西オーストラリア州=WA :州都/パース

インド洋に面し、大陸の約3分の1を占める西オーストラリア州。州都パースを中心に、温帯性気候の過ごしやすい南西部に人口が集中しています。

世界遺産エリアのシャークベイ辺りは亜熱帯、それ以北は熱帯性、さらに最北部は熱帯性雨林気候に属し、夏場は雨季となりますのでサイクロンもやってきます。そして、内陸部は乾燥した砂漠に覆われています。

そんな様々な気候が創り上げた雄大な自然が手付かずのまま広がり、未開の地が最も多い州でもあります。

ですから、日本では一般的にパース中心の観光となっていますが、他に素晴らしい自然が広がる国立公園や呆然としてしまうほど美しいビーチ等、まだまだ知られざる名所がいっぱい!

主な見どころは沿岸部にありますが、北へ行くほど人口も減り、町も少なくなりますので、旅行計画は用意周到に。また、内陸部は人口希薄地帯のアウトバックですので一般の人が旅するのは困難です。

<主な観光地>
シャークベイ、モンキーマイア(世界遺産)/パース/ピナクルズ/マーガレットリバー(ワイン産地)/ブルーム/パヌルル国立公園(世界遺産)

日本からはパースへの直行便がでています。それ以外では、国内主要都市、もしくはアジアの都市などで乗り継ぐことも可能。

パースからは、ピナクルズや世界遺産シャークベイ&モンキーマイアへの日帰りツアーが催行されています。その他のエリアへのツアーは、ほとんどありませんのでレンタカーを利用するのがおすすめ。

北部を旅するなら、主要都市から国内線で「月への階段」が有名なブルームへ。また、世界遺産パヌルル国立公園(バングルバングル)へは、ブルームやダーウィンからローカル線でカナナラへ飛び、そこからツアーに参加するのがポピュラーです。

旅行のベストシーズンは、パースを中心とした南部ならほぼ1年中OK!また春は、州内の北から南へと順次、ワイルド・フラワーが一面に咲く美しい光景を見ることができます。北部は、夏場は雨季ですので避けたほうが無難です。

南オーストラリア州=SA :州都/アデレード

温暖な気候の沿岸部と乾燥した砂漠の内陸部から成り立つ南オーストラリア州。沿岸部は温帯に属しますが、少々乾燥気味の地中海に似た気候を生かしたワインやオリーブ作りが盛んで、世界で認められる高品質のものを多く産出しています。また、マグロやロブスター漁をはじめとする漁業も盛んなど、意外やグルメな州でもあるのです!

南の沿岸部を除き、ほとんどが砂漠。内陸部には、世界有数のオパール産出地クーバーピディがあり、夏場の暑さをしのぐために家々が地下に作られ、さながら地底都市のような不思議な町となっています。

その他にも、世界一まっすぐな道と線路で知られるナラボー平原など、アウトバックならではのワイルドな風景が広がっています。

<主な観光地>
カンガルー島/ナラコート乳類化石地域(世界遺産)/バロッサバレー、マクラーレンベール(ワイン産地)/アデレード

日本からは主要都市からアデレードへ。野生動物の楽園カンガルー島へは、アデレードからツアーが催行されています。その他のエリアへのツアーは少ないので、レンタカー利用が便利。

旅行のベストシーズンは、秋~春がおすすめ。夏場の砂漠エリアは灼熱地獄、アデレードを中心とした南部でも内陸からの熱風で高温になることがあります。