYouTube動画を見られる
  • 画面共有やGoogleドライブ(クラウドハードディスク)を使ってコラボレーションができる
  • ビデオ通話の様子をYouTubeサービスと連携してライブ配信できる


ハングアウトのはじめ方

はじめ方として、「自分から招待する」か、「他の人から招待される」かの2通りあります。

自分から招待して、チャットをはじめるには、以下のようにします。

gmail連絡先から

gmail連絡先から

1.Gmailの画面の連絡先一覧からチャットしたい相手の名前にマウスをおくと、画面がポップアップされるので、アイコンマークを押します


 
それぞれのマークは、
  • ビデオカメラマーク:ビデオチャット(会議)を開始するボタン
  • 吹き出しマーク:文字(テキスト)チャットを開始するボタン
  • メールマーク:メール編集画面を開くボタン
を表しています。

※ビデオカメラマークは、PCにWebカメラが接続されていないと表示されません。

チャットマーク

チャットマーク

2.アイコンマークを押すと、相手を招待している状態になります。

     
    ビデオチャット招待

    ビデオチャット招待

  • ビデオカメラマークを選択すると、ビデオチャット用の画面が起動し、相手を招待する準備に入ります。
  • 吹き出しマークの場合は、文字チャット専用の画面が起動し、テキストを入力して、メッセージを相手に送れるようになります。

※いずれの場合も、名前の横のマークの色が緑色でないと、すぐに招待に応じられる状態ではないことを表しています。

チャット許可

チャット許可

3.相手が招待に応じると、チャットが開始されます。

 
ディスクトップ画面

ディスクトップ画面

4.終了したい場合は、電話マークを押すと、終了となります。