日焼け止め、正しく使えている? 塗っているつもりは卒業!

日焼け止めを塗っていたのに日焼けした……なんてことのないようにしましょう

日焼け止めを塗っていたのに日焼けした……なんてことのないようにしましょう

これから季節、気になるのが紫外線。紫外線はシミだけでなく、しわやたるみの原因にもなるので、しっかりと防ぎたいですね。
だけど、日焼け止めを塗ったつもりなのに日焼けした……なんて経験はありませんか? 実は、日焼け止めの使い方や選び方を間違えている可能性も。
日焼け止めに関する基礎知識を身につけて、紫外線から透明美肌を守り抜きましょう!

SPFとPAって何?

商品に記載されているSPFとPAをチェックしよう!

商品に記載されているSPFとPAをチェックしよう!


日焼け止めに表示されているSPFとPA。これは紫外線を防止する効果を表しています。

肌に影響を与える紫外線は、
・肌の奥の真皮まで到達するUV-A(紫外線A波)
・肌の表面にダメージを与えるUV-B(紫外線B波)
の2種類があります。

UV-Aは皮膚の奥まで、UV-Bは皮膚表面にダメージを与えます!

UV-Aは皮膚の奥まで、UV-Bは皮膚表面にダメージを与えます!



UV-Aはシミだけではなく、しわやたるみの原因になります。
一方、UV-Bはシミやヒリヒリと赤くなるような日焼け(サンバーン)の原因となります。

SPFは、UV-Bの防止効果を表すもので1~50までの数値で表され、数値が大きくなるほど防止効果は高まります。SPF50以上の効果があったとしても「SPF50+」と一律に表示されることになっています(日本国内において)。
一方、PAは、UV-Aの防止効果を表すもので、「+」の数で表されます。これも+の数が多くなるほど効果が高いという意味で、現在はPA++++が最もUV-A防止効果の高いものとなっています。
つまり、最も日焼け止め効果の高い表示は「SPF50+/PA++++」です。
 

日焼け止めの使い方

日焼け止めを塗っていたのに焼けてしまった!という人には大きく3つの原因があります。

1.塗る量が少ない
SPFやPAは決められた量で測定されています。その量はパッケージに記載されている量です。一般の人の日焼け止め使用量を調査したところ、は規定量の半分程度しか塗っていないというデータもあります。塗布量が少ないと、日焼け止め防止効果もダウン。決められた量をしっかりと塗ることが大切です。たくさん塗るとヌルヌルとしてしまう、という方は少量ずつに分けて2度塗り、3度塗りをするとよいでしょう。


2.知らない間にとれてしまっている
日焼け止めが落ちてしまう原因は水や汗、皮脂だけではないのです。ぞつは、日常の些細な仕草、例えば髪をかき上げたり、汗を拭いたり、こんな小さな摩擦でも落ちてしまいます。だから、「汗をかいていないから塗り直さなくてもいい!」という過信は禁物。2~3時間おきに塗り直すことが重要です。なかなか塗り直しができない……という方は、摩擦に強いタイプの日焼け止めも発売されているので、そういった商品を選びましょう。


3.塗り忘れがある
塗ったつもりが、実は忘れてしまう部分。顔まわりだと「耳の裏」「あごの裏」「うなじ」。
塗り忘れがちな部分をチェック!

塗り忘れがちな部分をチェック!


また、体では手の甲、足の甲(特につまさき)が塗り忘れポイント。これらの塗り忘れポイントを特に意識して塗ることでうっかり日焼けを防ぐことができます。


シーン別:おすすめ日焼け止め

日焼け止めは生活シーンによって使い分けることが重要。紫外線を恐れるあまり、日常にハードな日焼け止めをつけ続けることは、肌への負担となったり、きちんと落とすことができなかったりと逆効果のことも。シーンにあったものを適切に選んで、効率よく&肌にも優しく紫外線を防ぎましょう。

・通勤や朝の家事(洗濯物を干したり、ごみを出したり)など
ビオレ UV マイルドケアミルク SPF30

ビオレ UV マイルドケアミルク SPF30



SPF20~30、PA+~++くらいを目安に選ぶとよいでしょう。日焼け止めのタイプとしては、心地よく、負担感のないジェルタイプがおすすめです。スキンケア感覚で塗布でき、塗った後のべたつきがないのもデイリー使用におすすめです。ただ、持続効果は低いので、ランチタイムの外出や、夕方の外出(帰宅)時には再度塗り直すことが重要!


・海や山などのレジャーシーン
アリィー エクストラUV パーフェクト

アリィー エクストラUV パーフェクト


SPF40~50+、PA+++~++++くらいのものを選びましょう。振って使う乳液タイプのものは、肌への密着性や皮膜形成効果が高く、効果の持続が期待できるのでおすすめです。レジャーシーンは汗や水の影響はもちろん、タオルで汗を拭いたり衣服を脱ぎ着したりと、摩擦によって日焼け止めがとれてしまうことが多いシーン。ウォータープルーフ(耐水性)効果が高く、摩擦にも強いタイプを選びましょう。


・マラソンやゴルフなどのスポーツシーン

スポーツビュティ UVウェア(スーパーハード)N

スポーツビュティ UVウェア(スーパーハード)N


SPF40~50+、PA+++~++++くらいのものを選びましょう。スポーツシーンでは汗や皮脂はもちろん、激しい動きで日焼け止めがヨレてしまうことがあります。身体の激しい動きにもフィットしてヨレにくい「耐動性」に優れたものを選ぶとより安心です。


スプレータイプの日焼け止めはどう使うのが正解?

コーセーコスメポート サンカット 日焼け止め透明スプレー

コーセーコスメポート サンカット 日焼け止め透明スプレー



今、人気のスプレータイプ。高SPFのものも多く発売されていますが、スプレーで噴射される日焼け止めの量は少なく、表示された防止効果を得るためには、かなりの量をかけないといけません。実際、スプレータイプの日焼け止めを塗ったのに、日焼けしてしまった!という方もいるのでは?
じゃあ、スプレータイプってあまり意味がない?と思いがちですが、そんなことはありません!スプレーならではのおすすめの使い方を紹介します。

・髪と頭皮の日焼け止め
実は髪も頭皮も日焼けします。髪が傷む原因となるのはもちろん、頭皮の日焼けは白髪の増加につながるという研究結果も。美しい髪を守るためにも髪と頭皮の日焼け止めは必須。そんなときに便利なのがスプレータイプ。お出かけ前にさっと一振りしておけば安心ですね。

・塗り直し用として
日焼け止めを塗り直すことが大切と分かっていても、時間と手間がかかってしまって、ついついさぼっちゃう…という方にはぜひスプレータイプでの塗り直しをおすすめします。スプレーを逆さにしても使えるものは、背中の塗り直しも一人で簡単にできるので特にいいですね。


日焼け止めと一言でいってもいろんな種類がありますよね。正しく選んで正しく使えば、「日焼け止めを塗っていたのに焼けちゃった!」なんてこともなく、紫外線から肌を守ることができます。これからのシーズン、新たに日焼け止めを購入される方も多いと思いますが、この選び方を参考にしてみてください!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。