データベース関連の便利なフリーソフト Vol.02

大きなログを閲覧するのに最適なテキストビュワー

データベースシステムが出力するログ、例えばOracleが出力するアラート「alert_orcl.log」など は通常の運用でも300万行を越える大きなログが出力される場合があります。
このような大きなログを閲覧しようとする際にテキストエディタなどで開こうとすると、 先頭の一部しか開けなかったり、フリーズして固まったりしてしまうことがありますが、(*注)
今回紹介するような編集機能をもたず、閲覧に特化した「テキストビュワー」と呼ばれる アプリケーションを使用すると高速に閲覧できて便利です。

*注 --- 搭載メモリが少ないPCの場合に限らず、メモリを1ギガ以上搭載したPCの場合でもログが大きすぎる 場合におこる現象です。

テキストエディタで大きなログファイルを開こうとした場合に出力されるダイアログ。
画面例はWZ EDITORで、Oracleが出力した300万行を超えるアラートログ「alert_orcl.log」を開こうとした場合。


■巨大テキストファイルビューワ&プログラムログ表示サーバ「moa」
moaのインストール先のフォルダ


(画像をクリックすると拡大表示できます)
画面例はmoaでOracleが出力した300万行を超えるアラートログ「alert_orcl.log」を開いて最終行までスクロールした場合。

moa は数十万、数百万行の巨大なテキストファイルを見るためのプログラムであり、 ジャンプ、正規表現検索、コピー等、ビューワとしてひととおりの機能を備えています。
moaはこちらからダウンロードできます。


■5000万行まで表示可能な高速テキストビュワー「uwView」
uwViewのインストール先のフォルダ


(画像をクリックすると拡大表示できます)
画面例はuwViewでOracleが出力した300万行を超えるアラートログ「alert_orcl.log」を開いて最終行までスクロールした場合。

uwViewは最大5000万行まで実用的に表示できます。
uwViewはこちらからダウンロードできます。
データベース関連の便利なフリーソフト記事一覧




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。