バリ島のローカルコーヒー

コピバリundefinedバリ島undefinedコーヒーundefinedバリundefinedおすすめ

市場やスーパー、ワルンなど、どこでも売られており、日常生活に欠かせないコピは250グラムで約100円ととても安い

バリ島のローカルの人々もよくコーヒーを飲みます。コーヒーではなく短く「コピ」と呼ばれていて、作り方や飲み方は、ドリップ式コーヒーの淹れ方とはやや異なります。バリ島の人々は朝食がわりにコピとジャジャンと呼ばれる伝統的な生菓子を食べることがよくあります。コピ(コーヒー)を飲まないと一日が始まらないのは世界各国共通の習慣でしょうか?

さて、このコピですがかなり細かい粉末になっており、コーヒーの粉をフィルターは使わずにガラスのコップにスプーン一杯、そしてかなり多めの砂糖を一緒に入れます。人によっては陶器のコーヒーカップを使う人もいますが、中身が見えるからなのか、厚めのガラスコップでコピを作る人が多いように見受けられます。

沸騰したお湯を入れ、よくかき混ぜます。そしてコピの粉がコップの底に完全に沈んでから飲むのがバリ島流です。こちらの人は猫舌なのか、とても熱いものを食べたり飲んだりしないのですが、粉が沈む頃合いがちょうど良い温度のようです。バリ島のリピーターの方や、ローカルのワルン(食堂)で飲むコピが懐かしい人は土産話と共にコピを購入して日本でも試して見てはいかがでしょうか?

バリ島のコーヒー豆事情

バリ島では高地のキンタマーニ高原周囲にコーヒー農園があり、コーヒー豆の栽培を行なっています。コーヒー豆の品種はアラビカとロブスタがほとんどで、割合としては病気や害虫に強く、成長が早いロブスタ種の方が多いそうです。アラビカ種は高地での栽培が必要で育成も難しいそうですが、香りに優れ、上品な酸味、高品質なレギュラーコーヒーとして人気があります。

世界一高価なコーヒー!お土産に人気のルアックコーヒー

ルアック

消化されずに出て来たコーヒー豆は、丁寧に洗われて乾燥され、熱処理をされる

バリ島で人気のコーヒーとしてあげられるのがルアック(ジャコウネコ)コーヒーです。世界一高級なコーヒー豆として知られていますが、その理由は独特な精製方法にあります。ルアックは東南アジアに生息する野生の猫ですが、コーヒーの木から良く成熟した美味しい実だけを食べます。そして食べたコーヒー豆はお腹の中で果実の部分は消化され、残った豆だけ体外に排出されます。豆は体内で自然発酵し、酵素の働きにより上品で独特な香りに仕上がるのだそうです。ルアックコーヒーは糞として未消化で出てきた豆から作られたコーヒーというわけです。

お土産に人気の商品となったルアックコーヒー、本物と言われるルアックコーヒーは野生のルアックの足跡を追って、森から糞を採取するので、手間もかかり生産量も少ないので、とても貴重です。現在は生産数を増やすために檻の中で飼育し、人間が選んだ豆を食べさせて量産、あるいは他のコーヒー豆を混ぜて量を増やしたりするため、いわゆる本物とは言い難い商品もたくさん出回っています。本物を証明する書類や表示もないので、旅行者は価格で判断をするのがせいぜいでしょうか。コーヒー通の人に言わせると、飲めば明らかに香りが異なるそうですが、売られているパッケージを見た限りではわからないですね。

スーパーマーケットのコーヒーの価格

バリundefinedコーヒーundefinedおすすめundefined蝶のマーク

お馴染みの蝶のマークのプロダクツはどのスーパーでも見つかる

スーパーマーケットで売られている商品は品質があまり良くないとされていますが、気軽なバラマキ用のお土産としてはスーパーマーケットで購入するのが便利ですよね。お土産にもおすすめなクプクプ(蝶)のマークのスタンダートなコーヒーは100グラムで約250円前後と手頃な値段です。

スーパーで売られているルアックコーヒーはメーカーによって価格はばらつきがあり、安いものは100グラムで約600円から、高いものは100グラムで約4000円までありました。やはりパッケージを見ただけでは、中身の味や品質はわからないですね。

コーヒー農園を見学!無料の試飲も

コーヒー農園

テガララン地域にある試飲ができ、商品の販売も行っているコーヒー農園を見学した。観光途中に立ち寄ることができるエリアに数件ある

バリ島にはコーヒーの試飲ができて、製造過程を見学できる観光客対応の施設が整った農園がたくさんあります。施設を訪れると、必ずコーヒーについてレクチャーしてくれる案内人がつきます。
バリundefinedコーヒーundefined農園

コーヒー豆を炭火で焙煎している様子を見学、昔ながらの手法を学ぶことができる

コーヒー豆の木を見たり、収穫した豆の違い、伝統的な焙煎の方法を実際に見たり、コーヒー好きでなくとも楽しみながらコーヒーについて知ることができます。
試飲undefinedコーヒー

気に入ったコーヒーはお土産として購入も可能。200グラム入りで日本円約900円前後からあり、お土産として人気だ

コーヒーができる工程を見た後は、風光明媚なテラスで無料でコーヒー試飲ができます。ジンヤー、ジンセン、シナモンなどいろいろな味をブレンドしたコーヒーを楽しむことができて、気に入ったコーヒーは併設されているコーヒーショップで購入することができます。

コーヒーを飲むだけでなく、最近は施設内に空中ブランコなどのアクティビティーを備えている農園も増えています。SNSへの写真投稿がバリ島でも盛んですので、写真映えする変わった形の東屋など、景色を生かした設備があることもサービスとして重要なようです。

<DATA>
■Alas Harum
住所:Jl.Raya Tegallalang,Ubud Gianyar Bali
TEL:085-792-466-220
営業時間:9:00~17:00
定休日:ニュピ

バリ島で有名なクプクプ(蝶)のマークのコーヒー工場を訪ねました

工房

デンパサールのガジャマダ通りのビネカジャヤコーヒーショップや、サヌールのバイパス沿いにあるコピバリハウスを経営、工場はバイパスからデンパサールのセセタン通りに向かう途中にある

バリ島のコーヒー事情をもう少し詳しく知りたいと思い、1935年に創業の蝶のマークのコーヒー、「バタフライ・グローブ」としてブランドが確立された、バリ島最大手のコーヒーメーカーの工場に見学に行きました。ニュピ(3月ごろにある、バリの元旦)を除く毎日朝9時から夕方5時まで旅行者も見学ができます。
コーヒー工房

高い天井の工場内に大きな機材が設置され、あたりは香ばしいコーヒーの香りで満たされている

こちらの工房で販売しているコーヒー豆は全て高級種のアラビカ豆なんだそう。同じクオリティーの商品は他には免税店にしか置かれていないそうです。工場では人の手によるコーヒー豆の選り分け、焙煎、粉砕、パッケージをするところまで見ることができます。

品質管理に力を入れ、ドイツからロースト機械を購入するなど、製造過程も世界の衛生基準に従っているということで、老舗ならではのこだわり 、クオリティーコントロールは信用できるものでした。見学に訪れたのは、午前10時頃でしたが、ちょうどロースト機械、粉砕の機械が稼働の真っ最中でコーヒーの香りが強く立ち上っていました。
ルアックコーヒー

ルアックコーヒーは100グラムで150ドルとかなり高価、スタッフの説明によると飼われているルアックではなく野生のルアックから採集したものだそう

最後に案内された部屋では、この工場だけで販売している商品の試飲もさせてもらえました。気になるルアックコーヒーは一番小さなパッケージ(12グラムで20ドル)を購入すればその場でコーヒーを淹れてくれるそうです。現場のスタッフにも「本物」について質問をしてみましたが、実際に製造している現場を見ないと、採集方法はどうしているのか、混ぜ物なのか、どれくらいの純度なのかはわからないとのこと。一つ言えるのは、スーパーマーケットで売られている安いルアックコーヒーはおそらく本物ではないでしょう、ということでした。

<DATA>
■Butterfly Globe Brand
住所:Jl.Pulau Moyo No.05,Denpasar Bali
TEL:0361-720589
営業時間:9:00~17:00
定休日:ニュピ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。